リスティング広告の運用方法は社内?自動ツール?外部発注どれがいい?
こんな悩みありませんか?

「リスティング広告を始めたいがどのような運用方法があるの?」
「リスティング広告を効果的に運用するコツは何?」
「リスティング広告の外注って怪しい業者多くない?」

このように悩んでいませんか?

実はリスティング広告にはさまざまな運用方法があり、自社に合った方法を使いながらうまくPDCAサイクルを回し試行錯誤すれば高い費用対効果が期待できます!

広告代理店支援のプロフェッショナル「デジマチェーン」が、リスティング広告の3つの運用方法を比較解説します。

この記事を読んでリスティング広告をうまく運用することができれば、自社製品・サービスの売上アップにつながる効果的な広告が配信できますよ!

リスティング広告の運用方法の始め方・予算の立て方・効果分析方法のすべてを説明している以下の記事もご覧ください。

【リスティング広告】運用初心者がメリット・デメリット・費用仕組み・予算設定まで分かる基本重要解説

Web広告やSEO、SNSをやっても集客ができない方へ

なぜ、あなたはWeb広告やSEO、SNS運用をしても集客ができないのか?と、疑問に思われたこともあるでしょう。

Web集客ができない理由は、単純にあなたの会社にあったWeb集客方法を見つけることができていないからです。

あなたの会社にあったWeb集客方法を見つけない限り、ずっと失敗をしつづけます。

    そんな方のために、当社ではあなたにあったWeb集客方法を見つけるワークショップを開催しています。

    経営者のための失敗しないWeb集客術の詳細はこちらをクリック

    1.リスティング広告の3つの運用方法

    リスティング広告の運用方法について以下の3種類を紹介します。

    1. 自社内で広告運用する
    2. 広告運用自動化ツールを利用する
    3. 外部の業者に運用委託する

    順番に説明します。

    自社内で広告運用する

    リスティング広告を自社で運用し始めるにあたっては特別な設備や資格は必要なく、費用を支払いさえすれば簡単に運用を始められるのがメリットです。

    実際に専門家に依頼することなく自社内で運用を行っている企業はたくさんあります。

    自社で運用すれば、当然のことながら外注先に運用費用を支払う必要がなく、外部の業者とのやり取りも発生しないためスムーズな意思疎通が可能です。

    ただし、リスティング広告は配信すれば終わりではありません。

    配信状況を見て良い結果が出ていれば配信を増やしたり、逆に悪い結果が出ていれば配信を減らすなどといった調整作業を行うことが重要です。

    そのため、自社で運用する場合には社内に運用のための人員や作業工数を確保しておかなければなりません

    自社で運用することで、外注経費が必要なく純粋な広告費だけで済み、自社で担うことでスピーディーに広告運用が行えるのは魅力です。

    社内でリスティング広告運用を始める手順はこちらの記事で説明しています。

    【リスティング広告】運用初心者がメリット・デメリット・費用仕組み・予算設定まで分かる基本重要解説

    広告運用自動化ツールを利用する

    リスティング広告の代表格であるGoogle広告やYahoo!広告には、広告を自動で最適化するツールが存在します。

    例えば、Google広告には以下の目標を達成するための自動入札機能があります。

    1. サイトへの訪問を増やす
    2. 可視性を高める
    3. 目標コンバージョン単価でコンバージョンを増やす
    4. 各コンバージョンの価値が異なる場合に目標広告費用対効果を達成する
    5. 予算全体を使おうとしながらコンバージョンを増やす
    6. 予算全体を使おうとしながらコンバージョン値を大きくする

    それ以外にも、市販の広告最適化ツールも多く扱われています。

    これらの自動化ツールを利用すれば、ある程度自動的に運用をまわすことがメリットです。

    ただし、デメリットとして、自動ツールに丸投げしているだけでは良い結果を出すことは難しいでしょう。

    自動化ツールである程度運用の負担を軽減しつつも定期的に人の目でも確認し、必要な手立てを施す必要はあります。

    外部の業者に運用委託する

    リスティング広告の運用方法の3つ目は、外部委託する方法です。

    外部委託の最大のメリットは専門業者を頼ることにより、スキルや経験・ノウハウを活用できることでしょう。

    自社と同業種のリスティング広告を扱った経験のある広告代理店は特におすすめです。

    なぜなら、競合他社の製品やサービスで有効だったキーワードや手法をアドバイスしてくれる可能性があるからです。

    ただし、外部委託するデメリットは当然のことながら委託費用が発生したり、業者とやり取りする手間やタイムロスが発生することは覚悟しておかなくてはなりません。

    外部委託すれば専門家のスキルや経験・ノウハウを活用できるため、リスティング広告に初めて取り組む企業や結果を重視したい企業にはおすすめです。

    国内のリスティング広告運用代行のおすすめ会社リストはこちらの記事で説明しています。

    リスティング広告運用会社をエリア・特徴別に100社徹底解説!ハズレ業者を見極める方法はまず比較

    Web広告やSEO、SNSをやっても集客ができない方へ

    なぜ、あなたはWeb広告やSEO、SNS運用をしても集客ができないのか?と、疑問に思われたこともあるでしょう。

    Web集客ができない理由は、単純にあなたの会社にあったWeb集客方法を見つけることができていないからです。

    あなたの会社にあったWeb集客方法を見つけない限り、ずっと失敗をしつづけます。

      そんな方のために、当社ではあなたにあったWeb集客方法を見つけるワークショップを開催しています。

      経営者のための失敗しないWeb集客術の詳細はこちらをクリック

      まとめ

      リスティング広告にはさまざまな運用方法があるため、自社に合った方法を使いながらうまくPDCAサイクルを回し試行錯誤することで高い費用対効果が期待できます。

      ぜひこの記事を読んでリスティング広告をうまく運用することにより、自社製品・サービスの売上アップにつなげてください!

      リスティング広告の運用方法の始め方・予算の立て方・効果分析方法のすべてを説明している以下の記事もご覧ください。

      【リスティング広告】運用初心者がメリット・デメリット・費用仕組み・予算設定まで分かる基本重要解説

      Web広告やSEO、SNSをやっても集客ができない方へ

      なぜ、あなたはWeb広告やSEO、SNS運用をしても集客ができないのか?と、疑問に思われたこともあるでしょう。

      Web集客ができない理由は、単純にあなたの会社にあったWeb集客方法を見つけることができていないからです。

      あなたの会社にあったWeb集客方法を見つけない限り、ずっと失敗をしつづけます。

        そんな方のために、当社ではあなたにあったWeb集客方法を見つけるワークショップを開催しています。

        経営者のための失敗しないWeb集客術の詳細はこちらをクリック