これを見ればリスティング広告が分かる!基本知識と5つのメリット

「インターネット広告に取り組みたいが、リスティング広告とはどんなもの?」
「リスティング広告を利用するとどのようなメリット・デメリットがあるの?」

このように悩んでいませんか?

実はリスティング広告は関心の高いユーザーへ集中的にアプローチできるため、うまく活用できれば少しの投資で高い効果が期待できる広告手段です!

今回は、リスティング広告の概要を紹介することに加えてメリット・デメリット、料金体系、運用方法についても解説します。

この記事を読んでリスティング広告の基本知識を身に付け活用することができれば、自社製品・サービスの売上アップが期待できますよ!

1.リスティング広告とは

リスティング広告とは、検索連動型広告とも呼ばれ、ユーザーが検索エンジンで検索したキーワードに関連した広告を検索結果画面に表示する広告手法です。

上の画像は「財務会計システム」というキーワードでgoogle検索した際の検索結果画面で、赤枠で囲った部分がリスティング広告です。

このように、リスティング広告は通常のオーガニック検索結果(自然検索結果)の上部もしくは下部に表示され、必ず広告であることが明記されます。

リスティング広告は、主にGoogle広告Yahoo!広告などの広告サービスが利用され、広告主はこれらのサービスに料金を支払うことで広告を掲載することが可能です。

いずれのサービスもGoogle・Yahoo!それぞれの検索結果画面に広告が表示されるだけではなく、Google広告はGoogleマップやGoogleショッピングなどの検索ネットワークにも、Yahoo!広告はAmeba・bing・so-netなどの提携パートナーサイトにも広告が表示されます。

このように、リスティング広告はあらかじめ設定されたキーワードがユーザーに検索された際に検索結果画面に広告を表示させる手法で、Google広告やYahoo!広告などのサービスが代表的です。

(1)SEO対策との違い

リスティング広告とSEO対策は、いずれも検索結果画面の上位に自社サイトを表示させることでユーザーの目に止まりやすくすることを目的とした手法ですが、即効性や費用に大きく違いがあります。

SEOはserch engine optimizationの略で、検索エンジン最適化の意味です。

SEO対策を施すことで検索エンジンからの評価を上げ、自然に検索結果画面の上位に表示されることを目指します。

Googleの場合、表示順位は200以上のアルゴリズムに則って決められており、アルゴリズム自体も定期的に見直しがされています。

このため、SEO対策を実施するにはノウハウが必要であり、SEO対策自体に費用はかかりませんが、企業によっては外部の専門業者の支援を仰ぐ場合もあります。

また、SEO対策を実施してもすぐに結果が伴うわけではなく、検索エンジンの評価が高まり実際に検索順位が上昇するまでには数か月の期間を要するのが一般的であり、時間をかけて試行錯誤を繰り返しながら根気強く順位上昇を目指すことが必要です。

その一方で、SEO対策は広告ではないため、ユーザーからの抵抗感がなくクリック率が高いという特徴もあります。

これらの特徴を踏まえ、リスティング広告とSEO対策の違いは以下の通りです。

リスティング広告SEO対策
時間即効性がある対策しても結果が反映されるのには時間がかかる
ノウハウ不要(より広告効果を高めるための工夫は必要)必要
費用クリックされる度に料金が発生無料(外部への委託費用などを除く)
クリック率低い高い

このように、リスティング広告はSEO対策と同じ効果を目的とした手法ですが、即効性があり専門的なノウハウが必要とされない点がメリットです。

2.リスティング広告の5つのメリット

次に、リスティング広告のメリットを以下の5つの観点から説明します。

  1. 関心の高いターゲット層に対して配信できる
  2. スピーディーに効果を出せる
  3. 低予算から始められる
  4. 準備物が少ない
  5. 結果をリアルタイムに確認して停止や修正ができる

順番に説明します。

メリット1.関心の高いターゲット層に対して配信できる

リスティング広告のメリットの1つ目として、関心の高いターゲット層に対して配信できる点が挙げられます。

リスティング広告は、検索エンジンに入力されたキーワードに応じた広告を表示させることが可能です。

ユーザーが検索する行為に至るということは、キーワードに対して興味・関心が高く、ひいては自社の製品・サービスへも興味・関心がある可能性が高くなります。

興味・関心の高いユーザーに対して広告を配信できれば、当然のことながらCV(成約率)も高まるため、高い費用対効果が期待できます。

このように、リスティング広告は関心の高いユーザー層に対して広告を配信できる点がメリットです。

メリット2.スピーディーに効果を出せる

リスティング広告のメリットの2つ目として、スピーディーに効果を出せる点が挙げられます。

リスティング広告は、入札で他社を上回る順位を獲得できればすぐにでも広告を表示することが可能です。

上述の通り、SEO対策は効果が現れるまでに時間がかかりますが、リスティング広告は即効性が期待できます。

そのため、SEO対策に力を入れていく企業でも、効果が現れるまでの期間をリスティング広告で強化するという手もあります。

このように、リスティング広告は費用を支払いさえすればスピーディーに効果を出せる点がメリットです。

メリット3.低予算から始められる

リスティング広告のメリットの3つ目として、低予算から始められる点が挙げられます。

リスティング広告の相場は月20~50万円程度であるケースが多く、業界や商材によっては月10万円程度で始めることも可能です。

マス広告や一部のインターネット広告では月100万円以上かかるものもあるのに対し、リスティング広告は気軽に始めやすい価格帯と言えるでしょう。

また、リスティング広告はクリック課金制であり、広告をクリックされてはじめて費用が発生します。

広告が表示されただけでは費用が発生しないため、費用対効果が測定しやすい点もメリットです。

このように、リスティング広告は低予算から始めることのできる取り組み易さが魅力です。

メリット4.準備物が少ない

リスティング広告のメリットの4つ目として、準備物が少なくて済む点が挙げられます。

リスティング広告は、パソコンやインターネット環境があれば、アカウントを準備して広告文を作成するだけですぐに始めることができます。

インターネット広告の中には以下のような準備物が必要で手間や費用がかかるものも多いです。

  • Webサイトの制作
  • コンテンツの充実

このように、リスティング広告であれば準備物が少なく、メリット2で述べたスピーディーに効果を出せる点とあわせて、思い立ったらすぐに取り組み早期に結果を出すことができます。

メリット5.結果をリアルタイムに確認して停止や修正ができる

リスティング広告のメリットの4つ目として、結果をリアルタイムに確認して停止や修正ができる点が挙げられます。

リスティング広告の配信状況はパソコン上でリアルタイムに確認することが可能です。

確認できる項目は、以下の例のように多岐に渡ります。

  • 予算の投入状況
  • キーワードごとのクリック回数
  • インプレッション数
  • コンバージョン達成率

これらの項目を確認し、思ったような結果が出ない場合には停止や修正をしたり、予想以上に良い結果が出ている場合には追加で広告を出すこともできます。

SEO対策では、リスティング広告ほど細かい分析や調整を行うことはできません。

このように、リスティング広告はリアルタイムに配信状況を確認して都度調整ができるという点がメリットです。

3.リスティング広告の3つのデメリット

リスティング広告のデメリットとしては以下の3点が挙げられます。

  1. 潜在層へのアプローチには向かない
  2. 広告であることが明示されてしまう
  3. 運用の手間がかかる

順番に説明します。

デメリット1.潜在層へのアプローチには向かない

リスティング広告のデメリットの1つ目として、潜在層へのアプローチには向かないことが挙げられます。

メリットの1つ目で関心の高い層に対して配信できることを述べましたが、逆を言えばキーワードを検索しないユーザーには広告は一切配信されません。

そのため、まだ商品のことを認知していない層へもターゲットを広げたいというような場合にはリスティング広告は不向きということになります。

潜在層へアプローチして広い認知につなげたいという場合には、ディスプレイ広告と呼ばれるWebサイト内のバナー広告などが有効です。

このように、リスティング広告は、顕在層の囲い込みには有効である反面、潜在層へのアプローチには向きません。

デメリット2.広告であることが明示されてしまう

リスティング広告のデメリットの2つ目として、広告であることが明示されてしまう点が挙げられます。

リスティング広告は、SEO対策による上位表示とは違って必ず広告であることが明示される仕組みです。

上記の画像では、青枠で囲ったところが広告と明示されている箇所です。

ユーザーの中には広告であることに抵抗感を感じ、あえてリスティング広告の一覧を避けて自然検索の検索結果のみから読みたい記事を探す人も多くいます。

その結果、リスティング広告よりSEO対策の方がクリック率が上がるというのは上述の通りです。

このように、リスティング広告のデメリットとして、広告であることが明示されてしまうためSEO対策に比べてクリック率が下がることを覚悟しておかなくてはいけません。

デメリット3.運用の手間がかかる

リスティング広告のデメリットの3つ目として、運用の手間がかかる点が挙げられます。

リスティング広告はクリック課金方式でありクリックされるごとに費用がかかるため、短い期間に予想以上に広告がクリックされると想定していた予算を超えてしまう点がリスクです。

また、クリック率は高くてもコンバージョンまで行きつかない場合には、ダラダラ広告配信を続けても費用ばかりがかかってしまいます。

このようなケースに対応するためには、配信を始めた後は運用状況を定期的にチェックし、必要な対策を講じることが必要です。

このように、リスティング広告はSEO対策に比べて手軽に始めることができますが、配信を開始した後には運用作業が発生することを覚悟しておく必要があります。

4.リスティング広告の料金設定

リスティング広告の料金は、入札方式で決められます。

あらかじめ決められた最低入札価格を上回る金額で入札しなくてはなりません。

最低入札価格は検索数の多いキーワードであれば高額になる傾向にあり、キーワードや入札者の数などによっても変動します。

実際の広告掲載順位を決めるのは、この入札価格に品質スコア(良い広告であるかの指標)を掛けた数値です。

リスティング広告の中でも上位に表示されればされるほどユーザーの目に止まりやすいため、一番良い数値の広告から順番に上位表示されることになります。

このように、リスティング広告の料金は入札方式で決定され、入札価格と品質スコアを掛けた数値で検索順位が決定します。

リスティング広告にかかる費用についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてください。

リスティング広告の費用は?4つの基本情報と費用を抑える5つの方法

2020.02.24

5.リスティング広告の運用

リスティング広告には、以下の3つの運用方法があります。

方式概要費用手間
自社運用外部の力を借りず自社内で運用を行う。意思決定がスピーディーに行える。不要一番手間がかかる
自動化ツールの利用広告会社の提供するツールや市販のツールを利用する。作業を効率化することはできるが、定期的なチェックは必要。ツールによっては必要多少の効率化が図れる
外部委託運用代行業者に依頼する。委託費用や業者とのやり取りが発生するが、専門業者の経験やスキルが期待できる。必要手間を大きく軽減できる

それぞれの特徴を踏まえ、自社に適した運用方法を選びましょう。

リスティング広告の運用についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

リスティング広告の効果を高める!3つの運用方法と出稿後の2ステップ

2020.02.24

まとめ

この記事では、リスティング広告の概要やメリット・デメリット、料金体系、運用方法について紹介しました。

リスティング広告は関心の高いユーザー層へ集中的にアプローチすることができるため、うまく活用できれば少額でも高い費用対効果が望めます。

ぜひこの記事を読んでリスティング広告の基本知識を身に付け活用し、自社製品・サービスの売上アップにつなげてください!

コロナ不況対策に「成果報酬型広告」を始めませんか?

現在、コロナの影響により売上減少が大きくなっています。

まだまだ先の見えないコロナ不況…。

設備投資の凍結や雇用調整などが行われています。

その中でも、すぐに経費削減できるものといえば、広告費でしょう。

しかし、広告費を削減すれば集客数が減少します。

広告費削減は一時的な対策であり、売上を上げる施策は行う必要があります。

広告費削減もしつつ、売上アップもしなければいけない…。

どうすればいいのでしょうか?

答えは「成果が出た後に、広告費を出す」ことにすればいいのです。

それができるのが「成果報酬型広告」です。

成果報酬型広告を成功させる秘訣をメールセミナーで公開します!

成果報酬型広告を導入するには3つのポイントがあります。

  1. 成果報酬型広告で成功できるビジネスを作る
  2. 成果報酬型広告の最適なパートナーが見つける
  3. 成果報酬型広告を継続できる仕組みを導入する

今回、この3つの成功ポイントを5回のメールセミナーでお伝えします。

コロナ不況に負けないためにも、成果報酬型広告を導入して、売上を伸ばしましょう!

メールセミナー登録フォームはこちら

関連記事

  1. Web広告11種類を徹底解説!売上アップに最適な広告はコレだ!

  2. ネット広告は代理店に委託すべき?代理店のメリットや注意点を解説

  3. 最強の集客ツール?!Twitter広告始め方!使い方!集客力の測り方!

  4. Twitter広告の出し方はこれでバッチリ!設定手順と3つの注意点

  5. LINE広告の他とは異なる仕組みとは?4つのメリットと2つの注意点

  6. 最強の集客ツール?!メルマガ広告始め方!使い方!集客力の測り方!