売り上げUPに効果大!インスタ広告の4つの成功事例とポイント

「若年層にインスタ広告は効果がありそうだけど、事例がわからない…」
「インスタ広告に取り組みたいけど、どうしたらいいかわからない…」

広報担当の方で、このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

普段インスタを使用しない人にとっては、インスタ広告はわからないことだらけで、運用できるか不安であると思います。

しかし実際、インスタ広告を適切に運用することで、会社の売上を上げた企業は多く存在するのです!

そこで今回はインスタ広告の4つの成功事例と広告を成功させる4つのポイントについて説明します。

この記事を読んで、成功事例からインスタ広告のポイントを理解し、売り上げアップを目指しましょう!

1.Instagram広告とは


Instagram広告とは、文字通りInstagramに出稿する広告のことです。

フィード上やストーリー上に写真や動画のなど、いくつかの方法で広告を出稿することができます。

例えば、タイムライン上に画像や動画で広告を表示する写真・動画広告や、ストーリズ内に動画広告を配信することができるストーリーズ広告などがその代表例です。

Instagramは日本国内だけでも月間アクティブユーザー数は2000万人以上にも及ぶ人気アプリですが、そのユーザー数は日々増加傾向であることは間違いありません。

また、10〜20代のユーザーが半数以上を占めるため、特に若年層への訴求力が高い広告であるという特徴があります。

なのでインスタ広告を利用することでこのような若年層に向けて、効果的に自社サイトやアプリインストール等への誘導ができるのです。

そのため、多くの広告担当者がインスタ広告に関心を寄せ、実際に広告予算が投下されています。

2.インスタ広告の4つの成功事例


インスタ広告を使用する目的はアプリのインストール、自社サイトへの誘導、ブランドイメージの向上、購買意欲の向上など様々な目的があります。

多くの企業は上記の目的を達成するためにインスタの広告の使用を検討していますが、初めてインスタ広告を運用する場合、特にノウハウがないので、施策を考えることが難しいのが現状です。

そこで、既存のインスタ広告の成功事例からノウハウを学び、自社の広告運用に応用することが大切になってきます。

ここでは、インスタ広告を使用した4つの成功事例について説明します。

(1)スマホゲームアプリの休眠ユーザー復帰施策


モンスターストライク(スマホゲーム)は、従来のFacebook広告にインスタ広告を加えることで、ユーザーのインプレッション数(広告が見られた回数)やユニークセッション数(ページごとの訪問数)を伸ばし、休眠ユーザーを復帰させることに成功しました。

モンスターストライクの休眠ユーザー対象に、Facebook・Audience Networkを用いた既存キャンペーン施策と既存キャンペーンにInstagram配信キャンペーンを追加した施策の2つをA/Bテストを行うことで、高い広告効果を得ることができたのです。

具体的には、Facebookのみを用いた既存キャンペーンと比べて、インプレッッション数が51%増加、ユニークセッション数が61%増加、CPAが38%低下するという結果になりました。

このことから、従来のFacebook広告に適切なインスタ広告を加えることで、休眠ユーザーの利用復帰に大きな効果を与えることができると言えるでしょう。

インスタ広告と一緒に別のメディアでの広告を使用することを検討し、広告の相乗効果を生み出しましょう。

(2)学生向けサービスの新規会員獲得施策


楽天学割は、ターゲット調査を入念に行い、対象に訴求できる広告デザインを複数回追加、差し替えすることで新規会員の増加に成功しました。

リーチしたいユーザである15~25歳の学生の調査を事前に行い、また既存会員には広告を配信しないような機能を活用して、新規会員のみに効率的にリーチするような方法をとったのです。

またデザインは広告訴求を抑えたデザインがベースで、若年層にとって親しみやすいものをいくつかのパターンを用意して検証することで新規ユーザー獲得をも達成しました。

具体的には前月に比べて新規会員増加率は338%、クリック単価の56%削減するという結果になりました。

誘導を強いるような広告はかえってブランドの世界観を崩してしまい、ユーザーの行動の妨げになる恐れがあります。

なので、広告対象者を性質を十分に理解し、その層に親しみやすい広告を検証することを試してみましょう。

(3)若年層への購買意欲・ブランド好感度の増加施策


メイベリンでは、リーチしたいユーザーの注目を集めることができるよう商品のビジュアルを前面に出すことで購買意欲とブランド好感度のアップを成功しました。

さらにテレビ広告とインスタ広告の広告効果を知ることを目的に、両チャネルで異なる広告を作成しその効果を比較したのです。

その結果、限定的な状況ではありますが、購入意欲とブランド好感度のアップに関してはインスタ広告の方が効果的であることがわかりました。

具体的には4週間のキャンペーンでテレビと比較したリーチ単価の削減率は86%で、リーチ数は200万人、購買意欲は7.3%上昇、ブランド好感度が9.8%上昇を達成しています。

この事例から、Instagramのユーザーが比較的若年層であり、女性の割合が多いことが再度確認できたのではないでしょうか?

なので、自社の製品がリーチしたい層が若年層であるときは、インスタ広告を使って、広告効果を高めることを検討してみましょう。

(4)スマホアプリのインストールの増加施策


バイトルは、Instagramのストーリーズ機能の利用者の伸びに注目し、フィード広告と同様のデザインをストーリーズ広告に使用する機能を使い、アプリのインストール数を伸ばすことに成功しました。

当時、ストーリズ広告には9:16の縦型デザインしか使用することができず、多くの素材を供給することが困難な状態だったのです。

しかしフィード広告用に使用した素材を縦型デザインに自動で変換する新機能が追加されたことで、問題である9:16型の素材を多く用意するという課題を解決し、より少ない手間で様々な広告を展開できるようになり、単価の抑制に成功しました。

具体的には、インストール単価12%低下、インプレッション単価12%低下、クリック単価27%低下を実現し他のです。

ストーリーズ広告は従来の広告と違い、全画面の縦長となるので、インパクトが高い広告と言えます。

また、広告に必要な素材はフィード広告と共通の素材を使用することができるので、デザイン作成にかかる手間や費用を抑えることも可能です。

インスタ広告の種類について知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

【初心者必見】Instagram広告とは?4種類のインスタ広告

2019.11.10

3.インスタ広告を成功させるための4つのコツ


Instagramはユーザーのセッション時間が短いのが特徴の一つです。

なぜなら、アプリの画面の大部分を画像が占めており、ユーザーは直感的に投稿内容を理解することが可能だからです。

なので短い時間で、いかに自社の広告にユーザーが手を止めてもらるかを考えることが広告を成功させるために必要不可欠です。

では一体どのようにしてユーザーの目が止まるような工夫を凝らせばいいのでしょうか?

その答えとして、インスタの広告を成功させるための4つのコツをまとめました。

インスタの広告を成功させる4つのコツ

  1. ブランドを想起させるデザイン
  2. ターゲット設定を行う
  3.  モバイル向けのデザインを作成する
  4.  適切なアクションボタンを設置する

下記でそれぞれについて説明していきます。

(1)ブランドを想起させるデザインにする

ユーザーが広告を見たときに、ブランドを想起させることは大切です。

この理由として、人は慣れ親しんだものを好み、信頼する傾向があります。

例えば、海外に行ったときに知らない店より、自分が知っている店のほうが安心感を覚えるのはこのような心理が働いているからです。

なので、ユーザーが想起できるような認知度の高いブランドの方が選択される可能が高くなります。

広告をロゴ、シンボルカラー、製品などを含めて作成することで、ブランドのイメージを確立しましょう。

またクリエイティブに統一感を持たせることも同様に大切です。

これらを実践して、ユーザーにブランドのイメージを印象付けましょう。

印象がついてくると、ブランドイメーに関連のある広告を見るたびに、ブランドが想起され売り上げに繋がります。

(2)ターゲットの設定を行う


広告を出稿する前にリーチしたいターゲットの選定及び調査を入念に行いましょう。

なぜなら、ターゲットの設定が決まっていないと、広告の訴求内容が定まらず、リーチしたいユーザーに訴求できない恐れがあるからです。

広告は出稿すること自体は手順を踏めばそんなに難しいことではありません。

しかし、なんとなくいい素材を使用した広告を使用したり、様々なメディアで闇雲に広告を出すような事例を見ることが少なくありません。

このような広告を出稿してもユーザーは反応してくず、製品の購入や自社サイトへの誘導に至らないことよくあります。

大切なことは、リーチしたいユーザーが求めていることの仮説を立て、それに適した素材を適切に作成することです。

上記の成功事例でもありましたが、まずはリーチしたいユーザーの属性をしっかり調査することから始めましょう。

そしてにそのユーザーに適した広告素材を複数用意して、ユーザーの反応に合わせ、適宜素材を追加したりすり替るなどを継続的に行います。

これらを通して、リーチしたいユーザーに訴求できる最適な素材をみつけて行くのがいいでしょう。

(3)モバイル向けのデザインを作成する


Instagramをモバイルで見る人は年々増加しており、モバイル広告はこれらの人たちにリーチすることのできる最適な広告と言えるでしょう。

しかしモバイル上ではユーザーが広告を見る時間は短時間であることは先ほど述べました。

なのでモバイル端末向けに、一目で見てインパクトを与える広告を作成する必要があります。

一般的にインスタのフィード広告はスマホ画面の50%程度を占有していると言われており、ストーリーズ広告は画面の90%以上を占有しているため、モバイル向けに作られた広告であれば、大きな影響が与えることが期待できます。

ビジュアルで訴えられる素材を用意するなど、工夫してみましょう。

(4)適切なアクションボタンの設置する


インスタ広告において、広告効果高める重要な要素がアクションボタンです。

アクションボタンとは広告を見たユーザーをリンク先のコンテンツに誘導するボタンで、いくつかの種類があります。

例えば、アプリをインストールさせたり、自社のHPに誘導したり、商品購入ページに誘導するなどをよく見かけるのではないでしょうか。

これらのアクションボタンを広告の世界観とマッチさせて、配置することが大切です。

広告の世界観を壊すくらい訴求が強い広告だと、ユーザーに不信感を与えてしまい、誘導に支障をきたす可能性があります。

「資料請求はこちらからお願いします。」
「無料相談受け付けています!」

例えば、上記のようなテキストでの誘導を広告の前面に押し出すのはできるだけ、避けてください。

ユーザーに適した世界観を作り、その広告に違和感のないアクションボタンを配置することを検討しましょう。

まとめ

この記事ではインスタ広告の成功事例と広告を成功させるコツについて紹介しました。

インスタ広告は比較的新しい広告で従来の広告とは異なるので、最初は広告効果を高めることが難しいかもしれません。

しかし、過去の広告の成功事例を参考にして、自社の広告に応用することで、大きく売り上げをあげる可能性を秘めています。

大切なことは、過去の成功事例から仮説をたて、それを検証するということを継続して行うことです。

今後もインスタの人気と共に、インスタ広告の広告効果はますます上がっていく可能性があるので、今のうちに色々な施策を試して見ましょう。

最後まで読んでくれた読者の方々がこの記事を参考にしながら、多くの施策を考え、インスタ広告で成功することを心より願っています。

『関連記事』

インスタ広告とは?その4つの種類と出稿までの4ステップを紹介!

2019.11.29

【初心者必見】Instagram広告とは?4種類のインスタ広告

2019.11.10

インスタ広告ってどうやって出す?インスタ広告の出し方5ステップ

2019.11.25

PPCアフィリを自動化して毎月100万円稼ぐ「PGCメールセミナー」

PGCとはPPCアフィリエイトをGoogle広告のAIを使って完全自動化する無料メール講座です。

PGCメールセミナーに参加すると、Google広告でアフィリエイト出稿するために必要な絞り込み検索ツールを無料プレゼントします。

4日間に渡ってPPCアフィリエイトを自動化する方法について学ぶことができますので、下記から今すぐご参加ください。

関連記事

  1. Webサイトの作成方法はどうするべき?4種の作成方法と選定ポイント

  2. hubspotの機能とは?4つのコンテンツの特徴を紹介!

  3. Webサイト制作は外注すべき?外部委託の4つのメリットと注意点

  4. 【初心者必見】Instagram広告とは?4種類のインスタ広告

  5. Facebook広告の費用相場と広告効果を上げる5つのコツ

  6. hubspot crmのメリット・デメリットとは?6つの機能を紹介!