Web広告の種類や課金方法、注意点を徹底解説!5つのメリットも紹介

「Web広告が流行っていると聞くけれど、どのようなメリットがあるの?」
「Web広告を始めたいが、種類や課金方式が多くて複雑そう」

このように悩んでいませんか?

実はWeb広告は、広告の種類や課金方式を理解し自社に最適な広告を選択することで、高い費用対効果を実現できる広告なのです!

この記事では、Web広告の概要と11の種類、また課金方式や出稿時に気を付けたい3つのポイントまで、Web広告を運用するにあたってのすべての情報を解説します!

この記事を読んでWeb広告の基本情報を理解し活用することで、自社の売上アップにつなげることが期待できますよ!

1.Web広告とは?

Web広告とは

Web広告とは、インターネット上やメールに掲載される広告のことを指します。

企業が製品やサービスを宣伝するために行う広告活動の1つです。

インターネット広告やネット広告、オンライン広告などと呼ばれることもあります。

企業が作成する自社サイトも広告の意味合いがあるためWeb広告と称する場合もありますが、今回の記事では自社サイトはWeb広告には含めません。

(1)Web広告の市場成長と将来の展望

Web広告の市場成長

世界的に見ると、2017年には、それまで一番の市場であったテレビの広告市場をWeb広告市場が上回りました。

以前までは、テレビ・新聞・雑誌・ラジオを代表とするマス広告が広告市場の多くのウェイトを占めていましたが、テレビ離れや活字離れ、ラジオ離れが進み、マス広告の市場は縮小の傾向にあります。

その一方で、インターネットの進化やスマホの普及に伴いWeb広告の市場は急速に成長を遂げています。

日本においても、近い将来にテレビ広告市場を抜き、Web広告市場がシェアトップになると予想されています。

さらに、デジタルマーケティングの領域は日々技術が進化しています。

現状でもWeb広告にはたくさんの種類が存在し、それぞれの効果の測定方法や運用方法が異なります。

そして、今後も技術の進歩に合わせてさまざまな広告が登場するものと思われます。

これらを効果的に使い続けるためには、Web広告の最新動向に注目し、定期的に情報収集しておく必要があります。

また、より複雑になる技術に対応するため、必要に応じて外部の専門家の手も借りながら運用を進めていくのもおすすめです。

2.11種類のWeb広告を選ぶ2つの手順

Web広告の種類

次にWeb広告の種類を紹介します。

Web広告にはさまざまな種類がありますが、自社に合った広告を選ぶことが広告効果を高めることにつながります。

自社にとって最適な広告を選ぶための手順を以下の2点に分けて説明します。

  1. 3種のユーザ層から自社のターゲットを選ぶ
  2. 11種類の広告形態から最適な広告を選択する

順番に説明します。

手順1.3種のユーザ層から自社のターゲットを選ぶ

3種のユーザ層

広告を作成する場合、ターゲットとなるユーザは以下の3種に分類できます。

ターゲット層概要
潜在層自社のサービス・商品で解決できる課題を抱えているが、課題を認識していない
顕在層自社のサービス・商品で解決できる課題を抱えている
顧客層自社のサービス・商品を購入または利用したことがある

まずは、自社がWeb広告を掲載することでどのユーザ層にアプローチしたいのかを明確にしましょう。

手順2.11種類の広告形態から最適な広告を選択する

11種の広告

次は、手順1で明確にしたターゲット層を参考に、広告の種類を選択します。

今回は、Web広告の中でも代表的な11種の広告の概要とターゲット層を以下で紹介します。

それぞれの特徴を理解し、最適な広告を選択しましょう。

NO広告名概要ターゲット層
1リスティング広告検索エンジンに配信される広告。ユーザがキーワード検索を行った際にキーワードに連動した広告を表示。すでに製品に興味・関心のある客を獲得する際に絶大な効果を発揮。顕在層
2アフィリエイト広告広告を通じて資料請求・会員登録・購入などが発生した際に費用が発生する広告。クリック段階では費用が発生しないためCPAを低く抑えやすい。潜在層
3アドネットワーク広告業者を介して複数サイトに一括で広告を掲載させる広告手法。さまざまな媒体に出稿する際の手間を効率化。ただし、ターゲットでない媒体に広告が出てしまう可能性もあり。潜在層、顕在層
4DSPアドネットワーク広告をさらに進化させ、複数のアドネットワークに広告配信できるツール。最適化エンジンを使い、瞬時に効果的な広告を判断する機能あり。ただし運用の負担に要注意。潜在層、顕在層
5リターゲティング広告過去にサイトを訪問したユーザに対して再度広告を掲載する手法。かつて製品に興味・関心を示したユーザへの効果的なアプローチが可能。顕在層、顧客層
6ネイティブ広告ニュースサイト記事やSNSフィードの中に混じって自然に表示される広告。クリック率が高いが、広告単価も高め。顕在層
SNS広告FaceebookやTwitterなどのSNS上で配信される広告。詳細なターゲティングができ、ユーザ間での共有・拡散で爆発的に情報を広められる可能性あり。潜在層、顕在層、顧客層
8動画広告動画で作られた広告。動画共有サイトに投稿される場合と従来の画像広告枠に掲載される場合あり。動画の記憶に残りやすい特性を活かしてブランド認知度を高める効果あり。潜在層、顕在層
9メール広告電子メールを使ってさまざまな会社が保有する顧客に対して広告を配信する手法。視認性・保存性に優れるほか、プッシュ型で配信できる点もメリット。顧客層
10記事広告人気メディアなどに記事を配信してもらう広告形態。メディアをうまく選択できた場合には高いクリック率を期待できる。顕在層
11純広告Webサイト内の広告枠を一定期間買い取り、広告を掲載する手法。潜在層にも訴求できる可能性がある一方で効果がなくても費用がかかる面もあり。潜在層

Web広告の種類についてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

Web広告11種類を徹底解説!売上アップに最適な広告はコレだ!

2019.12.09

3.Web広告の6つの課金方式

課金方式

ここからは、Web広告の課金方式を説明します。

広告の種類ごとにその特徴に合わせた課金方式が設定されています。

代表的な6種の課金方式について概要と主な広告の種類は以下の通りです。

NO課金方式概要主な広告の種類
1インプレッション課金定期間に広告が表示された回数により課金される方式。多くのユーザが検索するページでも費用を抑えて掲載可能。DSP・SNS広告・記事広告・ネイティブ広告
2クリック課金広告がクリックされた回数により課金される方式。費用対効果が分かりやすく、ターゲティングを細かく設定できるという特徴もあり。リスティング広告・アドネットワーク広告・SNS広告
3期間保証型一定期間の掲載を保証する課金方式。ブランド認知度アップや告知効果が期待できる一方で、具体的な成果につながらないケースもあり。純広告
4成果報酬型商品購入や会員登録などといったコンバージョンが発生した時に課金される課金方式。広告費を支払ったのに成果が上がらないという無駄をなくすことが可能。アフィリエイト広告
5配信数型主にメール広告において広告が配信された数に応じて課金される方式。視認性・保存性に優れ、ターゲット層に近いリストを入手できれば高い効果が期待できる。メール広告
6広告視聴単価型動画広告において再生回数を保証する課金方式。動画の特徴として記憶に訴えかけること得意だが、一方で興味がなければすぐに離脱されるリスクもあり。動画広告

Web広告の費用についてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

Web広告の6種の課金方式とWeb広告11種類の費用感を徹底解説

2019.12.14

4.Web広告を活用する5つのメリット

5つのメリット

ここまで、Web広告の種類や課金方式などの基本情報について説明してきました。

ところで、Web広告を活用すればどのようなメリットあるのでしょうか。

具体的なメリットを以下の5点に分けて説明します。

  1. 細かなターゲティングができる
  2. ユーザと双方向のやり取りができる
  3. 効果を測定し改善できる
  4. 少額からはじめられる
  5. 即効性が期待できる

順番に説明します。

メリット1.細かなターゲティングができる

細かなターゲティング

Web広告の大きなメリットとして、細かなターゲティングができることが挙げられます。

Web広告では、ユーザの性別・年齢・住んでいる地域などの基本的な情報に加え、興味・関心などのデータも利用して細かくターゲティングができます。

さらに、Webの行動履歴や検索履歴からも最適なターゲットを設定することも可能です。

Web広告の中でも特にFacebook広告は、家族構成・恋人の有無・学歴・職歴など非常に細かなデータを精度高くターゲティングすることができます。

また、アドテクノロジーの技術が発展したおかげで、広告の表示回数や表示させる広告クリエイティブまで指定することもできるようになりました。

このように、Web広告は広告を誰に見せるかを設定し、ターゲット層に集中的に広告を配信できるという点で非常に優れた広告手段です。

メリット2.ユーザと双方向にやり取りができる

双方向のやり取り

Web広告は、広告を一方的に配信するだけではなく、ユーザと双方向のやり取りを行うことが可能です。

従来の広告では、広告を見たユーザがアクションを起こすには営業時間を待ったり、店舗を訪問するというようなタイムラグが発生します。

この間に意欲がそがれたり、アクション自体を忘れてしまったせいでせっかくの機会を損失してしまうケースもあり得ます。

その点、Web広告はパソコンやスマホを利用して、即座に商品を購入したり問い合わせしたりといった次のアクションにそのまま進むことが可能です。

このように、Web広告はユーザと双方向にやり取りできるインタラクティブ性の高さがメリットと言えます。

メリット3.効果を測定し改善できる

効果を測定

Web広告は、配信後に効果を測定し、その結果を見ながら改善を図ることが可能です。

Web広告の場合、広告を見た人数・クリックした人数・購入した人数などといった詳細なデータを取得し、分析することができます。

これらのデータを分析できる有名なサービスとして、Googleアナリティクスが挙げられます。

一方、Web広告以外の従来の広告であれば、アンケート等で広告を見た人数は把握できたとしても、その中の何人が次のアクションにつながったかを知ることは困難です。

Web広告だからこそ、広告を起点としてどれだけの成果が出たのかを詳細に分析することが可能になるのです。

さらに、Web広告は、分析した情報を元に、設定変更等の簡単な作業だけで手軽に改善を図ることができます。

このように、Web広告は、配信後に効果を測定することができ、そのデータを分析して改善を図ることが可能です。

メリット4.少額からはじめられる

少額からはじめられる

Web広告は、少しの広告予算から取り組みはじめることができます。

Web広告は、細かなターゲティングができるため、絞り込むエリアを限定すれば、少額で広告を始められるのです。

また、課金方法にもさまざまな種類があるため、クリックやアクションなどの成果がでない限りは課金されない方式の広告も多く存在します。

このように、Web広告は低予算でも広告を掲載することが可能です。

メリット5.即効性が期待できる

即効性

Web広告は、スピーディーに効果を実感することができます。

Web広告の場合、費用や広告の品質が確保できればすぐに効果的な広告を打ち出すことができるからです。

Webマーケティングにおいて、Web広告を出す以外にもSEO(検索エンジン最適化)やLPO(ランディングページ最適化)といった手法があります。

しかし、これらの方法は、対策を施した後に結果が出るまでに一定の時間が必要です。

それに比べてWeb広告は運用を開始した直後から効果を発揮できる場合があります。

このように、「すぐに認知度を上げたい」「コンバージョン数を早く増加させたい」という場合にはWeb広告がおすすめです。

5.Web広告を出す際に気を付けたい3つのポイント

注意点

Web広告を出す際の気を付けたいポイントを説明します。

主なポイントは以下の3点です。

  1. 自社・競合を調査・分析し、戦略を練る
  2. 広告の誘導先サイトを作成する
  3. 運用状況を見てチューニングを行う

順番に説明します。

(1)自社・競合を調査・分析し、戦略を練る

戦略を練る

Web広告を始める前に、まずは自社及び競合について調査・分析を行い、戦略を練ることが重要です。

Web広告のメリットとして細かなターゲティングができることはすでに述べました。

逆に言えば、正確なターゲティングができなければWeb広告の強みは活かしきれません。

調査・分析や戦略を練ることなく、無計画にWeb広告をはじめても期待する効果を得ることはできないでしょう。

そのため、まずは自社の製品に興味・関心を示すであろうターゲット層を明確に洗い出すことが大切です。

年齢・性別・職業・居住エリアなどの基本情報だけでなく、価値観・趣味・インターネットの利用状況など詳細な情報を設定しましょう。

詳細な情報を設定することで、ターゲット層が明確に見えてきます。

ペルソナの設定例は以下の通りです。

ペルソナ
年齢35歳
性別男性
職業会社員
肩書き課長
勤務先食品会社
仕事内容営業
所得500万円
家族構成妻・子供2人
学歴国立大学卒
居住地東京都内
インターネットの利用状況
SNSの利用状況Facebook
趣味旅行、車
関心マイホーム購入、子供の教育
将来の目標今の会社で可能な限り出世コースを歩みつつ、定年後は夫婦で海外旅行を楽しみたい。

そして、ターゲット層にマッチした広告の種類や媒体が何であるかを調査します。

さらに、競合他社についても同様の分析を行い、他社が取り入れている優れた面や他社との差別化を図れる面は積極的に取り入れましょう。

このように、Web広告を始める前には、十分な調査・分析を行い、どのような広告が効果的なのか戦略を練ることが重要です。

(2)広告の誘導先サイトを作成する

誘導先サイト

Web広告を始めるにあたり、次に必要になるのは広告の誘導先となるサイトを作成することです。

Web広告をクリックしたユーザが最初に訪れたページで、ランディングページ(LP)と呼ばれます。

せっかくWeb広告が効果を発揮しクリック率が上がったとしても、誘導先のランディングページがユーザをひきつけなければ、最終目的である購買や登録などのアクションにはつながりません。

このため、ランディングページは会社や商品の魅力を最大限アピールすることが求められます。

先程も説明しましたが、LPを最適化することをLPOと言います。

必要に応じて外部の制作会社を利用するなどして、納得のいくランディングページを作成しましょう。

このように、Web広告を効果的に活用するためには、魅力的なランディングページを準備する必要があります。

(3)運用状況を見てチューニングを行う

チューニング

Web広告は出稿すれば終わりではなく、運用状況を見てチューニングを行うことが大切です。

Web広告が配信後の効果を測定・分析でき、改善を行えることはすでに述べました。

言い換えると、Web広告は出稿すれば終わりではなく、配信後にチューニングを繰り返すことにより高い効果を発揮することができます。

Web広告の運用時におすすめの手順は以下の通りです。

  1. いくつかの異なるターゲティングに向けて小規模に広告を掲載する
  2. 効果を測定・分析する
  3. 思ったほど効果の出ない広告を辞めて、高い効果の出る効果を増やす
  4. 再度広告を掲載する

このPDCAサイクルを繰り返すことで次第に費用対効果が高まってきます。

Web広告の運用を自社で対応できる企業は良いですが、運用の人出やノウハウが足りない企業は、外部へ運用を委託するケースもあります。

このように、Web広告は運用状況を見て随時チューニングを行っていくことが非常に重要です。

6.Web広告の評価を確認するための5つの指標

評価

最後に、Web広告の評価を確認するための5つの指標を以下の通り紹介します。

  1. インプレッション数
  2. CTR(クリック率)
  3. CV数(コンバージョン数)
  4. CVR(コンバージョン率)
  5. CPA

これらの指標を用いて、当初の目的に合った効果が得られているのかを確認します。

思ったような効果が得られない場合は、広告の種類や媒体を見直すなどの対処が必要です。

(1)インプレッション数

インプレッション数

インプレッション数とは、広告が表示された回数のことです。

インプレッション数が多ければ自社の広告がユーザの目に触れる機会が多いということを意味します。

逆に、インプレッション数が少なければユーザが広告をクリックする機会も減ります。

ターゲティング設定時にあまりに多くの項目を設定しすぎると、インプレッション数が少なくなる場合がありますので注意しましょう。

Web広告を始めたら、まずはインプレッション数を増やすことが重要です。

(2)CTR(クリック率)

クリック率

CTRとは、Click Through Rateの略で、広告の表示回数に対するクリック回数の割合のことで、クリック率とも呼ばれます。

CTR(%) = クリック数 ÷ インプレッション数 × 100 で計算されます。

CTRはWeb広告を掲載する目的に直結する重要な指標です。

広告を見た人がどのくらいの割合でWebサイトに訪れたかが分かり、広告の効率の良さが判断できるからです。

CTRが少ない場合、広告の内容に魅力がなくクリックに結びついていないということが考えられます。

広告の画像やテキスト内容を再検討し、クリックされやすい広告に作り直していきましょう。

このように、CTRは広告の表示回数に対するクリック数のことで、Web広告における重要な指標です。

(3)CV数(コンバージョン数)

CV数

CV数は、広告をクリックしてサイトを訪れたユーザが成果達成にあたるアクションを行った件数のことです。

成果達成にあたるアクションは、広告主があらかじめ設定します。

例えば商品購入や予約申込、資料請求などといったアクションが挙げられます。

自社の目的に合わせた適切なCVを設定することが重要です。

Web広告を掲載する最終的な目的は、広告のクリックではなくコンバージョンを獲得することです。

このため、当然のことながらCV数は重要な指標と言えます。

このように、CV数はWeb広告の最終目的であるアクション件数のことを指します。

(4)CVR(コンバージョン率)

CVR

CVRとは、Conversion Rateの略で、広告のクリック回数に対するCV数の割合のことです。

例えば、Web上で製品を販売する企業がコンバージョンを商品購入に決めた場合、広告経由でWebサイトに流入したユーザのうち、購入につながった件数の割合をCVRと言います。

クリック率が高いにも関わらずコンバージョン数が少ない場合には、以下の理由が考えられます。

  • 広告と製品・サービスが一致していない
  • 広告クリック後のWebサイトの品質が悪い

これらの観点から広告・Webサイトの見直しを行い、改善を図りましょう。

このように、CVRは広告をクリックされたユーザの中で購入につながった人の割合を指します。

(5)CPA(コンバージョン単価)

CPA

CPAとは、Cost Per Acquisitionの略で、1件の成果(コンバージョン)を出すためにかかった広告費用の割合を指します。

CPAが低いほど、費用対効果が高いと言えます。

このように、CPAは、1件の成果に対する広告費用の割合であり、なるべく低く抑えられることが望ましいです。

そのためには、広告費用を抑える、もしくは成果を高めるための工夫が必要です。

まとめ

この記事では、Web広告の概要や広告の11個の種類、6種の課金方式を紹介するとともに、Web広告の5つのメリットや出稿時に気を付けたい3つのポイント、5つの評価指標についても紹介しました。

Web広告は、ターゲティングの細かさやユーザとの双方向のやりとりができることが特徴の費用対効果の高い広告手段です。

また、広告の種類や課金方式、出稿時の注意点、評価指標などを理解しておくことで、自社の目的に合った広告を選択することができます

ぜひこの記事を読んでWeb広告の基本的な知識を身に付け、自社の売り上げアップにつながるWeb広告にチャレンジしてください!

10秒カンタン無料ネット広告診断

10秒カンタン無料ネット広告診とは「自社にとって最適なネット広告戦略を知る」ためのオンライン診断です。

ネット広告診断を行うことで、どの広告に出稿をするべきなのかがすぐに分かるようになります。

今まで、よくわからないことに数十時間かかっていた時間がたった10秒回答を行えば、後はプロが回答してくれます。それが10秒カンタンネット広告診断です。

ネット広告診断を行う専門家

私はGoogle検索広告一筋で約20年以上の広告代行業務をしています。

過去には大和ハウスグループで検索広告の新規事業立ち上げの仕事などもしたことがあります。

ネット広告代理店を20年以上続ける傍ら、企業向けのネット広告講座も展開しています。

過去には「ネットでの売上に直結する 集客・検索キーワードの選び方・使い方」という検索キーワードに関する本も出版しています。

また、日経新聞や日経クロストレンド、産経新聞などからも検索広告に関することで取材を受けたり、近代中小企業などの専門誌への寄稿などを行っています。簡単にいうとネット広告の専門家と思ってください。

10秒カンタン無料ネット広告診断はこちら

法人個人事業主
自社で掲載している代理店に任せている制作会社に任せている掲載していない

【注意点】

  • Gmailの場合、「メインタブ」ではなく「プロモーションタブ」にメールが届くことが多いので、確認をしてください
  • 登録をしてから、回答までには数日かかります
  • 登録をしても届かない場合は、迷惑メールボックスを確認してください

関連記事

  1. 最強の集客ツール?!Googleリスティング広告始め方!使い方!集客力の測り方!

  2. リスティング広告の費用は?4つの基本情報と費用を抑える5つの方法

  3. Web広告で収入UP!即実践できるアフィリエイト活用術とASP6選!

  4. 【完全版】ヤフー広告が1円?!YDN動画広告とYahoo!ブランドパネル

  5. Webサイトとは?7つの目的別サイトジャンルと2つの作成方法

  6. 最強の集客ツール?!Facebook広告始め方!使い方!集客力の測り方!