【2019年最新版】PPCアフィリエイトの始め方、初心者向けPPCアフィリエイトとは?

こんな悩みありませんか?

PPCアフィリエイトって稼げるって聞いたけどなんのこと?」

「今からでもPPCアフィリエイト参入は遅くない?どうやって始めるのがおすすめ?」

Yahoo!で禁止されたからもう儲からないとか、まだまだイケるとかネット上の評価どれが本当?」

Stock footage provided by Videvo, downloaded from https://www.videvo.net

少しの先行投資で、手軽にだれでもフェアに稼げると、ネット上で人気なのがPPCアフィリエイトです。

元々はアフィリエイトですから、商品の情報紹介によって広告仲介収入を得る手法。

そこに、Yahoo!プロモーション広告やGoogle広告(旧 Googleアドワーズ)などの、PPC広告(クリックされた回数分だけ広告料を支払うタイプの広告)を組み合わせた手法であっという間に大人気になりました。

しかし、あまりに急激にプレイヤーが増えたことで、質の低い広告や、商品ベンダーをだますような手法を取る一部広告も増え、2018年あたりから風当たりが強くなっています。

そして、とうとう2019年6月より、Yahoo!ではPPCアフィリエイトによる広告がほぼ全面禁止となりました。

それで、多くの方は「もうPPCアフィリエイトは終わった」と嘆いているようです。

しかし、実は、PPCアフィリエイトはまだまだ終わっていません!

これから始める初心者の方だからこそ、過去の余計な知識や先入観を持たずに、王道の儲かるPPCアフィリエイトを始めることが可能です。

結論からいえば、Google広告、YOUTUBE広告、各種SNS広告など他の広告媒体から、規約に基づいた質の高いコンテンツに誘導するという、ごくまっとうな手法を使えばPPCアフィリエイトはまだまだ安定して稼げます

日本初の広告代理店開業支援ポータルサイト デジマチェーンでは、PPCアフィリエイターである多くの弊社会員の方々のお悩みをリアルに受け止めています。

そこで、今回の記事では、まずは基本中の基本である、PPCアフィリエイトとはなにか、どうやって始めるのか、そして現在PPCアフィリエイトを取り巻く環境を説明します。

そして、最後に2020年以降のPPCアフィリエイトの行方を知るための無料講座を紹介します

1.PPCアフィリエイトとはなにか

PPCアフィリエイトとは、PPC広告を使って自分のサイトにアクセスを集め、アフィリエイトで広告費分以上を稼いで収益をあげる手法です。

PPCとは、Pay Par Click(ペイ・パー・クリック)の略で、クリック課金型広告、またはリスティング広告のことを言います。

Yahoo!検索やGoogle検索などの検索結果1ページ目の最上位に、「広告」と記載された上記画面のような特別枠がPPC広告です。

広告料を支払うことで、ユーザー閲覧が最も多い場所に広告用リンクを表示できるので、多くのユーザーの目に触れさせることができます。

通常の広告とは異なり、掲載されるだけでは広告料は発生しません。

あくまでも、クリックされた回数に応じて広告料の支払いが発生します。

他にも、Yahooディスプレイ広告(YDN)・Twitter広告・Facebook広告などを使う人もいます。

この広告部分に、商品を紹介している自分のアフィリエイト用のサイトを掲載し、その商品が売れるとアフィリエイト広告料がもらえる仕組みです。

2.PPCアフィリエイトのメリットとデメリット

PPCアフィリエイトが大流行した理由には、以下のようなメリットがあります。

  1. 成果が出るのが早い
  2. 損得が分りやすい
  3. 売り上げが安定しやすい
  4. 簡単に始められる

もちろん、PPCアフィリエイトにも以下のようなデメリットはあります。

  1. 先行投資の広告費がかかる
  2. 赤字になる可能性もある
  3. PDCAが必要

それぞれを説明していきます。

メリット1.成果が出るのが早い

PPCアフィリエイトの魅力は、始めた日から収益が発生する可能性がある即効性の高さです。

PPCアフィリエイトであろうと、通常のブログアフィリエイトであろうと、ネット物販であろうと、ネットビジネスでは、自分のサイトにどれだけ人を呼び込めるかがカギです。

本来はSEOを施しながら、少しずつ自分のサイトの検索順位を上げて、アクセスを増やしていくのが常道でした。

しかし、SEOは、早くて数ヶ月、長いと数年コツコツ作業が必要です。

しかも、必ず狙ったキーワードで上位表示できるという保証もありません。

さらに検索エンジン側(Google)の突然の方針変更で、積み上げてきた検索順位がすべて振り出しに戻るという事態も珍しくないのが現状です。

ところが、PPC広告を利用すれば、SEO施策なしでも、狙ったキーワードの検索結果の一番目立つ場所に低価格で広告を掲載できます。

ですから、PPC広告掲載を始めたその日から、商品が売れて収益が発生することも珍しくありません。

メリット2.損得が分りやすい

PPCアフィリエイトは収益スタイルがシンプルなので、今自分の事業が得をしているのか、損をしているのかすぐに判断できます。

PPC広告に必要な広告費は、クリック単価xクリック回数という分りやすい式で算出されます。

そして、利益は商品によって既に決められています。

広告費より利益が出ればいいというシンプルなスタイルなので、今自分が成功しているのか失敗しているのがすぐに分かり、必要な調整を行いやすいのが大きなメリットです。

メリット3.売り上げが安定しやすい

PPCアフィリエイトは、安定して報酬を得ることができます

なぜならSEOに依存していないからです。

SEOに依存しているアフィリエイトの場合、Googleの検索アルゴリズムの変更で検索圏外に飛ばされるリスクが常にあります。

PPCアフィリエイトは広告費を支払うことで上位表示をさせるので、そのリスクがありません。

メリット4.簡単に始められる

PPCアフィリエイトは、パソコンとインターネットさえあればどこにいても始められますし、作業できます

自分で商品の在庫を持つ必要もありませんので、商品の仕入れ・発送も不要です。

地方にいること、または海外にいることのデメリットがほぼなく、どんな初心者でも同じレベルから始めることができます。

デメリット1.先行投資の広告費がかかる

PPC広告にかかる先行投資としての広告費用があるので、無料で始めることはできません。

ですから、なにがなんでも元手0でビジネス始めたい!という方には向いていないでしょう。

多くの方は、最初の月にまずはPPC広告に1万円投資し、それによって生じた収益を翌月のPPC広告に費やして、少しずつ広告費用を増やしていく手法で成功しています。

デメリット2.PDCAが必要

PPCアフィリエイトは、広告出稿とキーワード選定のPDCAサイクルを回すことが必要です。

PPCアフィリエイトに関する他のネット記事を見ると、放ったらかしで収益が毎月ン百万入ってくる、というような記事を見かけます。

よほど収益性の高い商品を見つけ、よほど効率的でライバルの少ないキーワードを発見できれば、設定の微修正だけで半年ほど収益が出続ける場合もあるでしょう。

しかし、それを「ずっと放ったらかしでも」は少し大げさです。

デメリット3.規約変更に左右される

PPCアフィリエイトは、Yahoo!プロモーション広告やGoogle広告などのプラットフォームに依存しているので、規約変更に左右されるのは避けられません。

PPCアフィリエイトで稼ぎ続けるためには、規約変更がいつ生じてもいいように変化に対応するスキルが必要となります。

3.PPCアフィリエイトで稼ぐ始め方

PPCアフィリエイトの始め方は以下のステップで行なえます。

  1. ASPに登録する
  2. 使う商品広告を選ぶ
  3. セールスサイトを作る
  4. 狙うキーワードを決める
  5. PPC広告サイトに登録する
  6. PPC広告を出稿する
  7. PPC広告のメンテナンスを行う

(1)ASPに登録する

まずは使うアフィリエイト広告を選ぶために、広告代理店であるASPに登録します。

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)とは、自社の商品を紹介して欲しい広告主と、紹介をして報酬を得たいアフィリエイターをつなぐ会社のことです。

「どのASPに登録すればいいですか?」とよく聞かれますが、登録作業は大して難しくないですし費用はかからないので、知っているところは全部登録しましょう。

それぞれのASPで得意な案件が異なるからです。

代表的なASPに以下があります。

  1. A8ネットは業界最大手
  2. afb(アフィビー)はPPCアフィリエイトに使いやすい
  3. アクセストレードは金融案件が強い
  4. バリューコマースはユニーク案件多い

それぞれを紹介します。

まだまだたくさんあるASPをほぼ全網羅している記事は、下記で随時更新中です。

【アフィリエイトおすすめ】ASPタイプ別59社完全比較ランキング

2019.11.11

#1.A8ネットは業界最大手

A8ネット業界大手のASPで、あらゆる分野の案件を揃えています。

登録案件数は10000件を超えていて、会員数ももっとも多いです。

会員数が多いので、なかなか担当についてもらえないのが欠点といえば欠点になります。

#2.afb(アフィビー)はPPCアフィリエイトに使いやすい

afbは、PPCアフィリエイトに用いやすいASPです。

「リスティングOK」、「リスティング一部OK」、「リスティングNG」とわかりやすく記載されています。

化粧品(コスメ)とサプリメント案件が豊富です。

コスメ・サプリ案件を売るのが得意であればおすすめのASPでしょう。

報酬の振込が速く、月末締め翌月払いなのが大きなメリットです。

#3.アクセストレードは金融案件が強い

アクセストレードは、案件の登録数自体はA8よりは少ないですが、広いジャンルがそろっています

10年以上続く老舗ASPだけあって、利用者数はかなり多く、なかでも金融案件が強いのが特徴です。

キャッシング・ローンやFX・仮想通貨などの案件狙いには、アクセストレードがおすすめのASPになります。

#4.バリューコマースはユニーク案件多い

バリューコマースも大手ASPの一つで、他のASPが扱っていない珍しい案件を扱っているのが特徴です。

例えば、「Amazon」、「楽天」、「Yahoo!ショッピング」などの案件や、「docomo 」「au 」「SoftBank」などの大手携帯キャリア案件もあります。

(2)使う商品広告を選ぶ

ASPの掲載案件から、リスティングOK、または一部リスティングOKの案件を選びましょう。

リスティングOK案件であれば、商品名を使って出稿することができます。

しかしその分、ライバルが多く、必要な広告費用は高くなりがちです。

一部リスティングOKの案件は、商品名以外のキーワードで出稿可能になります。

一部リスティングOKの案件は、ライバルが少ない傾向なのが魅力です。

リスティング一部OK、かつ認知度の高く売れやすい商品・そして単価の高い商品で始めることをおすすめします。

(3)セールスサイトを作る

セールスサイトとは、PPC広告から飛ばす先のページです。

PPCアフィリエイトは、ユーザーがセールスサイトの中のリンクをクリックして、公式ページに飛んで、商品を購入して初めて報酬が入ってきます。

以前は「ペラサイト」と言われる、画像と購入ボタンと説明文だけの簡単なページが主流でした。

しかし、最近はペラページでは、Yahoo!やGoogleのPPC広告の審査には通せなくなりました。

ある程度コンテンツが充実したブログを作らないと、PPC広告を出稿できなくなってきています。

選んだ商品に関する感想や特徴をまとめたり、良質なコンテンツを作りましょう。

(4)狙うキーワードを決める

どれだけお宝キーワードが見つかるかでPPCアフィリエイトの成功率は変わってきます。

「見込み顧客や潜在顧客は多分こういうキーワードで検索するはずだ」という安易な思い込みに頼るのは危険です。

狙うキーワードはキーワード プランナーとgoodkeyword(グッドキーワード)を使って調べてみましょう。

#1.Googleの公式キーワード探索ツールGoogle AdWords

Googleの提供するキーワードプランナーを利用して、扱う商品と特に関連性の高いキーワードを見つけ、特定のキーワードが検索されている頻度や、検索数の推移を確かめましょう。

商品名+評判」などのキーワードは成果率(CVR)がかなり高いです。

しかし、その分、広告単価もかなり高くなっています。

サプリ おすすめ」などのカテゴリ自体のキーワードもCVRが高めです。

しかし、キーワードプランナーを見て選定するのは、だれもがやっている鉄板手法です。

他のツールも並行して活用しましょう。

#2.キーワードの共起語を調べられるgoodkeyword

goodkeyword(グッドキーワード)は、キーワードの共起語を調べられるサイトです。

共起語とは、あるキーワードと一緒に検索されている単語を意味します。

例えば、「接骨院」の共起語をgoodkeywordで調べると、「接骨院 肩こり」「接骨院 整形外科」などがでてきます。

この場合、「肩こり」や「整形外科」が「接骨院」の共起語です。

共起語を調べることで、PPCアフィリエイトをする上で大切なキーワードを探すことができます。

(5)PPC広告サイトに登録する

PPCアフィリエイトの代表的な広告プラットフォームであるGoogleリスティング広告は、公式ウェブサイトにアクセスし、アカウントを作成すればすぐに始める事ができます。

国・タイムゾーン・通貨などを設定し、 Googleから来る確認メールをクリックすれば、アカウントの開設は完了です。

(6)PPC広告を出稿する

広告予算やターゲット、入札単価(上限クリック単価)、広告本文を設定し、最後に広告費用の支払い方法を決めます。

再び Googleから確認メールが来るので、メール内のリンクをクリックすれば、広告の掲載が始まります。

(7)PPC広告のメンテナンスを行う

広告出稿後は、以下の基本的な指標を定期的に確認しましょう。

  1. 表示回数(インプレッション数)
  2. クリック率(CTR)
  3. 獲得率(CVR)
  4. 利益率

それぞれを説明します。

#1.表示回数(インプレッション数)

出稿した広告が表示された回数です。

少なすぎれば、広告出稿の意味がありません。

多くなりすぎても、商品の見込み顧客でないユーザーに表示されている可能性が高くなります。

#2.クリック率(CTR)

広告が表示された回数に対して、クリックされた割合です。

一定のインプレッション数を確保しながら、クリック率をあげることが目標となります。

ユーザーの目を惹き、クリックしたくなるような広告文を設計することでクリック率を高めましょう。

#3.獲得率(CVR)

広告をクリックしてセールスサイトへ誘導できたユーザーのうち、どのくらいの割合でアフィリエイトの目的(商品購入や資料請求など)が達成できたかを示す数値です。

もし低下してきたとしたら、キーワードや広告文が商品の訴求と合致していないことが考えられます。

#4.利益率

売上を広告費用で割った数値で表されます。

目安としては、広告費の3~4倍ほどの売上が出れば合格ラインです。

広告を出稿した後に、すべての広告が黒字を生み出してくれるわけではありません。

広告費だけ使いすぎて利益が出ない赤字広告が出てくるでしょう。

赤字広告のキーワードや広告文を修正するか、損切りするかを考えます。

そして黒字広告の売り上げを最大化していくと、どんどん利益が増えていくでしょう。

3.PPCアフィリエイトの高収益性

PPCアフィリエイトの魅力は、高い収益性とその安定性です。

ここでは、PPCアフィリエイトの収益性の高さを示す実例を紹介します。

4.PPCアフィリエイトを取り巻く4つの厳しい現状

今後のPPCアフィリエイトは、アフィリエイターの淘汰が進んでいくと言われています。

昔ながらのペラサイトと、むやみにあおるだけの広告文に頼っているアフィリエイターは現状に嘆いているばかりのようです。

現在のPPCアフィリエイトが抱える4つの問題は以下です。

  1. Yahoo!の規約変更でPPCアフィリエイト禁止
  2. Google検索アルゴリズム変更で健康系サイトが困難に
  3. ライバルアフィリエーターの増加
  4. 低品質なPPC広告の増加

それぞれを説明していきましょう。

(1)Yahoo!の規約変更でPPCアフィリエイト禁止

Yahoo!は2019年6月にPPCアフィリエイトを規制しました。

PPCアフィリエイトの魅力は、PPCアフィリエイター、広告プラットフォーム(GoogleやYahoo!)ともにウインウインの関係が成立することです。

それにもかかわらず、Yahoo!はPPCアフィリエイトを規制しました。

規約変更では、完全に停止と記載されているわけではありません。

しかし、「広告のクリック等をさせることを主目的としているもの」に該当するサイトは掲載不可とあります。

ですから、実質的にはPPCアフィリエイトは全面停止と考えてよいでしょう。

ちなみにYahoo!検索サイトだけでなく、Yahoo!が提供するサービス、および提携パートナー上での広告掲載もできません。

(2)Googleの検索アルゴリズム変更で健康系サイトが困難に

Googleのアルゴリズム変更は、サプリメントや健康商材などの案件で稼いでいた多くのアフィリエイターを直撃しています。

最近のGoogleは、YMYLサイトについて、検索上位に表示する基準をますます厳しくしています。

YMYLサイトはYour Money Your Lifeサイトの略で、命とお金、つまり 医療・健康サイトのような人の命に関する情報を取り扱うサイトと、投資や金融などの人の経済に影響を与えるサイトの総称です。

もともとGoogleは審査基準がYahoo!よりも厳しい傾向がありました。

今ではますます「ペラサイト」と言われる、画像と購入ボタンと説明文だけの簡単なページは、かなり順位を下げられるようになってしまいました。

コンテンツがしっかりしていないと、GoogleのPPCでも稼ぎにくくなっています。

(3)ライバルアフィリエーターの増加

PPCアフィリエイトは、比較的シンプルな作業で稼げるので、どうしてもライバルが増えやすいです。

これまで一般的なアフィリエイトで、SEOに苦しんでいた人たちがPPCアフィリエートに乗り換えています。

そのため、PPC広告のクリック単価が少しずつ上がってしまい、以前のように効率よく稼ぐのが難しい状況です。

(4)低品質なPPC広告の増加

一部のPPCアフィリエイターは利益率を上げるために、誇張した広告表現、虚偽表現を使い、成約率を高めようとしていました。

代表的な例では、「このサプリで1週間で6kg痩せました」というような書き方です。

このような広告は、薬機法にも明確に違反しています。

また芸能人が使って効果が出ているかのような印象を与える写真やコメントを使った偽造広告も出回りました。

このような低品質広告の増加が、Yahoo!の規約変更やGoogleのアルゴリズム変更につながっている原因です。

では、これからのPPCアフィリエイトはどのように戦っていけばいいのでしょうか?

Google広告でPPCアフィリエイトをはじめよう

Yahoo!でPPCアフィリエイトが禁止になった以上、次にやるべきはGoogle広告でPPCアフィリエイトをはじめることです。

しかし、Google広告でPPCアフィリエイトをどうやってはじめればいいのかわからないという方もいるでしょう。そこで、今回、Google広告でPPCアフィリエイトの審査を通す方法を無料で紹介しているオンラインセミナーをご紹介します。

こちらのセミナーは登録するだけでGoogle広告の審査を通す方法がわかるだけでなく、Google広告では審査を通すための必須の絞り込み検索のWordPress用プラグインを無料で配布中です。

いつまでセミナーが開催されているかわからないので、早めに申し込んでくださいね。

Google検索広告向けPPCアフィリエイト審査対策セミナーの詳細はこちら

 

PPCアフィリを自動化して毎月100万円稼ぐ「PGCメールセミナー」

PGCとはPPCアフィリエイトをGoogle広告のAIを使って完全自動化する無料メール講座です。

PGCメールセミナーに参加すると、Google広告でアフィリエイト出稿するために必要な絞り込み検索ツールを無料プレゼントします。

4日間に渡ってPPCアフィリエイトを自動化する方法について学ぶことができますので、下記から今すぐご参加ください。

関連記事

  1. 【アフィリエイトおすすめ】ASPタイプ別59社完全比較ランキング

  2. 【最新完全版】レベル別おすすめアフィリエイト参考本31冊ランキング

  3. Yahoo!にPPCアフィリエイトを出す方法7選

  4. PPCアフィリエイトのコンサルを受ける2つの理由とコンサル選び7つの鉄則