Web広告がテレビ・ラジオ・新聞・雑誌広告に断然勝る5つのメリットとは?

Web広告は従来の広告と比べてどのようなメリットがあるの?

このように悩んでいませんか?

Web広告は、広告の種類や課金方式を理解し自社に最適な広告を選択することで、高い費用対効果を実現できる広告です。

マーケティングDXを支援するデジマチェーンが、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌広告などの、いわゆる従来の「マス広告」と比較した際のWeb広告(ネット広告)のメリットを説明します。

この記事を読んでWeb広告の基本情報を理解し活用することで、自社の売上アップにつなげることが期待できます。

Web広告に強い広告代理店の一覧も付いた「【決定版】ネット広告始め方!」は以下です。

1.Web広告とは?

Web広告とは

Web広告とは、インターネットのサイト上やメール、SNSに掲載される広告のことを指します。

企業が製品やサービスを宣伝するために行う広告活動の1つです。

インターネット広告ネット広告オンライン広告などと呼ばれます。

企業が作成する自社サイト(ホームページやオウンドメディア)も、広い意味でWeb広告と称する場合があります。

代表的なWEB広告は11種類でそれぞれターゲットが異なる

Web広告の代表的な11種の概要とターゲット層を以下で紹介します。

広告名 概要 ターゲット
リスティング広告 検索エンジンに配信される広告。ユーザがキーワード検索を行った際にキーワードに連動した広告を表示 顕在顧客
アフィリエイト広告 広告を通じて資料請求・会員登録・購入などが発生した際に費用が発生する広告 潜在顧客
アドネットワーク広告 業者を介して複数サイトに一括で広告を掲載させる広告手法。さまざまな媒体に出稿する際の手間を効率化 潜在顧客
顕在顧客
DSP アドネットワーク広告をさらに進化させ、複数のアドネットワークに広告配信できるツール 潜在顧客
顕在顧客
リターゲティング広告 過去にサイトを訪問したユーザに対して再度広告を掲載する手法 顕在顧客
ネイティブ広告 ニュースサイト記事やSNSフィードの中に混じって自然に表示される広告 顕在顧客
SNS広告 FaceebookやTwitterなどのSNS上で配信される広告 潜在顧客
顕在顧客
既存顧客
動画広告 動画で作られた広告。動画共有サイトに投稿される場合と従来の画像広告枠に掲載される場合あり 潜在顧客
顕在顧客
メール広告 電子メールを使ってさまざまな会社が保有する顧客に対して広告を配信する手法 既存顧客
記事広告 人気メディアなどに記事を配信してもらう広告形態 顕在顧客
純広告 Webサイト内の広告枠を一定期間買い取り、広告を掲載する手法 潜在顧客

2.Web広告を集客に活用する5つのメリット

5つのメリット

Web広告を集客に活用する場合の具体的なメリットを以下の5点に分けて説明します。

Web広告が従来のマス広告(テレビ・ラジオ・新聞・雑誌広告)に比較してどんな強みがあるかはっきり分かるでしょう。

  1. 細かな広告ターゲティングができる
  2. 見込顧客とネット上で双方向にやり取りができる
  3. 広告のネット集客効果を測定し改善できる
  4. 少額の広告予算からはじめられる
  5. 即効性が期待できる

順番に説明します。

細かな広告ターゲティングができる

細かなターゲティング

Web広告の大きなメリットとして、細かなターゲティングができることが挙げられます。

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌広告では、ある程度の性別や年齢層を絞り込む程度しかできません。

もちろん、マス広告は幅広いターゲットにアプローチすることが得意という言い方も可能でしょう。

商品やサービスの認知度アップを図りたい場合には、まだインターネットを使うよりマス広告に軍配が上がります。

しかし、狙ったユーザにピンポイントでアプローチするのはネット広告が得意です。

Web広告では、ユーザの性別・年齢・住んでいる地域などの基本的な情報に加え、興味・関心などのデータも利用して細かくターゲティングができます。

さらに、Webの行動履歴や検索履歴からも最適なターゲットを設定することも可能です。

Web広告の中でも特にFacebook広告は、家族構成・恋人の有無・学歴・職歴など非常に細かなデータを精度高くターゲティングすることができます。

また、アドテクノロジーの技術が発展したおかげで、広告の表示回数や表示させる広告クリエイティブまで指定することもできるようになりました。

このように、Web広告は広告を誰に見せるかを設定し、ターゲット層に集中的に広告を配信できるという点で非常に優れた広告手段です。

見込顧客とネット上で双方向にやり取りができる

双方向のやり取り

Web広告は、広告を一方的に配信するだけではなく、ユーザと双方向のやり取りを行うことが可能です。

従来のマス広告では、広告を見たユーザがアクションを起こすには営業時間を待ったり、店舗を訪問するというようなタイムラグが発生します。

この間に意欲がそがれたり、アクション自体を忘れてしまったせいでせっかくの機会を損失してしまうケースもあり得ます。

その点、Web広告はパソコンやスマホを利用して、即座に商品を購入したり問い合わせしたりといった次のアクションにそのまま進むことが可能です。

このように、Web広告はユーザと双方向にやり取りできるインタラクティブ性の高さがメリットと言えます。

広告のネット集客効果を測定し改善できる

効果を測定

Web広告は、配信後に効果を測定し、その結果を見ながら改善を図ることが可能です。

Web広告の場合、広告を見た人数・クリックした人数・購入した人数などといった詳細なデータを取得し、分析することができます。

これらのデータを分析できる有名なサービスとして、Googleアナリティクスが挙げられます。

従来のマス広告では、アンケート等で広告を見た人数は把握できたとしても、その中の何人が次のアクションにつながったかを知ることは困難です。

また、マス広告の場合は運用中にスピーディに変更を加えることは難しいことが多いです。

Web広告だからこそ、広告を起点としてどれだけの成果が出たのかを詳細に分析することが可能になるのです。

さらに、Web広告は、分析した情報を元に、設定変更等の簡単な作業だけで手軽に改善を図ることができます。

このように、Web広告は、配信後に効果を測定することができ、そのデータを分析して改善を図ることが可能です。

少額の広告予算からはじめられる

少額からはじめられる

Web広告は、少しの広告予算から取り組みはじめることができます。

Web広告は、細かなターゲティングができるため、絞り込むエリアを限定すれば、少額で広告を始められるのです。

一方、テレビCMや新聞広告のようなマス広告では、一定量以上の広告を必ず出さなくてはいけなかったり、広告の準備にまとまった費用がかかる場合が多くあります。

ですからテレビ・ラジオ・新聞・雑誌広告は、ある程度の広告予算を確保できる大きな企業の独壇場でした。

WEB広告には課金方法にもさまざまな種類があるため、クリックやアクションなどの成果がでない限りは課金されない方式の広告も多く存在します。

このように、Web広告は低予算でも広告を掲載することが可能です。

Web広告の課金方式については、以下の「【決定版】ネット広告始め方!」をご覧ください。

即効性の集客が期待できる

即効性

Web広告は、スピーディーに効果を実感することができます。

Web広告の場合、費用や広告の品質が確保できればすぐに効果的な広告を打ち出すことができるからです。

Webマーケティングにおいて、Web広告を出す以外にもSEO(検索エンジン最適化)やLPO(ランディングページ最適化)といった手法があります。

しかし、これらの方法は、対策を施した後に結果が出るまでに一定の時間が必要です。

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌広告は、出稿までに検討・制作と長い時間がかかります。

Web広告は運用を開始した直後から効果を発揮できる場合があります。

このように、「すぐに認知度を上げたい」「コンバージョン数を早く増加させたい」という場合にはWeb広告がおすすめです。

まとめ:ネット広告でスピーディかつ柔軟な広告戦略

この記事では、Web広告の概要や広告の11個の種類を紹介するとともに、Web広告の5つのメリットも紹介しました。

Web広告は、ターゲティングの細かさやユーザとの双方向のやりとりができることが特徴の費用対効果の高い広告手段です。

また、広告の種類や課金方式、出稿時の注意点、評価指標などを理解しておくことで、自社の目的に合った広告を選択することができます。

ぜひこの記事を読んでWeb広告の基本的な知識を身に付け、自社の売り上げアップにつながるWeb広告にチャレンジしてください!

Web広告に強い広告代理店の一覧も付いた「【決定版】ネット広告始め方!」は以下です。

Google広告運用ガイド