最強集客ツール?!Twitter始め方!使い方!集客力の測り方!

こんな悩みありませんか?

Twitterが集客に使えると聞いたが会社アカウントの取り方がわからない

ツイッターで集客販売促進ができるなら、ぜひ活用方法を知りたい

Twitterが売上にどれくらい貢献しているのかまったく手応えがない

Stock footage provided by Videvo, downloaded from https://www.videvo.net

Twitterを活用した集客、販売促進が人気ですが、うまく活用しきれずに、上記のような悩みを持つ方も多いようです。

実は、Twitterでの集客はほぼノーリスク、しかも少しの手間で多くの潜在顧客や見込み顧客にアプローチすることが可能です。

最終的には、Twitter経由でブログやホームページに切れ目なく顧客を誘導して、集客販売実績を向上させることができます。

そこで今回は、Twitterとは何かという基本的なことから、集客に利用するためのコストメリットデメリット、効果的な使用方法、などについて解説します。

1.集客に使える Twitterとは何か?

Twitter(ツイッター)は、始める際と運用する際のハードルの低さゆえにユーザー数が多く、多くの集客を見込めるSNSです。

Twitterは日本国内でユーザー数がもっとも多いSNSと言われています。

ユーザー数には変動がありますが、だいたいFacebookは国内で2,800万人程度、Instagramが2,000万人程度であるのに対し、Twitterは4,500万人程度とのことです。

つまり、FacebookとInstagramのユーザー数を合わせて、やっとTwitterのユーザー数に追いつきます。

Twitterはアカウント作成が簡単で、最大140文字という制限ゆえに短文の投稿中心であることが、多くのユーザーを引きつける要因です。

特に日本では月間アクティブ率(実際に使用しているユーザー)が7割を超え、利用頻度が高まっています。

Twitterは、手軽に、そしてダイレクト潜在顧客見込み顧客にアプローチできる可能性を持った強力な集客ツールと言えるでしょう。

2.Twitter集客の費用

Twitter集客に費用はかかりません

Twitter広告を出稿しないかぎり、アカウント作成も投稿も無料です。

うまく活用すれば無料で投稿が拡散され、不特定多数のユーザーに見られる可能性があります。

それが集客、販売につながる投稿であれば、直接的に実績につながるのです。

3.集客における Twitterのメリットとデメリット

Twitterを最大限活用するためには、以下のようなメリット、デメリットの両面を知っておく必要があります。

メリット デメリット
投稿がフォロワー全員に届く 発信する情報の情報量に制限がある
リツイートでフォロワー以外にも拡散する 投稿が埋もれやすい
手軽に投稿できる 投稿回数を増やさないと見られない
フォローされやすい 宣伝の投稿をし過ぎると印象が悪い

それぞれ説明していきましょう。

(1)集客における Twitterのメリット

Twitterには以下のようなメリットがあります。

  1. 投稿がフォロワー全員に届く
  2. リツイートでフォロワー以外にも拡散する
  3. 手軽に投稿できる
  4. フォローされやすい

要約すると、Twitterは拡散力と手軽さで優れた集客ツールと言えます。

Instagramのように写真や動画を投稿する必要はないので、簡単に投稿でき、投稿への心理的な障壁も低いでしょう。

内容がよく練られた投稿は、Twitter特有のリツイート機能(投稿の転送)でフォロワー以外のユーザーの目にも拡散する可能性があります。

Twitterは、情報を受け取った人が、その情報が面白い、価値がある、役に立つと思ったら、今度は情報発信者になって、その情報を発信するのです。

1回Twitterで情報発信するだけで、瞬く間に情報が拡散し、広告効果が上がって多数の集客が可能になります。

またInstagramなどの画像系SNSでは、写真や動画が多いため、スマホの画面上で1つの投稿の占める面積(存在感)が大きくなりがちです。

そのため、画像系SNSでは、あるユーザーをフォローするかどうか決める際の基準が厳しくなる傾向があります。

よほどのお気に入りでないとフォローまではしないというのが、画像系SNSユーザーの特徴です。

そして、少しでも邪魔な投稿をするアカウントと感じれば、耐えられない「ノイズ」だと判断してフォローを外してしまいます。

一方Twitterは、投稿が短文中心なので、「ノイズ」になりにくく、気軽にフォローされやすいです。

また、Twitterは、いったんフォローされれば外されにくいという特徴もあります。

集客では、なるべく多くのユーザーの目に触れた方が実績につながるため、他のSNSに比べてTwitterの拡散力手軽さには大きなメリットがあると言えるでしょう。

(2)集客における Twitterのデメリット

一方で、Twitterには以下のようなデメリットがあります。

  1. 発信する情報の情報量に制限がある
  2. 投稿が埋もれやすい
  3. 投稿回数を増やさないと見られない
  4. 宣伝の投稿をし過ぎると印象が悪い

Twitterは情報発信のボリュームに140文字と言う上限があります。

このライトな情報量が気軽に取り組めるメリットでもありますが、役に立つ価値があるという情報をギュッと詰め込まなければ集客効果が上がりません。

Twitterは気軽に投稿できて拡散力もありますが、逆に見過ごされることや、拡散も一過性で終わりやすいというデメリットもあります。

次から次へいろいろな人が新たに投稿するため、自分の投稿がどんどん埋もれていくのです。

Twitterは人気SNSのためユーザー数が多く、一人一人の平均フォロワー数が多い特徴があります。

なおかつ短文でどんどん投稿されるので、投稿を見てもらえないことも多いのです。

だからといって、たとえば同じ商品、サービスに関する投稿を何度も繰り返すと、毎回見ているユーザーにとっては迷惑かもしれません。

何回も投稿してようやく目に留めるユーザーもいれば、逆にマメにTwitterを見ていて、投稿するたびに目にしているユーザーもいるということです。

同じ商品に関する投稿であろうと、異なる切り口から説明することでバリエーションをつけた投稿をするように気をつけましょう。

また、同一アカウントを複数人数で運用する場合は、同じ時間帯に投稿が集中しすぎないように調整することが重要です。

4. Twitter集客の始め方

Twitterは、公式ウェブサイト、またはスマホアプリからアカウント登録すればすぐに始めることができます。

スマホアプリ(アンドロイド)はこちらからダウンロードできます。

iOSはこちらからダウンロードできます。

Twitterのアカウントを作るために必要な情報は「メールアドレス」か「電話番号」だけです。

登録時はユーザー名名前パスワードを登録すれば、簡単にアカウントを作成できます。

Twitterは1人で複数のアカウントを持てるので、個人用と会社・店舗用のアカウントを使い分けることも可能です。

会社用アカウントでの投稿を、個人用アカウントでリツイートして拡散することもできます。

Twitterのアカウントを取得したら自店舗のプロフィール写真を設定します。

見た目にインパクトがあり、他のアカウントと差別性のある写真を設定しましょう。

Twitterユーザーは毎日多くのツイートを受信するので、一目でその店舗や会社だとわからなければならないからです。

ここまで済んだらさっそくツイートして情報を発信したり、見込み顧客になってくれそうなユーザーをフォローしましょう。

Twitterでは、自分をフォローしてくれたアカウントをチェックして問題なさそうであれば、フォロー返しと言って自分も相手のフォロワーになる一種の「習慣」があります。

このフォロー返しの習慣をうまく利用して、自店舗のフォロワーを増やしましょう。

5. Twitterで効果的に集客する方法

Twitterで効果的に集客するためには以下について知っておく必要があります。

  1. Twitterで用いられる指標を知る
  2. 投稿数を増やす
  3. 投稿する時間を考える

それぞれ説明していきましょう。

(1) Twitterで用いられる指標を知る

Twitter集客でよく用いられる指標は以下です。

  1. フォロワー数
  2. インプレッション数
  3. リツイート数
  4. リンククリック数
  5. プロフィールクリック数
  6. ハッシュタグ

それぞれ説明します。

#1.フォロワー数

フォロワー数とは、自分のアカウントをフォロー登録している人の数です。

Twitterでは、基本的にフォロワー全員に投稿が見える仕組みになっているため、フォロワーの数が多ければ多いほど、そこから集客につながる可能性が高くなります。

もちろん、単純にフォロワー数と集客数が比例するわけではなく、フォロワーの量、質ともに重要です。

#2.インプレッション数

インプレッション数はユーザーがツイート(投稿)を見た数です。

ツイートごとにインプレッション数が表示されます。

#3.リツイート数

リツイート数はユーザーがツイート(投稿)をリツイート(拡散)した数です。

RT数と表示されることもあります。

ツイートごとにリツイート数が表示されるので、拡散力の高い投稿の種類を見極めることが可能です。

#4.リンククリック数

リンククリック数は、ツイート(投稿)内のリンクURLをクリックした人の数です。

#5.プロフィールクリック数

プロフィールクリック数は、ツイート(投稿)から投稿者のプロフィールをクリックした人の数です。

プロフィール欄にはサイトURLや集客に直接つながるリンクを貼ることができます。

そのため、プロフィールクリック数が伸びると集客につながりやすいです。

#6.ハッシュタグ

ハッシュタグは、その投稿の種類やカテゴリーを表すキーワードです。

投稿する際に、「#キーワード 」で投稿内に記載します。

複数のキーワードを設定する場合、半角、もしくは全角のスペースで間隔を空けます。

たとえばタピオカが人気のカフェの投稿をする場合、以下のようにハッシュタグをつけて投稿できます。

#タピオカ #カフェ

多くのユーザーはハッシュタグで投稿を検索するので、そこからヒットしてインプレッションにつながる可能性があります。

ハッシュタグは検索数の多そうなキーワードで設定する必要があります。

しかし、人気すぎる(検索数が多すぎる)キーワードでは、投稿数も多いため投稿がタイムラインの下の方に埋もれてしまいがちです。

なるべく検索数がそこそこに多くて、なおかつ投稿数多すぎないハッシュタグを選びましょう。

Twitterの高度な検索機能を使うと、特定の期間に、特定のハッシュタグでどれくらい投稿されているのか、どのような投稿がされているのか調べることができます。

(2)まずは投稿数を増やす

Twitterは短文の投稿が基本なので、投稿数で勝負するのが王道の手法です。

とはいえ、もちろんまったく中身のない投稿を増やしても意味がないどころか、フォローを外されかねません。

集客につながるような投稿数を増やす必要があります。

#1.なぜコンスタントな投稿が重要なのか

Twitterは投稿が時系列になっていて、他のユーザーの投稿に埋もれてしまう仕様です。

投稿作業にかかる1日当たりの負担はそれほど大きくないかもしれませんが、投稿の質を保ちながら継続するとなると大変でしょう。

多くの方は、特定の日のみ多く投稿して、それ以外の日は投稿しない、といった手法を取っています。

しかし、他のユーザーの投稿に埋もれてしまわないためには、短期間で一気に投稿数を増やすより、コンスタントに投稿することの方が重要です。

#2.1日に何回投稿すべきか?

最低でも1日1回は投稿するようにしましょう。

企業や店舗によっては1日に10回以上投稿している企業もあります。

ただしユーザーの反応を見て、明らかに投稿がスルーされているようなら投稿数を多少減らした方が良いでしょう。

例えば、インプレッション数が少なかったり、リツイート数が減少するようであれば見直しが必要かもしれません。

いくら投稿がユーザーの目に留まっても、迷惑に思われたら本末転倒です。

ユーザーの目に投稿が触れて、興味や親近感を持ってもらうこと、そこから集客につなげることが目的です。

(3)最大効果を狙える時間帯に投稿する

Twitterによる集客は、潜在顧客や見込み顧客がTwitterを使用しているリアルタイムの時間で投稿しなければ効果が上がりません。

Twitterはユーザー数、一人あたりの投稿回数ともに多く、投稿が埋もれやすいからです。

潜在顧客や見込み顧客がTwitterを実際に使用している時間に投稿することで、投稿が埋もれてしまう前にユーザーの目に触れる確率が高くなります。

ピンポイントでユーザーの見ているタイミングを狙いましょう。

その時間帯を見極めるのに役に立つ2つの統計がこちらにありましたので説明します。

#1.投稿に適している時間帯は?

Twitter投稿作業の狙い目は11時~12時ごろ、14時~16時ごろ、20時~21時ごろになります。

以下のグラフは、平日のツイート数の推移です。

引用元 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000022240.html

このグラフから、1日のうち最もツイート数・投稿人数が増加するのは21時台であることがわかります。

2番目のグラフは、平日のリツイート数の推移です。

引用元 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000022240.html

このグラフから、5時・11時・15時・20時のツイートが最もリツイートされる可能性が高いことが分かります。

この時間帯は、どちらかというとTwitterを受動的に見ているユーザーが多いのでしょう。

ですから、具体的には11時~12時ごろ、14時~16時ごろ、20時~21時ごろが投稿作業の狙い目です。

もちろんこの時間帯を狙って投稿している企業は多いのでその分競争率は高いと言えます。

しかし、Twitterは時系列で投稿が表示されるので、時間帯をずらして投稿するメリットは薄いです。

ユーザーがTwitterを見ているタイミングに投稿するのがベストです。

6. Twitterの集客効果を検証する

Twitterの集客効果は、Twitter公式ツールであるTwitterアナリティクスを活用すれば測定できます。

Twitterアナリティクスの場所は、Twitterにログインし、上記のサンプル画面のように左欄のメニュー欄です。

集客効果を検証する際に留意しておくべき、集客の重要ステップは以下の2段階です。

  1. 投稿が見られていること
  2. 投稿から集客につながっていること

それぞれのステップで集客効果をどのように測れるでしょうか?

#1.投稿が見られていること

まず、投稿が見られないとTwitterからの集客はできません。

そのため最初に重要になるのがインプレッション数(投稿表示回数)です。

どのような投稿がよく見られているかを検証し、見られる投稿について考えましょう。

しかし、投稿が見られるだけで集客につながるとは限りません。

集客につなげる場合、ホームページ・ランディングページ・ブログに誘導するのが王道です。

ホームページやランディングページやブログのURLは、投稿内に記載できます。

#2.投稿から集客につながっていること

投稿からリンクがクリックされた回数は、投稿ごとにリンククリック数で確認可能です。

インプレッション数に対するリンククリック数の割合=リンククリック率も、その投稿の集客力を測る重要な指標になります。

まとめ

Twitterは集客に効果的なツールで、なおかつ拡散されて爆発的な威力を発揮してくれます。

普段の投稿や集客の仕組みを見直すことは重要なのですが、焦らずに長期的に運用していくこともTwitter運用のコツです。

日々投稿していればタイミングがうまくマッチしてバズったり(話題が広がったり)、そうでなくても徐々に効果を発揮してくるものです。

Twitter集客は、手軽にほぼコスト0で始められる事がメリットですが、日々の業務に加えてTwitterの継続的な発信・運用に取り組むには時間も労力も必要です。

事業全体のコストパフォーマンスを考えると、Twitterマーケティングのノウハウが豊富な専門家へ運用を代行してもらうことを検討してもいいでしょう。

関連記事

  1. 集客コンサルは救世主?依頼する前に知っておきたい4つのデメリット

  2. 読者にメールを閉じさせない!効果的なメルマガ装飾5選と3つの注意点

  3. 1ヶ月で違いが出る!新規顧客を速攻で獲得できる5つの方法

  4. Facebook広告のターゲティング方法と3つの注意点を解説!

  5. 最強集客ツール?!メルマガ始め方!使い方!集客力の測り方!

  6. マーケティング オートメーション(MA)とは?おすすめツール3選