Twitter広告は難しくない!配信のための3つの設定手順

「Twitter広告に興味あるけど手順がわからない」
「Twitter広告をはじめてみたいが設定が難しそう」

広告運用者の方で、このような悩みを感じたことはありませんか?

実は、Twitter広告は正しい手順を踏まえれば設定は決して難しくありません

独特の設定項目にはじめは戸惑うかもしれませんが、慣れてしまえば簡単に配信設定を行うことが出来ます

そこで今回は、Twitter広告の設定手順について解説します!

この記事で配信のための設定手順を理解し、Twitter広告にチャレンジしましょう!

1.Twitter広告とは

Twitter広告とは、その名が示すとおりTwitterに配信できる広告のことです。

今やTwitterは国内だけでも4,500万人以上のアクティブユーザーを抱えるTwitterは、利用者の年代層も広く性別もほぼ半々であるため、広告媒体としては非常に価値の高いものとなっています。

さらにターゲティング機能も豊富で、ターゲットへリーチしやすく比較的安価で集客できるため、今最も人気の広告媒体のひとつといえるでしょう。

もちろん広告を利用しなくても、無料で作成できるTwitterアカウントでユーザーにアプローチすることは可能です。

しかし、Twitter広告を利用することで、フォロワー以外にもリーチすることができTwitterでのマーケティングがより効果的になります。

さらに、Twitter広告はただコンバージョンを獲得するだけが目的ではありません。

Twitterアカウントのフォロワーを増やして顧客マネジメントをより強固なものにしたり、アプリの休眠ユーザーを復帰させるなど、工夫次第で様々な活用方法ができるのです。

2.Twitter広告を設定するための3つの事前準備

Twitter広告を配信するためには、事前に対応しておくステップがあります。

基本的に、ここで挙げている手順については1度完了すれば再度行う必要がありません。

しかし、何らかのトラブルがTwitter広告に起こった場合には原因究明のための調査対象になるため、設定者はもちろん運用を引き継いだ方も手順について正しく理解しておきましょう

  1. アカウントを用意する
  2. クレジットカードを用意する
  3. タグを発行・設置する

それぞれ詳しく説明します。

(1)アカウントを用意する

Twitter広告を配信するには、Twitterアカウントが必須です。

すでにアカウントを開設している場合にはそのまま利用することができます。

しかし、アカウントのステータスが非公開退会済み凍結のいずれかに当てはまる場合は、Twitter広告を利用することが出来ません。

またTwitterアカウントを持っていなかったり、広告用に新たにアカウントを作成したい場合には、アカウントを新規開設する必要があります。

ただし、Twitter広告を設定する条件として、対象となるアカウントが最低でも2〜3週間ほど稼働している実績が必須となっています。

アカウント開設直後やしばらく使っていなかったアカウントでは、すぐに広告を配信することが出来ない点に注意しましょう。

(2)クレジットカードを用意する

Twitter広告の支払いには、クレジットカードが必要となります。

利用できるブランドはVisaMasterCardAmerican ExpressJCBのいずれかとなるので、広告配信前に用意しておきましょう。

クレジットカードを持っていない人は、上記のいずれかのクレジットカードを入手しておきましょう。

(3)タグを発行・設置する

Twitter広告で効果計測するには、タグを発行し成果点となるページに設置する必要があります。

このタグを正しく設置しないと、広告の効果計測や効果改善が正しく行われず、最適化がされないまま広告費を消化してしまうことになりかねません。

ターゲティングや除外設定にもタグを使用するため、アカウントを発行したらなるべく早く発行・設置しましょう。

また、Twitter広告の管理画面にはタグのステータスが確認できるため、設置が完了したら正しくトラッキングされているか確認することをお忘れなく。

なお、タグの種類にはユニバーサルウェブサイトタグ単一イベントウェブサイトタグの2種類があります。

ユニバーサルウェブサイトタグ 1つのタグで複数のページが計測できるキャンペーン共通タグ
単一イベントウェブサイトタグ 特定のコンバージョンやイベントのページごとに発行するユニーク形式のタグ

それぞれのタグの動作の違いについても理解しておきましょう。

3.Twitter広告を出稿するための3つの設定方法

事前準備ができたら、次は広告配信に関する設定します。

Twitter広告は、キャンペーン広告グループクリエイティブの三段階で構成されています。

各構成の役割は以下の通りです。

キャンペーン プロモーションの目的の設定、及び広告グループをまとめて管理する
1つのプロモーションにおいて原則1キャンペーン
広告グループ オークションに入札する単位であり、配信について細かく設定できる
キャンペーン内に複数作成できる
クリエイティブ ユーザーに対して画像やテキスト、動画等で訴求する
1つの広告グループに対して複数設定できる

一度作成するだけでなく、配信開始後も運用内容に合わせながら適宜設定変更しましょう。

以下では上記3つの作成手順を順に説明します。

(1)キャンペーンの作成

キャンペーンでは、主に広告配信全体に関わる内容について設定します。

具体的には、キャンペーンの目的支払い方法予算キャンペーンの開始日・終了日があります。

順に説明します。

#1.キャンペーンの目的の設定

Twitter広告のキャンペーンでは、広告配信の目的を設定します。

配信するTwitter広告で獲得したい項目を一覧の中から選択しましょう。

Twitter広告キャンペーン目的一覧
  • アプリインストール数
  • プロモビデオ再生数
  • インストリーム動画再生数(プレロール)
  • フォロワー
  • ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョン
  • ブランド認知度の向上
  • ツイートのエンゲージメント
  • アプリの起動回数

この設定は後の広告配信に大きく影響を与えるため、広告配信のKPIに合わせて正しく設定しましょう。

#2.支払い方法の設定

支払い方法として、主に登録したクレジットカードを選択します。

画面の指示に従って必要情報を設定しましょう。

#3.予算の設定

キャンペーン全体の予算を設定します。

日々の上限予算に加え、オプションとして総予算も設定できます。

#4.キャンペーンの開始日・終了日の設定

キャンペーンの広告配信開始日及び終了日に関する設定します。

ここで「今すぐ開始して、継続的に実施」を選択すると、開始日・終了日を指定せずに広告配信することが出来ます。

「開始日と終了日を設定」を選択すると、日付の入力欄が表示されるため、任意の日付を入力しましょう。

(2)広告グループの作成

広告グループでは、実際にTwitter広告を配信するための設定を行います。

大きく分けて配信スケジュール予算入札ターゲティングの項目があります。

以下ではそれぞれの設定手順を説明します。

#1.開始・終了時刻の設定(オプション)

広告を配信したい時間帯を指定する場合、その開始時刻・終了時刻を設定します。

設定しない場合は全時間帯に配信されます。

#2.予算の設定(オプション)

キャンペーンとは別に、広告グループ単位でも上限予算を設定することができます。

ここで予算を設定すると、キャンペーン全体の予算が余っていても広告グループの予算に到達するとその広告グループは配信が停止します。

つまり、1つのキャンペーン内において複数の広告グループの予算を設定することで、限られた予算の中で広告グループ毎に配信ボリュームを調整できるようになります。

なお広告グループの予算を設定しなかった場合は、キャンペーンで設定した予算がそのまま使用されます。

#3.入札の設定

入札方法は自動入札額目標コスト上限入札単価の3タイプがあり、それぞれ広告配信のKPIに合わせて設定します。

自動入札額 予算内で広告配信を最適化するために、自動で入札単価が決定される
上限入札単価 目的となるエンゲージメント1件に対する入札の上限単価を設定する
目標入札単価 目的となるエンゲージメント1件の獲得に対する目標単価を設定する

このうち、上限入札単価と目標入札単価についてはそれぞれ金額を入力します。

この入札設定によって予算の消化スピードや広告配信オークションでの入札が大きく変わってくるため、初期設定だけでなく配信後もこまめに調整しましょう。

#4.ターゲティングの設定

広告を配信したいユーザーの特性を設定します。

Twitter広告は、ターゲティング設定項目が多岐にわたるため、幅広いデータの中からユーザーを絞り込んで配信することが可能です。

大きく分けて、以下の9種類のターゲティングから配信設定を行うことが出来ます。

言語ターゲティング 特定の言語を使用しているユーザーに対して広告を配信する
性別ターゲティング 男性または女性に限定して広告を配信する
インタレストターゲティング Twitter上にて特定のカテゴリに興味関心を持ったと思われるユーザーに対して広告を配信する
フォロワーターゲティング 特定のアカウントをフォローしているユーザーや類似したフォロワーに対して広告を配信する
端末ターゲティング デバイスの種類やOSのバージョン、携帯電話会社やWi−Fi接続状況などを指定して広告を配信する
行動ターゲティング ネットショッピング履歴や検索ワードなど、Twitter以外での行動に基づいて広告を配信する
テイラードオーディエンスターゲティング 計測タグなどによる、広告運用者が独自に保有しているデータリストを用いて、Twitterの特定のユーザー層へ広告を配信する
キーワードターゲティング ユーザーが最近行ったツイートや検索に含まれるキーワードを指定して広告を配信する
地域ターゲティング 全世界の中から特定の地域を指定して広告を配信する
日本は都道府県単位まで設定可能

どのようなユーザーに配信したいか、ターゲットとなるユーザーの特徴を考えて設定しましょう。

なお、これらのターゲティングはかけ合わせすぎると配信ボリュームが極端に少なくなってしまう恐れがあります。

ターゲティングによる広告効果の違いを可視化するためにも、広告グループを複数作成し、1つのキャンペーンにつき1つのターゲティングを採用することをおすすめします。

Twitter広告のターゲティングについて詳しくは以下の記事をご覧ください。

ターゲティングは重要!9種類のTwitter広告ターゲティング

2019.05.02

(3)クリエイティブの作成

広告グループの設定ができたら、次にクリエイティブを作成します。

Twitterの広告として配信できるクリエイティブには、以下の10種類があります。

文字のみのツイート 140字以内のテキストとして配信できるクリエイティブ
見た目は通常のツイートとほとんど変わらない
単一の画像付きツイート 文字のみのツイートに、単一の画像が添付されたクリエイティブ
複数の画像付きツイート 文字のみのツイートに、複数の画像が添付されたクリエイティブ
画像の枚数によって配置とサイズが異なる
プロモビデオ 文字のみのツイートに、動画が添付されたクリエイティブ
イメージウェブサイトカード ツイート下部に画像を表示し、サイトへの誘導を促すクリエイティブ
ビデオウェブサイトカード ツイート内に動画を再生し、サイトへの誘導を促すクリエイティブ
イメージアプリカード ツイートに画像を添えて、アプリのインストールや起動を促すクリエイティブ
ビデオアプリカード ツイートに動画を添えて、アプリのインストールや起動を促すクリエイティブ
カンバセーショナルカード 画像や動画を用いたツイートに、独自のハッシュタグ付きCTAボタンを添えることで、ユーザーが簡単にリツイートできるクリエイティブ
ダイレクトメッセージカード 画像や動画にCTAボタンが付いた企業アカウント専用クリエイティブ

このように、クリエイティブによってフォーマットが全く異なるため、訴求内容に合わせた適切なフォーマットを選択することが重要になりますよ。

4.まとめ

この記事では、Twitterの広告設定の手順について解説しました。

Twitter広告は、シンプルな見た目とは裏腹に、非常に設定項目が多岐にわたります

そのため、慣れないうちは戸惑うことも多いかもしれません。

しかし設定手順そのものは単純であるため、慣れてしまえばすぐに作成できるようになるでしょう。

むしろ設定項目が多い分、運用の幅が広がるため、Twitter広告で様々な施策を打つことが可能です。

この記事を参考にTwitter広告を運用し、売上アップを目指してくださいね!

ネット広告で月々1万円から新規顧客を集客しませんか?

「新しいお客さんが見つからない・・・」

あなたは新規顧客の集客にお悩みではありませんか?

売上が思うように上がらず、「次の顧客を何とか見つけなければ」と思うものの、なかなかどうすればいいかわからないものですよね。

そこでおすすめしたいのがネット広告

ネット広告は月々1万円といった低予算から始めることができる広告です。

少ないコストで集客が可能なネット広告は、個人商店や中小企業の経営者に必須のスキルと言えるでしょう。

初めての方でも新規のお客様が見つかるネット広告のノウハウを無料でお伝えします。