TikTok広告は実は3タイプ・おすすめ理由6つ・出稿方法知らずに損していませんか

「TinTok広告って何?どんな種類があるの?」

「TikTok広告ってどんなメリットがあるの?」

「TikTok広告の一般用と企業用の違いは?出稿方法は?」

TikTok広告が他のSNSと比べてどう違うのか、気になっている人も多いのではないでしょうか。

若い世代に人気急上昇中のTikTokだけに、拡散力が大きいのが魅力!

今後はさらに幅広い世代から注目を集めていくと考えられるため、TikTok広告を上手くビジネスに活用していきましょう。

本記事では、TikTok広告の特徴や配信の仕組み、利用するメリット、一般用と企業用の違いについて紹介します。

出稿方法も紹介するので、この記事を読めば、TikTok広告を納得のいく形で運用できるようになりますよ!

週4時間のWeb広告代理店事業をはじめませんか?

デジマチェーンでは起業や副業、新規事業をはじめたい方向けに、Web広告代理店の始め方をお伝えしています。

  • 起業するネタが無くて困っている方
  • 代理店手数料を削減しながら売上を伸ばしたい経営者の方
  • リスク0で副業を始めたい方

向けにWeb広告代理店をはじめるためのガイドブックをプレゼントしています。

Web広告代理店のはじめ方ガイドが欲しい方はこちらをクリック

1.TikTokとは

TikTokとは、15秒間ほどの短い動画を作成、投稿できるSNSです。

スピードを調節しながら撮影をしたり、肌修正機能などアプリ内に実装されている特殊効果を活用したりしながら、誰もが手軽に面白く動画を編集、投稿できるようになっています。

業務提携している音楽聞き放題サービス「AWA」の楽曲を、撮影した動画にBGMとして付けることができることも人気の理由です。

現在では世界150カ国で利用されており、日本でも株式会社AMFが発表した「JC・JK流行語大賞2018」のアプリ部門で1位を獲得するなど中高生を中心に人気を集めています。

現在Tiktokを使う人は若者を中心に急増しており、日本国内では、2018年第四半期時点で月間アクティブユーザーが950万に達するなど、順調にユーザー数を拡大しています。

TikTokのユーザー層は10代に偏っていると思われがちですが、実は世界では約60%が20歳以上というデータがあり、視聴だけのユーザーには20代、30代以上も意外と多いです。

週4時間のWeb広告代理店事業をはじめませんか?

デジマチェーンでは起業や副業、新規事業をはじめたい方向けに、Web広告代理店の始め方をお伝えしています。

  • 起業するネタが無くて困っている方
  • 代理店手数料を削減しながら売上を伸ばしたい経営者の方
  • リスク0で副業を始めたい方

向けにWeb広告代理店をはじめるためのガイドブックをプレゼントしています。

Web広告代理店のはじめ方ガイドが欲しい方はこちらをクリック

2.TikTok広告とは

TikTok広告は、TikTokの拡散性の速さを利用した動画広告です。

TikTokのサービス開始は2016年で、2018年7月から広告の出稿が可能となりました。

5大SNSと呼ばれるTwitter・Instagram・LINE・Facebook・YouTubeに追随して、今後もユーザーが増えていくことが見込めるため、自社製品やサービスをアピールする場として今後はTikTok広告の優位性が高まることでしょう。

多くのフォロワーがいる投稿者はTikToker(ティックトッカー)と呼ばれ、InstagramerやYouTuberなどのインフルエンサーと同様に大きな影響力を持っています。

TikTokerが自社の広告に注目して拡散してくれれば、商品やサービスの認知度があがる仕組みです。

このように、TikTokは、広告媒体としての注目度も日に日に増しており、幅広い世代に向けた広告戦略が期待できるため、上手くビジネスに活用していきましょう!

週4時間のWeb広告代理店事業をはじめませんか?

デジマチェーンでは起業や副業、新規事業をはじめたい方向けに、Web広告代理店の始め方をお伝えしています。

  • 起業するネタが無くて困っている方
  • 代理店手数料を削減しながら売上を伸ばしたい経営者の方
  • リスク0で副業を始めたい方

向けにWeb広告代理店をはじめるためのガイドブックをプレゼントしています。

Web広告代理店のはじめ方ガイドが欲しい方はこちらをクリック

3.TikTok広告は3種類

大きな可能性を秘めたTiktok広告は以下の3種類に分けられます。

  • 起動画面広告はTikTok起動時に全画面で表示
  • インフィード広告はおすすめページに表示されて訴求力高い
  • #チャレンジ広告はユーザーにタイアップ動画を作成してもらう

上記3種類のTiktok広告は、企業向けと一般向け(個人事業主を含む)広告に分けられ、一般向け広告はインフィード広告だけです。

3種類の広告について順に詳しく解説しますので、参考にしてみてください。

起動画面広告はTikTok起動時に全画面で表示

起動画面広告とは、TikTokアプリ起動時に全画面で表示される広告です。

TikTokの起動時に画面に表示されるため、多くのユーザーから目を留めてもらうことができるでしょう。

表示には静止画、GIF画像、アニメーションの使用が可能で、3~5秒間表示できます。

また、広告内にリンクを設置することで、希望のランディングページに誘導することが可能です。

1日1社限定での配信となるため、費用面ではかなり高額になりますが、高い訴求力と拡散力がある広告と言えるでしょう。

インフィード広告はおすすめページに表示されて訴求力高い

インフィード広告は、おすすめページに表示される動画型の広告です。

インフィード広告は、Tiktok上のおすすめページに表示される15秒以内の動画型の広告です。

通常の投稿動画と同様に「いいね」「コメント」「シェア」も付くので、訴求力はとても高いと言えます。

他のTikTok広告と同様にフルスクリーンで広告を表示することができ、広告は自動で配信されます。

インフィード広告は他投稿と同じようなレイアウトで表示されるため、広告を投稿コンテンツのように見せかけ、自然な形でユーザ―に届けることが出来るでしょう。

加えて、広告がフルスクリーン表示されるため、視聴者の目に留まりやすく、認知度が高まる可能性が高いメリットもあります。

また、動画のみではなく、テキストやアクションボタンを設定することが出来るので、目標に合わせた施策を打つことが可能です。

インフィード広告では広告上にリンクを設置することができるので、希望のランディングページへの誘導もできます。

このように、9~15秒の動画で制作されるインフィード広告は、通常の投稿に溶け込み、広告だと気づかれにくく、ゲームや人材紹介、漫画、美容など多くのジャンルで利用されています。

また、インフィード広告には企業向けと個人事業主など一般向け広告が存在します。

#チャレンジ広告はユーザーにタイアップ動画を作成してもらう

#チャレンジ広告とは、お題となるハッシュタグを用意して、手順に沿ってユーザーに動画を作成してもらう(タイアップしてもらう)広告です。

ユーザーの目に留まりやすい上、多くの人に動画投稿に参加してもらうことで注目度を高めることができます。

さらに、#チャレンジ広告の動画投稿をしたユーザーにプレゼント特典などを用意すれば、より多くのユーザーからの投稿が見込めるでしょう。

また、TV番組やCM、流行語と掛け合わせたようなチャレンジも、企業とユーザーの間で一体感が生じて盛り上がります。

最近では、インフルエンサーであるTikTokerをキャスティングするプロモーション手法を取り入れる企業もあります。

#チャレンジ広告は、動画の閲覧だけでなく投稿自体を促していくシステムになるので、バズればブランド認知に大きく貢献することは間違いないでしょう。

週4時間のWeb広告代理店事業をはじめませんか?

デジマチェーンでは起業や副業、新規事業をはじめたい方向けに、Web広告代理店の始め方をお伝えしています。

  • 起業するネタが無くて困っている方
  • 代理店手数料を削減しながら売上を伸ばしたい経営者の方
  • リスク0で副業を始めたい方

向けにWeb広告代理店をはじめるためのガイドブックをプレゼントしています。

Web広告代理店のはじめ方ガイドが欲しい方はこちらをクリック

4.TikTok広告がおすすめな6つの理由

TikTok広告が注目されている理由は、以下の6つです。

  • ターゲット層のエンゲージメントが高い
  • ユーザー層の拡大で宣伝効果が高まる
  • コアなファンの投稿を誘発して、認知拡大を狙える
  • 手軽にオリジナリティある動画作成が可能
  • 共感性を持たせることで購入意向へつながる
  • 海外向けのプロモーションも可能

ここからはTikTok広告が注目されている理由について順に詳しく解説します。

ターゲット層のエンゲージメントが高い

TikTok広告が注目されている1理由は、他のメディアと比較してエンゲージメントが高いからです。

エンゲージメントとは、広告が持つ「引きつけ力」を表します。

App Ape Labによると、「8割近くのユーザーが1日に21回以上起動している」、さらに「51回以上起動しているユーザーも3割近くいる」というデータがあります。

広告はどれだけ多くの人が見てくれるかが勝負ですから、特に10代の中高生をメインターゲットとしている商品やサービスを売りたい場合は、TikTokを活用した広告プロモーションは非常に有効的でしょう。

ユーザー層の拡大で宣伝効果が高まる

TikTok広告が注目されているのは、TikTokユーザー層の幅が広がっているからです。

あるインターネット調査によると、1日6回以上TikTokを閲覧するユーザーは10代が70%以上を占めている一方、1日に1回以上閲覧するユーザーを見ると30%ほどを20代〜30代が占めています。

東京の人気レストランを特集する雑誌「東京カレンダー」がお酒が飲めるお店の紹介するキャンペーン「#東カレグルメ」を行うなど、大学生~社会人をターゲットにしたものも増えてきました。

ユーザーの年齢層が広がったことで、さまざまな業種の企業が参入しやすくなっています。

コアなファンの投稿を誘発して認知拡大を狙える

TikTok広告が注目されているのは、コアなファンの投稿を誘発して認知拡大を狙えるからです。

例えば、スマートフォンで人気のバトルロイヤルゲーム「荒野行動」は「荒野全力顔」という独自フィルター+BGMで自撮り動画を投稿するチャレンジを実施しました。

さらにユーザーの投稿を促すため、プレイ画面をTikTok上にアップすることが可能な公式シェアシステムを設置したのです。

投稿回数によってゲーム内で使用できるアイテムがもらえるキャンペーンも実施しました。

その結果、ハッシュタグを付けて投稿された動画は、視聴回数28億回という驚異的な数字を達成させました。

TikTokとゲームのユーザー層が重なっていることに加え、ゲーム実況動画の流行を上手く汲み取った広告施策は、認知拡大を狙う最善の方法と言えるでしょう。

手軽にオリジナリティある動画作成が可能

TikTok広告が注目されているのは、手軽にオリジナリティある動画作成が可能だからです。

TikTokでは独自の編集フォーマットを利用した動画作成が可能で、従来配信していた動画広告とは異なった配信ができます。

また、音楽と編集を簡単に組み合わせてオリジナルの広告動画を作成することができるので、作業の負担が少ないこともメリットと言えるでしょう。

共感性を持たせることで購入意向へつながる

TikTok広告は、共感性を持たせることで購入へつながられます

広告の場合、動画はテキストや画像よりも圧倒的に訴求力が高く、共感性も高くなります。

動画は視覚と聴覚の両方を同時に刺激することができ、豊富な情報量を直感的に伝えられるためです。

企業が訴求したい世界観を演出し、視聴者をその世界観に引き込んでしまうような魅力ある広告コンテンツを作りましょう。

TikTok広告で、商品の認知と理解を経て購入へとつながるでしょう。

海外向けのプロモーションも可能

TikTok広告が注目されているのは、海外向けのプロモーションも可能だからです。

TikTokは海外でも多く利用されており、米国調査会社センサータワーの調査によると2018年の第1四半期で全世界におけるApp Storeのダウンロード数で1位を獲得しています。

TikTokは口パクで動画配信をし、言語を必要としないものも多いことは、海外向けにプロモーションを検討している企業やブランドとって有益であると言えるのではないでしょうか。

週4時間のWeb広告代理店事業をはじめませんか?

デジマチェーンでは起業や副業、新規事業をはじめたい方向けに、Web広告代理店の始め方をお伝えしています。

  • 起業するネタが無くて困っている方
  • 代理店手数料を削減しながら売上を伸ばしたい経営者の方
  • リスク0で副業を始めたい方

向けにWeb広告代理店をはじめるためのガイドブックをプレゼントしています。

Web広告代理店のはじめ方ガイドが欲しい方はこちらをクリック

5.個人事業主など一般向けTikTokインフィード広告とは

ここでは、一般向け広告のインフィード広告の特徴、出稿方法、について解説していきます。

一般向け広告とは運用型広告のことで、2018年12月からサービス提供が開始された比較的新しい広告形態です。

一般向けインフィード広告はTikTok Ads」と呼ばれる広告配信プラットフォームを用いて出稿することが可能です。

TikTok Adsを用いることで、一般向けインフィード広告は各種ターゲティング設定ができるため、ピンポイントに広告配信を行うことが出来ます。

運用型TikTok広告向けプラットフォーム「TikTok Ads」を用いた広告出稿についてより詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

運用型広告TikTok Adsとは?おすすめな3つの理由と運用のコツ完全解説

一般向け運用型TikTok広告インフィード広告の特徴

ここでは、一般向け運用型TikTok広告、インフィード広告の特徴を紹介します。

インフォード広告は、各種ターゲティング設定ができるため、運用型広告のメリットにはピンポイントに広告配信できることが挙げられます。

一般向け運用型広告は、TikTok Ads」という広告配信プラットフォームを用いて出稿することが可能です。

一般向け運用型Tiktok広告の特徴は以下になります。

  1. 自然にコンテンツに溶け込む
  2. 細かいターゲティング設定が可能
  3. カスタムオーディエンスが可能

それぞれ特徴を紹介します。

#1自然にコンテンツに溶け込む

上記のように、一般向けTiktok広告はインフィード広告のみとなります。

インフィード広告は、Tiktok上のおすすめページに表示される15秒以内の動画型の広告です。

通常の投稿動画と同様に「いいね」「コメント」「シェア」も付くので、訴求力はとても高いといえるでしょう。

他のTikTok広告と同様にフルスクリーンで広告を表示することができ、広告は自動で配信されます。

インフィード広告は他投稿と同じようなレイアウトで表示されるため、広告を投稿コンテンツのように見せかけ、自然な形でユーザ―に届けることが可能です。

また、広告がフルスクリーン表示されるため、ユーザ―の目に留まり認知度が高まりやすいメリットもあります。

また、動画だけではなく、テキストやアクションボタンを設定することが出来るので、目標に合わせた施策を打つことが可能です。

インフィード広告では広告上にリンクを設置することができるので、希望のランディングページへの誘導も可能ですよ。

そのため、インフィード広告はゲームや人材紹介、漫画、美容など多くのジャンルで利用されています。

#2細かいターゲティング設定が可能

引用:TikTokAds_MediaGuide_2019Q4_v1.0

一般向け運用型広告では、細かいターゲティング設定が可能で、配信したいユーザー層にピンポイントで広告配信ができます。

上記の画像のように、TikTok運用型広告では以下の項目を設定して広告配信が可能です。

  • 基本情報
  • 通信環境
  • 興味関心
  • カスタマイズ

さらに、コストパフォーマンスもTikTokの高精度アルゴリズムにより最適化でき、1件の成約の獲得にかかったコストを意味する指標である「CPA」に沿って、適切なコストコントロールができるメリットもあります。

#3カスタムオーディエンスが可能

引用:TikTokAds_MediaGuide_2019Q4_v1.0

広告主が持つ「顧客ユーザのデータ」を元に、以下のようなターゲティンググループを作成することができます。

  • 顧客ユーザ―をさらに絞って配信対象とする
  • 顧客ユーザ―は配信対象とせず除外する
  • 顧客ユーザーに似たユーザーを配信対象とする

このようにターゲティンググループを作成することで、広告効率が非常に高まるので是非試してみてください。

週4時間のWeb広告代理店事業をはじめませんか?

デジマチェーンでは起業や副業、新規事業をはじめたい方向けに、Web広告代理店の始め方をお伝えしています。

  • 起業するネタが無くて困っている方
  • 代理店手数料を削減しながら売上を伸ばしたい経営者の方
  • リスク0で副業を始めたい方

向けにWeb広告代理店をはじめるためのガイドブックをプレゼントしています。

Web広告代理店のはじめ方ガイドが欲しい方はこちらをクリック

6.企業向けTikTokインフィード広告とは

企業向けTikTok広告は一般向け運用型広告とは違い、TikTok内の広告枠を買い取り、掲載する広告を指します。

俗に言う純広告と呼ばれる広告なのですが、一般向け運用型広告と比べるとどうしても高額になってしまいます。

しかし、自社の商品やサービスに関心があるユーザーがよく使う媒体に純広告を利用すれば、見込みの高い顧客に絞ったアプローチが可能です。

企業向けインフィード広告は2タイプ・2種類の契約形態があるのが特徴です。

費用はどちらも高めですが、企業数が限定されているため、独占状態で配信することが出来ます。

このように、企業向けインフィード広告は広告掲載金額は高めですが1日に掲載できる企業数が少ないため、ユーザーの目に触れる機会が多く、効果的と言えるでしょう。

企業向けインフィード広告インフィード広告の2タイプ

広告のタイプ 説明
アクセス促進型 ユーザーがプロフィール画像、ユーザーネームなどをタップした際に、指定したランディングページまたはアプリダウンロードページへ遷移
ブランディング促進型 プロフィール画像は広告主アカウントのページに、楽曲ページは楽曲ページにというようにタップした際の遷移先ページが異なります

インフィード広告の2種類の契約形態

広告の契約形態 説明
One Day Max
  • 毎日1企業独占で、ユーザーがおすすめ欄を見る際に最初に表示される
  • 価格は770万円でアクセス促進型とブランディング促進型の2タイプがあり日本国内のみの配信
Brand Premium 1日につき4企業限定でインフィード広告の最初から80ビデオ内で広告を表示できる

企業向けTikTok広告の出稿方法

TikTok広告を出稿するときは、TikTok運営会社、広告代理店のいずれかに問い合わせる必要があります。

商材とTikTok広告の相性が悪ければ高い広告効果を見込めないため、慎重に検討する必要があります。

広告効果を最大化するためにも、特徴やメリットを見比べた上で、自社に適した方に問い合わせするようにしましょう。

#1.TikTok運営会社に問い合わせる場合

TikTokで広告を出したいなら、運営会社であるByteDance株式会社に問い合わせる方法が一般的です。

TikTok運営会社に問い合わせるメリットは、TikTok広告に関する知識が豊富で、配信目的やターゲットに合わせた広告配信が可能であるため、効果的にユーザーの興味・関心を惹くことができるでしょう

疑問や不明点に関するサポート体制が整っているので、TikTok広告についての知識がないという場合には、まずはTikTok運営会社に相談してみることをおすすめします。

#2.広告代理店に依頼する場合

TikTokで広告を出すなら、広告代理店に頼る方法もあります。

広告代理店に問い合わせるメリットとしては、TikTok広告だけでなく全体的なWeb広告施策を踏まえた上での提案が可能であることです。

また、TikTok Adsの運用代行を依頼することもできます。

広告代理店のなかにはクリエイティブな広告制作を依頼できるところもあり、提案力・企画力・運用力に優れた経験豊富な担当者が在籍している広告代理店を選べば目標達成確率を上げる近道になります。

TikTokと広告パートナーを締結している広告代理店は、株式会社ベクトル株式会社セプテーニ株式会社サイバー・コミュニケーションズなどです。

企画を考える手間や人材を大幅に削減できるので、予算はあるけれど、時間が取れないという場合には広告代理店に依頼すると良いでしょう。

週4時間のWeb広告代理店事業をはじめませんか?

デジマチェーンでは起業や副業、新規事業をはじめたい方向けに、Web広告代理店の始め方をお伝えしています。

  • 起業するネタが無くて困っている方
  • 代理店手数料を削減しながら売上を伸ばしたい経営者の方
  • リスク0で副業を始めたい方

向けにWeb広告代理店をはじめるためのガイドブックをプレゼントしています。

Web広告代理店のはじめ方ガイドが欲しい方はこちらをクリック

まとめ

TikTok広告には、他の媒体にはないさまざまな特徴があります。

種類や料金発生のシステムも多数用意されているので、配信ターゲットや予算によって使い分けるようにしましょう。

利用している広告主はまだ多くはありませんが、TikTok広告は伸び代が期待できる分野です。

もし、オンライン上の広告運用を検討している企業や店舗は、今回紹介した広告の特徴、メリット、注意点を参考にして、TikTok広告を利用してみてはいかがでしょうか。

週4時間のWeb広告代理店事業をはじめませんか?

デジマチェーンでは起業や副業、新規事業をはじめたい方向けに、Web広告代理店の始め方をお伝えしています。

  • 起業するネタが無くて困っている方
  • 代理店手数料を削減しながら売上を伸ばしたい経営者の方
  • リスク0で副業を始めたい方

向けにWeb広告代理店をはじめるためのガイドブックをプレゼントしています。

Web広告代理店のはじめ方ガイドが欲しい方はこちらをクリック