運用型広告「TikTok Ads」とは?広告の特徴と推奨理由3つ

「TikTok広告を運用したいけど、どのようなメリットがあるの?」
「TikTokの運用型広告をうまく運用するコツは何?」

このように悩んでいませんか?

実はTikTokの運用型広告にはさまざまなメリットがあり、自社に合った方法で運用すれば高い費用対効果が期待できます!

今後も動画広告市場の伸びが予想されるため、 TikTokの運用型広告を用いてユーザーに直接アプローチしていくことは非常に有効です。

今回は、TikTokの運用型広告の概要を紹介するとともに導入すべき3つの理由についても解説します。

この記事を読んでTikTokの運用型広告の仕組みが理解できれば、自社製品・サービスの売上アップにつながる効果的な広告が配信できますよ!

1.TikTok広告とは

TikTok広告は、TikTokを媒体とするWeb広告のことを指します。

TikTokは簡単に動画を作成できる機能面から、主に若者の間で人気急上昇しており、それに順じて世界的な有名人も続々とアカウント開設を行っています。

こうしたユーザー層の拡大に比例してTiktok広告は広告媒体として注目度が日に日に増しています。

Tiktok広告は個人事業主や個人の一般向け広告と、企業向け広告が存在します。

以前は企業向けの広告枠を買い取り、その枠内に掲載する純広告しかTiktok上で掲載することが出来ませんでしたが、2018年10月以降は一般向けである運用型広告が開始しました。

また、Tiktok広告には以下の3種類が存在します。

  • アプリの起動時に表示される「起動画面広告」
  • ハッシュタグによる「#チャレンジ」
  • フィードの中に全画面で差し込まれる「インフィード広告」

現在のところは、運用型広告を掲載できるのはTiktok広告の中でインフィード広告のみです。

今回は「TikTok運用型広告」の概要、導入すべき理由について解説します。

TikTok広告の種類について詳しく知りたい方は、こちらの記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【5分で分かる】代表的な『TikTok』広告3種類を徹底解説!

2020.04.30

2.運用型広告「TikTok Ads」とは

上記でも述べましたが、運用型広告を掲載できるのはTiktok広告の中でインフィード広告のみです。

TikTokの運用型広告は、「TikTok Ads」という広告配信プラットフォームを用いるTikTok広告のひとつです。

「TikTok Ads」では、配信目的やターゲティングに合わせて最適化された広告を配信することができます。

つまり、「TikTok Ads」を利用すれば自社サイトへの誘導、アプリのインストール、商品の購入などの営業活動が予算や目標単価、ターゲットに合わせてできるということです。

このように高い広告効果が期待できることから、TikTokの運用型広告「TikTok Ads」は新たなマーケティングの手段として注目されています。

(1)運用型広告「TikTok Ads」の概要

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」のインフィード広告は、「おすすめチャンネル」にフルスクリーン表示で配信されます。

通常投稿に紛れて配信されるため、広告であることを意識させることなく、自然にユーザーに訴求することが可能です。

プロモーション広告であることを表すために、運用型インフィード広告には「広告」というアイコンと、集客したいキャンペーンや商品のサイトに飛ばすことができるリンク誘導のボタンが表示されます。

また、TikTokの運用型インフィード広告は通常投稿と同様に、広告に対してコメントや拡散をすることも可能です。

このようにメリットが多いことから、TikTokの運用型インフィード広告はゲームや人材紹介、インターネット通販など様々なジャンルで導入されています。

(2)運用型広告「TikTok Ads」の費用

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」では、入札方式で配信枠を購入するシステムを採用しています。

TikTokだけでなく他のWeb広告においても「運用型広告」とは、その名の通り「運用」できる広告配信のことを指します。

予算やキーワード、広告宣材をリアルタイムで変更させながら出稿できるというメリットがあります。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」では、目的に応じた課金方式を選ぶことができます。

課金形式は、下表の4種類です。

課金方式内容
CPM(インプレッション課金型)広告表示回数1,000回単位で料金が発生。
CPC(クリック課金型)広告内のリンク先がクリックされるたびに料金が発生。広告が表示されても、クリックされなければ課金されない。
CPV(再生課金型)広告が一定時間以上再生されるたびに料金が発生。広告の視聴が中断された場合は課金されない。
oCPC(optimized CPM)(最適化クリック課金型)広告内のリンク先がクリックされるたびに料金が発生。機械学習によって自動的に適切なクリック単価を設定する。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」では、競合が多いキーワードほど入札単価が高くなるため、狙うキーワードを予算と常に照らし合わせる必要があります。

そのため、配信に見合った効果が出せているかどうかを日々検証しながら運用するようにしましょう。

3.TikTokの運用型広告「TikTok Ads」を導入すべき3つの理由

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」を導入すべき理由は3つあります。

  1. 動画広告に特化した広告戦略ができる
  2. ピンポイントでターゲットに宣伝できる
  3. 少額から広告運用を開始できる

多くの人に閲覧してもらえるTikTokで運用型広告を出せば、自社商品やイベントなどの集客を一気にアップできるでしょう。

順に解説します。

(1)動画広告に特化した広告戦略ができる

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」を導入すべき1つ目の理由は、動画広告に特化した広告戦略ができるからです。

動画広告は、一度に大量の情報を詰め込むことができるため、商品の魅力を存分に伝えることが可能です。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」では、以下の大きな2点の特徴があります。

  • 広告表示領域が圧倒的に大きい
  • 動画の音声もユーザーに届く

また、TikTokの運用型広告「TikTok Ads」では、精度の高いAIを採用していることも特徴です。

これにより広告主の情報収集ニーズに応じることができ、ユーザー側にとっても需要に沿った形で広告配信ができます。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」を活用すれば、商品に興味を抱いているユーザーに、直接的に広告を届けることで効率の良いマーケティングが可能になるでしょう。

(2)ピンポイントでターゲットに宣伝できる

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」を導入すべき2つ目の理由は、ターゲットに向けた宣伝がピンポイントでできるからです。

TikTokのユーザーは10〜20代が66%を占めますが、この世代のユーザーに効率的にアプローチすることが可能です。

TikTokでは広告に対するユーザーのコメントを見ることができるため、ユーザーの反応を直に追えることも費用対効果が期待できる理由のひとつです。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」では、今後もターゲティングの機能が拡張される予定で、広告配信のプラットフォームとして進化を続けることは間違いありません。

特定のターゲットにピンポイントに宣伝したいと考えているなら、TikTokの運用型広告「TikTok Ads」を活用すると高い成果を残すことができるしょう。

(3)少額から広告運用を開始できる

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」を導入すべき3つ目の理由は、少額から広告運用が開始できるからです。

TIkTokの純広告の場合、最低料金は42万円/日〜ですが、運用型広告「TikTok Ads」であれば、1円から利用できます。

自動入札を設定した場合には、過去の運用データに基づき、コンバージョン率(サイトでの成果率)が高いユーザーへターゲティングすることも可能となっています。

TikTok Adsは2018年12月にリリースされたばかりで、競争相手がまだ多くないため、今なら高い費用対効果が期待できます。

予算が少ないけれどもTikTokでの広告配信を導入したいなら、TikTokの運用型広告「TikTok Ads」を導入することを検討してみてはいかがでしょうか。

4.運用型TikTok広告の効果を最大化させる3つのコツ

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の効果を最大化するためには、押さえておきたい3つのコツがあります。

TikTokは若い世代の利用者が多いため、例え広告であっても楽しさを重視することが求められます。

自社の商品やサービスに興味があるユーザーに「気になる」「もっと見たい」と思ってもらえることが、成果の上がる広告を生み出すことに繋がるのです。

では、押さえておきたい3つのコツについてみていきましょう。

(1)真似しやすい振り付けで親和性を高める

企業はTikTok広告を通して真似しやすい振り付けを配信すれば、ユーザーの親和性を高めることができます。

自ブランドの認知度アップのためには、多くの人々が真似をしてダンスを踊る様子を動画投稿する、つまり「バズる」ことが必要です。

そのためチャレンジ企画する場合、難しい動きは極力避け、わかりやすい、アレンジがしやすい動きを用いるのが良いでしょう。

また、今流行りのトレンドを取り入れることも外せないポイントです。

人気のトレンドを取り入れることで広告が受け入れられやすくなるので、訴求したいユーザー層のトレンドを常に把握しておく必要があります。

TikTok広告のマーケティングでは、SNSの長所となる「バズる」を意識するようにしましょう。

(2)目を引く広告動画を作成する

企業がTikTok広告で配信するなら、目を引く広告動画でユーザーが興味を持つ工夫をすることが重要です。

動画広告全般に言えることですが、広告は再生され、内容をしっかりと視聴してもらえなければ効果はありません。

TikTok広告においては、ユーザーはスマホ画面に流れてくる動画を見て、一瞬のうちに「見るor見ない」を判断します。

実際、広告をうっとうしく思うユーザーも多いため、ユーザーが興味を持つ広告動画でないと嫌悪感をもたれる可能性があります。

ダンスをはじめとした動きの多い動画は、動作自体が単純でもインパクトが大きいでしょう。

印象に残る映像や動作、また、ターゲットの好奇心をくすぐる言葉や歌などを用いて、ユーザーが広告を見た瞬間に「続きが見たい!」と思うような動画広告を作成するようにしましょう。

また、TikTokのようにタイムラインの更新スピードが速いSNSでは、紙媒体やTVCMのような作り込まれた動画ではなく、トレンドに乗って、どんどん新しい動画に差し替えていく柔軟性も成果を出すためには重要です。

(3)人気TikTokerを起用する

他のSNSと同様、TikTokにおいてもフォロワーを多数抱える人気TikToker(ティックトッカー)が存在します。

TikTokerが世間に与える影響力はとても大きいため、企業はTikTokerを起用して広告配信することで認知度アップを図ることができます。

TikTokerらインフルエンサーが発信する情報を企業が活用して宣伝することを「インフルエンサー・マーケティング」と呼んでいます。

人気TikTokerを起用するには費用がかかりますが、集客する手間や時間を削減でき、人気TikTokerのファンへ向けて高い広告効果が期待できるため、予算に余裕があれば検討する価値は十分にあるといえるでしょう。

まとめ

この記事では、TikTokの運用型広告の概要や導入すべき3つの理由について紹介しました。

TikTokはユーザーの増加が著しく市場規模の拡大が期待できるため、今後多くの企業がTikTokでのマーケティングに参入してくることが考えられます。

TikTokの運用型広告を検討しているなら、ぜひこの記事を読んでTikTok広告をうまく運用して、自社製品・サービスの売上アップにつなげてください!

中小企業のネット広告運用でこんな悩みはありませんか?

  • ネット広告代理店にどう頼めばいいのかよくわからない
  • ネット広告代理店に依頼をしているがきちんとできているかわからない
  • CPA(顧客獲得単価)が高騰しているが、解決方法がわからない
  • 自社でネット広告をはじめたいがどうすればいいかわからない
  • 獲得件数が変わらないのに売上が減ってしまったが、理由がわからない
  • ネット広告を中心に集客しているので、信頼出来るアドバイザーが欲しい
  • 広告代理店に依頼していたが、自社で掲載することになったのでアドバイスが欲しい
  • ネットでどうやって売上を上げていいかわからないので相談したい
  • 売上を短期間で上げる方法を教えて欲しい

ひとつでも思ったことがある方には朗報です。

ネット広告を掲載するには、さまざまな基礎知識や新しい知識を必要です。

特にネット広告で売上を上げていく場合、

  • 今の広告代理店でいいのか?
  • 自分がやっているやり方で本当にあっているのか?
  • 広告以外にも方法があるのではないか?

など、たくさんの課題や不安が出てきます。

デジマチェーンでは、そんな中小企業のネット広告に関する課題や不安をすぐに解決します。

また、広告代理店に頼らずに自社でもネット広告の掲載ができるノウハウがあります。

デジマチェーンのネット広告に対する考え、「DC式メソッド」を学ぶことで1ヶ月間で成果を上げることができます。

通常、DC式メソッドはコンサルティング契約を行った企業の方のみにご提供をしています。

ですが、今回は一人でも多くの方にDC式メソッドを知っていただくために、無料オンライン講座をご提供します。

オンライン講座を学んで頂き、さらに詳しいことを知りたいときは、弊社のコンサルティングを受けてみてください。

オンライン講座の登録フォームはこちら

【注意点】

  • Gmailの場合、「メインタブ」ではなく「プロモーションタブ」にメールが届くことが多いので、確認をしてください
  • 登録をしても届かない場合は、迷惑メールボックスを確認してください

関連記事

  1. 最強の集客ツール?!Facebook広告始め方!使い方!集客力の測り方!

  2. Webサイトとは?7つの目的別サイトジャンルと2つの作成方法

  3. 最強の集客ツール?!メルマガ広告始め方!使い方!集客力の測り方!

  4. 【完全版】ヤフー広告が1円?!YDN動画広告とYahoo!ブランドパネル

  5. 【完全版】Yahoo!広告でYahoo!ブラパネを出稿開始後2ヶ月で新規獲得件数が57件→502件と10倍に伸びた方法。

  6. TikTokで広告出稿するメリットは?3種類の広告比較と出稿方法