多言語サイト制作に強いホームページ制作会社29選比較!新規構築・切り替えが得意なのは?
こんな悩みありませんか?

「自社サイトを多言語対応したいけど何からすればいいのだろう」
「多言語Webサイト展開の外注はどうやったらうまくいくの?」
「多言語サイトの制作費用相場はどれくらい?」

現在の新型感染症による制限が緩和されたあとに必ずやってくる怒涛のインバウンド需要、そして中小企業でも避けて通れない海外多角化に向けて、多言語サイトの整備は不可欠です。

しかし、多くの方がまだ「日本語サイトを翻訳さえすれば多言語サイトになる」と思っているようです。

しかし、趣味のサイトではなく、外国企業や外国人にビジネス訴求を行うのであれば、機械的なサイト翻訳では機会損失を生むだけでなく、商習慣の相違による摩擦や訴訟を生みかねません。

デジタルマーケティングを支援するデジマチェーンが、多言語展開で実績豊富なホームページ制作会社の費用、実績、強みなどを比較して、わかりやすく説明します。

この記事を読んで、無料問い合わせをするだけで自社の目指す方向性と予算にマッチした業者を簡単に選べます!

海外進出の支援で豊富な実績を持つマーケティング会社については、以下の記事をご覧ください。

中小企業の海外進出支援に強い会社16選徹底解説!アメリカ・アジア・アフリカでのマーケティングの違い

目次

1.格安の多言語サイト制作会社6社

デジマチェーンがおすすめする、格安の多言語サイト制作会社6社は以下です。

  1. 株式会社HKLクリエイト
  2. シトラスジャパン株式会社
  3. 株式会社コスパ・テクノロジーズ
  4. 株式会社マハナコーポレーション
  5. バークレイグローバルコンサルティング&インターネット株式会社

全会社の比較一覧、及び各社の詳細説明は以下をご覧ください。

格安の多言語サイト制作会社比較一覧

会社名 一言紹介 費用感
株式会社HKLクリエイト 中国語ホームページをリーズナブル価格で制作 ホームページ制作:98,000円(期間限定:翻訳費用 0円) ※上記キャンペーンに関しては要問合せ
シトラスジャパン株式会社 多言語web制作は最短1日10万円から「とにかく早く・安く!」 ホームページの多言語化:100,000円~
株式会社コスパ・テクノロジーズ 「コスパHP」は多言語サイト制作を10万円・無制限で修正可能! 多言語ホームページ制作:100,000円
アジアインワン株式会社 「多言語こんにゃく」はバイリンガルの翻訳で最安10万円~多言語化に対応 既存のホームページを多言語化:初期費用 100,000円~ 月額 30,000円~ /完全オリジナル多言語化ホームページ制作:初期費用 500,000円~ 月額 30,000円~
株式会社マハナコーポレーション 英語・中国語ホームページ作成は格安+米国版Googleや中国Baidu上位表示 多言語ホームページ制作:制作基本料金 99,000円~
バークレイグローバルコンサルティング&インターネット株式会社
海外向けアレンジ・翻訳・分析までを低価格で 海外向けホームページ制作:150,000円~

【HKLクリエイト】中国語ホームページをリーズナブル価格で制作


株式会社HKLクリエイトが提供する中国語ホームページ制作は、基本料金:98,000円+翻訳費:0円(期間限定:翻訳費無料キャンペーン)で格安で提供してくれます。

中国語を中心に多言語ホームページを制作してくれるサービスで、これまでの導入実績は300社以上にのぼります。

HKLクリエイトは10年以上日本のグローバルサイトに携わってきた経験があるため、その確かな実績と実力で海外ビジネス成功の強い味方となってくれるでしょう。

中国のネット事情やビジネスの知識、文化に精通しているので、中国の閲覧者に最大限の魅力を伝える手伝いをしてくれます。

ホームページ制作の月額管理費は一切かからないため、固定費が発生しないのも嬉しいポイントです。

#1.費用感

ホームページ制作:98,000円(期間限定:翻訳費用 0円)
※上記キャンペーンに関しては要問合せ

#2.HKLクリエイトはこんな方におすすめ

  • 中国語のホームページ制作を依頼したい
  • 中国のビジネスや文化に詳しい会社に依頼したい
  • 月額費がかからないサービスの方が良い

一覧に戻る

【シトラスジャパン】多言語web制作は最短1日10万円から「とにかく早く・安く!」

シトラスジャパン株式会社の多言語web制作は、最短1日10万円から「とにかく早く・安く!」仕上げてくれます。

ホームページをイチから制作することはもちろん、日本語で作られたサイトを多言語化することも可能です。

サイトの一部だけを多言語化の場合は、最短1週間で40万円から対応してくれます。

NTTドコモの海外向けサイト制作に携わるなど、大手クライアントに対する実績も積んできました。

対応言語は以下の5種類となっています。

  • 英語
  • 韓国語
  • 中国語(簡体)
  • 中国語(繁体)
  • タイ語

新規でホームページ制作を依頼する場合はネイティブ専門家の視点を活用し、現地の方に伝わりやすい表現でページ制作してくれるのも魅力です。

#1.費用感

ホームページの多言語化:100,000円~

#2.シトラスジャパンはこんな方におすすめ

  • できるだけ低価格で制作を依頼したい
  • 早く納品ができる会社に依頼したい
  • 確かな実力がある会社に依頼したい

一覧に戻る

【コスパ・テクノロジーズ】「コスパHP」は多言語サイト制作を10万円・無制限で修正可能!

株式会社コスパ・テクノロジーズが提供する「コスパHP」は、多言語サイト制作を10万円で依頼できます。

月額8,000円からの「サポートプラン」利用の場合は、無制限で修正してくれます。

最短1週間の納品が可能で、できるだけ早い納品が希望の方にもおすすめのサービスです。

10万円で以下のサービスがまとめて受けられます。

  • 1言語5ページまで10万円で対応
  • スマホ・タブレットに対応
  • お問い合わせフォームの設置
  • GoogleMapの設置
  • メールアカウントを10アカウントまで設定

対応言語は20言語以上、特に中国向けのページは中国語仕様で制作してくれます。

#1.費用感

多言語ホームページ制作:100,000円

#2.コスパ・テクノロジーズはこんな方におすすめ

  • できるだけ低価格で制作を依頼したい
  • 日本語と多言語を組み合わせたホームページ制作を依頼したい
  • 対応言語が幅広い会社に依頼したい

一覧に戻る

【アジアインワン】「多言語こんにゃく」はバイリンガルの翻訳で最安10万円~多言語化に対応

アジアインワン株式会社が提供する「多言語こんにゃく」は、既存の日本語ホームページがあれば、最安10万円から多言語化に対応してくれます。

社内のバイリンガルスタッフによる、現地の文化やマナー、習慣を考慮した制作を行ってくれます。

現地の言語別でのキーワードの検索ボリュームや競合サイトの動向、現地の文化なども総合的に考慮するので、海外から実際に集客できるサイトに仕上げてくれるでしょう。

「多言語こんにゃく」が対応している言語は以下のとおりです。

  • 英語
  • 中国語(簡体)
  • 中国語(繁体)
  • 韓国語
  • タイ語

多言語化したホームページに問い合わせが来た場合は、英語の場合のみ対応代行を行ってくれるので、「社内に外国語ができる人がいない」という場合でも安心です。

#1.費用感

  • 既存のホームページを多言語化:初期費用 100,000円~ 月額 30,000円~
  • 完全オリジナル多言語化ホームページ制作:初期費用 500,000円~ 月額 30,000円~

#2.アジアインワンはこんな方におすすめ

  • できるだけ低価格で制作を依頼したい
  • 英語圏からの問い合わせの対応代理も頼みたい
  • 現地の「文化」や「習慣」も考慮したサイト制作が希望

一覧に戻る

【マハナコーポレーション】英語・中国語ホームページ作成は格安+米国版Googleや中国Baidu上位表示

株式会社マハナコーポレーションが格安で制作する多言語ホームページは、米国版Googleや中国Baiduで上位表示実績が多数の実績があります。

「中国語」と「英語」で、基本料金99,000円から依頼できるのが魅力です。

現地のスタイル、文化や習慣を考慮した多言語ホームページ制作を行ってくれる会社です。

個人事業から大手企業まで、幅広い規模の会社が利用しています。

ホームページ制作後のサポート体制も万全で、変更作業や質問にも素早く対応してくれるでしょう。

マハナコーポレーションではサイトの翻訳に自動翻訳などの機械は一切使用しないため、伝わりやすく違和感のない文書を作成してくれます。

#1.費用感

多言語ホームページ制作:制作基本料金 99,000円~

#2.マハナコーポレーションはこんな方におすすめ

  • 中国語のホームページ制作を依頼したい
  • 中国の文化や習慣に詳しい会社に依頼したい
  • サポート体制がしっかりしている会社に依頼したい

一覧に戻る

【バークレイグローバルコンサルティング&インターネット】「ワールドビジネスウェブ制作」は格安で海外向けアレンジ・翻訳・分析

バークレイグローバルコンサルティング&インターネット株式会社の提供する「ワールドビジネスウェブ制作」は海外向けアレンジ・翻訳・分析までを、まずは低価格で実現してくれます。

基本制作料金が15万円~に加え月額5,000円~というリーズナブル価格で海外向けホームページを制作してくれます。

ホームページの多言語はもちろん、対象の国の集客リサーチ・マーケティングも各国にある支社が対応してくれるのが魅力です。

「ただホームページを作るだけでなく、集客のための施策サポートも頼みたい」「外国への知識がない」という方にもおすすめです。

現地の知識や文化への理解を活かして、海外進出の心強いパートナーとなってくれるでしょう。

尚、ワールドビジネスウェブ制作の受付は、クオリティ維持のため月間3件までのようですので、まずは問い合わせてみてください。

#1.費用感

海外向けホームページ制作:150,000円~

#2.バークレイグローバルコンサルティング&インターネットはこんな方におすすめ

  • 集客リサーチ・マーケティングもあわせて依頼したい
  • 各国に支社があり、各国の知識が豊富な会社に依頼したい
  • ホームページ制作後のサポート体制も万全の会社に依頼したい

一覧に戻る

2.翻訳会社ベースの多言語サイト制作会社9社

デジマチェーンがおすすめする、翻訳会社ベースの多言語サイト制作会社9社は以下です。

  1. 株式会社プロヴ・コミュニケーションズ
  2. ブレインウッズ株式会社
  3. 株式会社パラジャパン
  4. 株式会社サン・フレア
  5. 株式会社クロスコミュニケーションズ
  6. 株式会社トランス・ブリッジ
  7. アイ・ディー・エー株式会社
  8. 三裕通商株式会社
  9. 株式会社アーバン企画

全会社の比較一覧、及び各社の詳細説明は以下をご覧ください。

翻訳会社ベースの多言語サイト制作会社比較一覧

会社名 一言紹介 費用感
株式会社プロヴ・コミュニケーションズ ネイティブスタッフが常駐し高品質な英文ホームページ作成が可能 詳細はお問い合わせください
ブレインウッズ株式会社 「多言語デザインサービス」の外国語Webサイト制作で国際進出を支援 ランディングページ1P:10万円~
※制作内容によって異なります
詳細はホームページをご覧ください
株式会社パラジャパン ヒアリング重視+Webデザインのローカライズでサイトの多言語化 詳細はお問い合わせください
株式会社サン・フレア 「WEB L10N」でデザインを含む的確な多言語サイト制作 詳細はお問い合わせください
株式会社クロスコミュニケーションズ ターゲット層に合わせた多言語サイト制作が得意 ホームページ作成費用+翻訳料金 で対応
日本語サイト制作(通常サイト 60万円~) +英語翻訳料金(英語サイト制作 60万円~)
※多言語サイトのデザインが日本語サイトと同一の場合は制作料金の80%で制作可能 (料金詳細はお問い合わせください)
株式会社トランス・ブリッジ 制作・翻訳・運用のプロセスをワンストップで実現! 詳細はお問い合わせください
アイ・ディー・エー株式会社 専門的な内容の多言語ホームページ制作も可能 詳細はお問い合わせください
三裕通商株式会社 「外国語→外国語」サイトのローカライズが得意 既存サイト多言語化ページ編集 1ページ:3,675円(税込)~
※新規サイト制作などはお問い合わせください
株式会社アーバン企画 強みは翻訳力とウェブデザイン力 詳細はお問い合わせください

【プロヴ・コミュニケーションズ】ネイティブスタッフが常駐し高品質な英文ホームページ作成が可能

株式会社プロヴ・コミュニケーションズは、ネイティブスタッフが常駐し高品質な英文ホームページ作成を作成してくれる会社です。

ホームページ制作以外にも、海外向けPRやローカライゼーションなどにも対応しています。

まず日本語のサイトの構築、文章校正を確定させ、英語ネイティブスタッフ&日本人翻訳者で、翻訳から確認作業をダブルチェックします。

デザインやレイアウトを調整と、表示する国にローカライズした構築で、現地の人に伝わる英語ホームページへと仕上げてくれるでしょう。

また、フランス語・中国語・韓国語でのホームページ制作にも対応していますので、気になる方はこちらも問い合わせてみると良いでしょう。

#1.費用感

詳細はお問い合わせください

#2.プロヴ・コミュニケーションズはこんな方におすすめ

  • 英語ネイティブのスタッフが常駐する英文ホームページ作成会社を探している方
  • 翻訳やローカライゼーションも合わせて依頼したい方
  • フランス語・中国語・韓国語に対応可能なホームページ制作会社を求めている方

一覧に戻る

【ブレインウッズ】「多言語デザインサービス」の外国語Webサイト制作で国際進出を支援

ブレインウッズ株式会社の提供する「多言語デザインサービス」は多言語ホームページ作成でクライアントの国際進出を支援してきました。

創業2000年から積み上げてきた、翻訳や通訳、字幕・吹き替えサービスのノウハウで、翻訳からデザインやレイアウト、出力や印刷まで対応できます。

翻訳・通訳会社として、翻訳サービスの国際規格ISO17100:2015も取得済みです。

英文ホームページ作成はもちろんのこと、英語・中国語・韓国語など多言語でのSEO対策も得意としています。

「多言語ホームページ作成だけでなくSEO対策まで依頼したい」という方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

#1.費用感

ランディングページ1P:10万円~
※制作内容によって異なります 詳細はホームページをご覧ください

#2.ブレインウッズはこんな方におすすめ

  • 外国語のSEO対策が可能な会社を探している方
  • 翻訳・通訳も依頼できる会社を求めている方
  • 制作料金が明示されている会社に依頼したい方

一覧に戻る

【パラジャパン】ヒアリング重視の翻訳+Webデザインのローカライズで多言語化を実現

株式会社パラジャパンは、ヒアリング重視の翻訳とWebデザインのローカライズで、ホームページの多言語化を実現してきた会社です。

それぞれの依頼者の翻訳の目的をしっかりと把握することで、海外のサイト閲覧者にもきちんと伝わる多言語サイトを作り上げることができます。

言語以外にもページ構成やイラストなどを、現地の人が持つ政治・文化・宗教的なイメージに合わせてローカライズしてくれます。

英語や中国語の他にも、アラビア語・ペルシャ語・マレー語など35か国語にも対応可能です。

言語や分野・依頼時期を問わず、すべての案件に永久品質保証・無期限安心システムが付帯するアフターフォローも見逃せません。

#1.費用感

詳細はお問い合わせください

#2.パラジャパンはこんな方におすすめ

  • 事前のヒアリングを重視している会社を求めている方
  • アフターフォローがしっかりしている会社に依頼したい方
  • 幅広い言語のサイト制作が可能な会社を探している方

一覧に戻る

【サン・フレア】「WEB L10N」でデザインも含めた的確な多言語サイト制作が可能

株式会社サン・フレアの提供する「WEB L10N(ウェブライオン)」は、翻訳会社の持つ視点やノウハウで多言語版サイトを制作し、クライアント企業の国際ビジネス進出を成功に導いてくれます。

国が変わると異なる、サイトのデザイン・レイアウトや色調、ビジュアルの受け取り方など、感性の違いを把握した上でWebサイトをローカライズしてくれます。

対応言語70以上と、業界ではトップクラスです。

サン・フレアは翻訳会社として、1971年の創業以来、幅広い業種からの依頼に対応してきた実績を持っています。

「クオリティの高い多言語サイトを作りたい」と考えている方は一度相談してみると良いでしょう。

#1.費用感

詳細はお問い合わせください

#2.サン・フレアはこんな方におすすめ

  • デザインも含めて海外に適したサイトを作りたい方
  • 各国の感性に合わせたWebサイト制作を希望する方
  • 日本ではあまり知られていない言語の翻訳も依頼したい方

一覧に戻る

【クロスコミュニケーションズ】ターゲット層に合わせた多言語サイト制作が得意

株式会社クロスコミュニケーションズは、ターゲットとなる顧客層に合わせた多言語サイト制作が得意な会社です。

対応言語は10カ国語以上、愛媛大学工学部の国際連携のサイトを制作した実績もあります。

また、クロスコミュニケーションズは30年以上の実績がある翻訳会社と提携しており、『言語コンサルティング』というサービスにも対応しています。

言語コンサルティングにより、単に日本語から外国語への置き換えではなく、ターゲット層の居住地や年齢といった特性に合わせた翻訳文の作成が可能です。

若者向け、高齢者向けなど、顧客層がはっきりとしている商品やサービスをPRしたい方におすすめです。

#1.費用感

  • ホームページ作成費用+翻訳料金
    日本語サイト制作(通常サイト 60万円~) +英語翻訳料金(英語サイト制作 60万円~)
    ※多言語サイトのデザインが日本語サイトと同一の場合は制作料金の80%で制作可能
    ※中国語の場合は、繁体と簡体の2種類の言語があるため制作料金は2倍に
  • 言語コンサルティング:料金詳細はお問い合わせください

#2.クロスコミュニケーションズはこんな方におすすめ

  • ターゲット層に合わせた適切な翻訳を求めている方
  • 日本語サイトと多言語サイトの制作を同時に依頼したい方
  • 顧客層がはっきりとしている商品やサービスをPRしたい方

一覧に戻る

【トランス・ブリッジ】制作・翻訳・運用のプロセスをワンストップで実現!

株式会社トランス・ブリッジは、多言語ホームページの制作に加え、ホームページ完成後の運用・更新をワンストップで対応してくれる会社です。

せっかく多言語ホームページを作っても、ほとんど更新がされないのでは集客などの効果は望めません。

「多言語ホームページ更新が自社でできるか不安」と感じている方は一度相談してみると良いでしょう。

また、トランス・ブリッジは翻訳会社として翻訳・通訳を行ってきた経験から、外国人観光客向けのPRも得意としています。

英語、中国語、韓国語に対応可能なため、初めて多言語ホームページを作る予定の方にもおすすめです。

#1.費用感

詳細はお問い合わせください

#2.トランス・ブリッジはこんな方におすすめ

  • ホームページ完成後の運用も依頼したい方
  • 初めて多言語ホームページの制作を依頼する予定の方
  • 外国人観光客向けのPRをしたい方

一覧に戻る

【アイ・ディー・エー】専門的な内容の多言語ホームページ制作も可能

アイ・ディー・エー株式会社は、専門性の高い分野の多言語ホームページ制作も可能としている会社です。

翻訳会社として20年以上の実績を持ち、翻訳サービスの国際規格「ISO17100」認証も取得しています。

対応分野は、ビジネス、半導体、精密機器、化学、エネルギー、金融、医療など多種多様です。

パナソニックの「Panasonic Beauty」多言語サイトや、関西国際空港のオフィシャルサイト制作など、有名企業・団体のサイト制作に関わった実績も多くあります。

対応言語も80カ国語以上とかなり幅広いため、気になる方は、一度問い合わせてみると良いでしょう。

#1.費用感

詳細はお問い合わせください

#2.アイ・ディー・エーはこんな方におすすめ

  • 専門性の高い業種の方
  • 製造、化学などの分野に対応できる制作会社を探している方
  • 幅広い言語に対応できる会社を探している方

一覧に戻る

【三裕通商】「1st-Trans」は「外国語→外国語」のローカライズが得意なサイト制作

三裕通商株式会社の提供する翻訳サービス、「1st-Trans」が力を入れる多言語化ホームページ制作では、多言語から多言語のホームページへローカライズが得意です。

英語、韓国語、中国語などからその他の言語のホームページへホームページ制作(HTML、Image、Flash、Java、CGI、PHPプログラムソースの編集)をしてくれるでしょう。

「1st-Trans」の対応言語は58カ国語以上で、対応分野は契約や特許、金融、科学技術、医療、農業など100以上にも上ります。

「日本語や英語のホームページはすでにあるが、多言語対応をどこに依頼したらいいのかわからない」という方におすすめです。

#1.費用感

既存サイト多言語化ページ編集:1ページ 3,675円(税込)~
※新規サイト制作などはお問い合わせください

#2.三裕通商はこんな方におすすめ

  • 日本語で作ったホームページを多言語化したい方
  • 外国語サイトをさらに別の外国語に翻訳してほしい方
  • できるだけ費用を抑えて多言語サイトを作りたい方

一覧に戻る

【アーバン企画】強みはウェブデザイン力と翻訳力

株式会社アーバン企画は、翻訳力とウェブデザイン力を強みとした、多言語サイト制作サービスを提供する横浜に本社がある会社です。

以下の強みを生かし質の高い翻訳文を提供してくれます。

  • 多言語への翻訳はすべて訳文を母国語とする翻訳者が担当
  • 訳文はすべて校正者によるクロスチェックを経て提供
  • 実務経験豊富な翻訳者が中心

クライアントの企業イメージや製品ブランドにふさわしい洗練された文章に翻訳してくれるでしょう。

英語、中国語、韓国語などの外国語サイトの制作に加え、海外サイトの日本語へのローカライズ可能です。

大量ページのウェブサイトの場合でも、翻訳支援ソフトウェアTRADOS(トラドス)を中心とした翻訳管理フローにより、質の高い翻訳文に仕上げてくれます。

#1.費用感

詳細はお問い合わせください

#2.アーバン企画はこんな方におすすめ

  • 多言語翻訳力に優れたホームページ制作会社を探している
  • 母国語翻訳者がいる会社に依頼したい
  • 海外サイトの日本語訳をサポートしてほしい

一覧に戻る

3.Webマーケティング支援もしてくれる多言語サイト制作会社9社

デジマチェーンがおすすめする、Webマーケティング支援もしてくれる多言語サイト制作会社9社は以下です。

  1. 株式会社ノーパット
  2. 株式会社デイアライブ
  3. 株式会社インフォキュービックジャパン
  4. 株式会社コンティ
  5. 株式会社アイ・オーダー
  6. 株式会社クライマークス
  7. 世界へボカン株式会社
  8. Artisan Crew Engineering, Inc. (アーティザン クルー エンジニアリング)
  9. 株式会社ネットワイズ

全会社の比較一覧、及び各社の詳細説明は以下をご覧ください。

Webマーケティング支援もしてくれる多言語サイト制作会社比較一覧

会社名 一言紹介 費用感
株式会社ノーパット 多言語サイトの必要性をまずはテストマーケティングで判断! 詳細はお問い合わせください
株式会社デイアライブ 海外視点のマーケティング+インバウンド対策で成果を創出 詳細はお問い合わせください
株式会社インフォキュービックジャパン 1,250社以上のグローバルサイトを支援 詳細はお問い合わせください
株式会社コンティ 「デザイン事務所セーノ」は中国圏へのマーケティングが得意 詳細はお問い合わせください
株式会社アイ・オーダー 台湾アイ・オーダーと楽天の協業でECサイトの制作実績500店舗超 詳細はお問い合わせください
株式会社クライマークス アジア圏の多言語展開と現地マーケティングを徹底支援 詳細はお問い合わせください
世界へボカン株式会社 海外BtoBマーケティングのプロ集団が英語圏のECサイト制作 詳細はお問い合わせください
Artisan Crew Engineering, Inc. (アーティザン クルー エンジニアリング) 米市場を熟知したマーケターが英語サイト制作をサポート 詳細はお問い合わせください
株式会社ネットワイズ ネイティブスタッフによる英語Web診断・改善サービスが評判 ウェブサイト診断:25000円~

【ノーパット】多言語サイトの必要性をまずはテストマーケティングで判断!

株式会社ノーパットは、現状のサイトを活用した事前のテストマーケティングで、下記の点について納得のいく診断をしてくれる会社です。

  • 多言語サイトを作る必要が本当にあるのか
  • どの言語でホームページを制作する必要があるのか

ターゲットとするべき言語や国の調査と現状分析から、一緒に最適なホームページを作り上げてくれるでしょう。

必要なテキスト・デザインの提案はもちろん、必要であればテキスト作成の代行も対応しているので「制作の丸投げしたい」という要望にも応えてくれます。

対応している言語は以下のとおりです。

  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
  • タイ語
  • ロシア語
  • ベトナム語
  • ポルトガル語
  • スペイン語

また、ホームページと連携したパンフレットやポスターなどの印刷物の作成も行っています。

#1.費用感

詳細はお問い合わせください

#2.ノーパットはこんな方におすすめ

  • できれば制作に関する業務を丸投げしたい
  • テストマーケティングを行ってから制作をして欲しい
  • 対応言語が幅広い会社に依頼したい

一覧に戻る

【デイアライブ】海外視点のマーケティング+インバウンド対策で成果を創出

株式会社デイアライブは、海外視点のマーケティングとインバウンド対策で成果を創出する、多言語ホームページ制作会社です。

アジア圏・英語圏出身のスタッフが常駐しているため、海外にいる閲覧者の文化や習慣を軸とした、ネイティブ目線でのホームページ制作が可能です。

内閣府や官公庁などの自治体との取引実績が多くあるため、信頼性の高い会社と言えるでしょう。

対応言語実績は以下の通りです。

  • 英語
  • 中国語
  • スペイン語
  • ロシア語
  • イタリア語
  • タイ語
  • ドイツ語
  • アラビア語
  • 韓国語
  • ポルトガル語
  • インドネシア語
  • フランス語
  • マレー語
  • ベトナム語

上記以外の言語にも対応してくれるので、ぜひ一度相談をしてみてください。

#1.費用感

詳細はお問い合わせください

#2.デイアライブはこんな方におすすめ

  • 対応言語が幅広い会社に依頼したい
  • インバウンド対策が得意な会社に依頼したい
  • 確かな実力と実績のある会社に依頼したい

一覧に戻る

【インフォキュービック・ジャパン】1,250社以上のグローバルサイトを支援

株式会社インフォキュービック・ジャパンは、1,250社以上のグローバル展開を支援しており、多言語ウェブサイトの制作を強みとしています。

サイトの多言語展開だけでなく、海外デジタル広告・海外SNSマーケティングまで幅広く対応していることが強みです。

海外進出における必要なWebマーケティングをトータルでサポートしてくれます。

サポート対応国は、アジア・欧州・中東・北米・南米・オセアニア・アフリカなど広範囲に及びます。

特に中国市場は、中国最大の検索エンジン百度(バイドゥ)の日本法人「バイドゥ株式会社」から、5度の優秀代理店賞に認定されるほど得意なマーケットです。

京セラ株式会社 ファインセラミックのグローバルサイト制作・デジタル広告を支援するなど確かな実績を持っています。

実績に裏付けされた実力で自社の海外進出を強力にサポートしてくれるでしょう。

#1.費用感

詳細はお問い合わせください

#2.インフォキュービック・ジャパンはこんな方におすすめ

  • 実績豊富な会社に依頼したい方
  • サイト制作だけでなく、マーケティング支援もしてほしい方

一覧に戻る

【コンティ】「デザイン事務所セーノ」は中国圏へのマーケティングが得意

株式会社コンティが運営する横浜の「デザイン事務所セーノ」は、特に中国圏へのマーケティングを得意としています。

いくつもの多言語対応ホームページを手がけてきた実績ゆえに、各言語圏のパートナーを持ち、翻訳から構築まで一貫して行うことが可能です。

中国圏でのメイン検索エンジンは百度(バイドゥ)で、GoogleマップやFacebook、Twitterなどを使っているホームページが表示されません。

単に中国語へサイト翻訳しただけでは対応が完結できないので、多くの現場実績が欠かせません。

また、中国マーケットは集客ルートにも独自性が大きい市場です。

セーノでは中国語の簡体/繁体への翻訳はもちろん、中国現地での広告運用にも対応しています。

大手企業の中国プロモーションも多数手がけたセーノの実績は魅力的でしょう。

#1.費用感

ホームページ制作料金:50万円~

#2.デザイン事務所セーノはこんな方におすすめ

  • 中国圏で勝負したい
  • 翻訳から構築までワントップで依頼したい
  • 課題解決能力の高い会社を探している

一覧に戻る

【アイ・オーダー】台湾アイ・オーダーと楽天の協業でECサイトの制作実績500店舗超


株式会社アイ・オーダーは、湾アイ・オーダーと台湾楽天との協業等で、ECサイトの制作実績が500店舗以上を誇る、横浜に拠点を置くECサイト専門の制作会社です。

2008年に現地法人として「台湾愛歐達(台湾アイ・オーダー)」を設立し、地元の商店主たちがECサイトを設立する支援をしてきました。

アメリカ・台湾の越境ECに対応する、日本の商品のみを扱うモール「にっぽんヤ!」も運営しています。

他にも、中国にも拠点を持ち新商品企画・マーケティング支援で中国語圏においてもサービスを展開してきました。

海外商品も多数扱う楽天で、「楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー2006 ビジネス賞」の受賞歴もあります。

楽天市場へ出店のサイト制作や運営サポートでお困りの方は、ぜひ相談してみてください。

#1.費用感

詳細はお問い合わせください

#2.アイ・オーダーはこんな方におすすめ

  • 海外用ECサイトを特に楽天市場で作りたい
  • 台湾圏でのマーケティングを考えている
  • 海外にも支店がある会社に依頼したい

一覧に戻る

【クライマークス】アジア圏の多言語展開と現地マーケティングを徹底支援

株式会社クライマークスの多言語サイト制作サービスは、企業のグローバル展開、特にアジア圏への多言語展開および現地マーケティングを徹底支援してくれます。

バイリンガルスタッフが常駐しているため、対象の国の文化・習慣を考慮したホームページを制作してくれるでしょう。

ホームページ制作では、市場分析や現状分析などのマーケティング支援も、一括で依頼できるのが魅力です。

また、公開後の定期更新などの実務も徹底サポートしてくれるので、サイト運営の良きパートナーとなってくれるでしょう。

日立製作所のガイドライン改訂支援や明治大学や東海大学のグローバルサイト制作など、大手企業や有名大学での実績も豊富です。

#1.費用感

詳細はお問い合わせください

#2.クライマークスはこんな方におすすめ

  • アジア圏の知識に精通している会社に依頼した
  • マーケティングが得意な会社に依頼したい
  • 確かな実力と実績のある会社に依頼したい

一覧に戻る

【世界へボカン】海外BtoBマーケティングのプロ集団が英語圏のECサイト制作

世界へボカン株式会社は、海外BtoBマーケティング支援の実績豊富な専門チームが、英語圏のECサイト制作を手掛けてくれます。

特に製造業・生産財・原材料メーカー向けの海外ウェブサイト制作に力を入れています。

英語圏で海外進出を目指す製造業メーカーにとって、世界ヘボカンは最適なパートナーと言えるでしょう。

日本語サイトをそのまま翻訳するのではなく、各分野に精通したネイティブスタッフが外国人視点で質の高いコンテンツ提供します。

世界へボカンの主な支援実績は以下です。

  • 株式会社ビィ・フォアード
    アフリカ・新興国向け中古車販売越境ECサイトのSEO・SEMの実施で流入数の大幅アップ、売上14.7倍・年商500億の達成に貢献
  • ミウラタクヤ商店(健康食品の製造・販売)
    越境ECで進出するエリア選定・戦略立案・コピーライティングを支援

商品ページ公開後のサポートも充実しています。

専門家によるアクセス数やコンバージョン数の調査で、最適なPDCAサイクルを回すことが可能です。

#1.費用感

詳細はお問い合わせください

#2.世界へボカンはこんな方におすすめ

  • 英語圏に強い会社を探している
  • 実績豊富な会社に依頼したい方
  • サイト制作だけでなくマーケティング支援もしてほしい方

一覧に戻る

【アーティザンクルー】米市場を熟知したマーケターが英語サイト制作をサポート

Artisan Crew Inc.(アーティザンクルー)は、米市場を熟知したマーケターが英語サイト制作をはじめ、企業のアメリカ・英語圏への進出成功を支援する会社です。

デザイン性に富むウェブサイトの提供で、コンバージョンやブランド認知度の大幅な向上を図ってくれます。

Artisan Crew Inc.は営業マンを持たず、見込み客の獲得は全てWebサイト・Webマーケティングのみで行っています。

そのことからも、自社のサービスに対する絶対的な自信を持っていることが分かるでしょう。

SEO対策も得意な会社で、2002年のサービス開始依頼、狙ったキーワードで上位5以内に入れなかったことが一度もないほど、習熟されたノウハウを持っています。

Artisan Crew Inc.なら実績に裏付けされたノウハウで海外進出を成功へと導いてくれるでしょう。

アメリカにベースを置いていますが、東京にも拠点を持っているため、サポート面でも安心です。

#1.費用感

詳細はお問い合わせください

#2.アーティザンクルーはこんな方におすすめ

  • アメリカ進出を考えている
  • 海外でデザイン性に富むサイトを持ちたい
  • 実績ある会社に依頼したい

一覧に戻る

【ネットワイズ】ネイティブスタッフによる英語Web診断・改善サービス

株式会社ネットワイズは、英語圏ネイティブスタッフによる英語Web診断・改善サービスが評判の、海外向けウェブサイト制作会社です。

スタッフの多くが海外文化を理解したネイティブスピーカーです。

ですから、スペルリングや文章のニュアンスも含め、海外ユーザー目線でクライアントのウェブサイトを診断し、レポートを作成してくれます。

以下のように悩んでいる人に特におすすめです。

  • 海外向けウェブサイトを立ち上げたばかりの人
  • アクセス数はあっても売り上げが伸びない

診断・改善のレポート内容は以下の点を含みます。

  • SEO
  • モバイル
  • ユーザビリティ
  • テクノロジー

レポートは日本語と英語のどちらか選択できるので、多国籍なメンバーが集まるチーム内でも資料をそのまま共有可能です。

#1.費用感

ウェブサイト診断:25000円~

#2.ネットワイズはこんな方におすすめ

  • 海外ウェブサイトを立ち上げたばかり
  • 売り上げが伸びるウェブサイトに改善したい
  • 素早く対応できる会社を探している

一覧に戻る

4.SEO対策に強い多言語サイト制作会社5社

デジマチェーンがおすすめする、SEO対策に強い多言語サイト制作会社5社は以下です。

全会社の比較一覧、及び各社の詳細説明は以下をご覧ください。

SEO対策に強い多言語サイト制作会社比較一覧

会社名 一言紹介 費用感
エクスポート・ジャパン株式会社 海外の検索エンジン事情を熟知したSEOのプロによる多言語ホームページ 詳細はお問い合わせください
アートフレア株式会社 多言語対応ホームページ制作+SEO対策の実績 詳細はお問い合わせください
株式会社リースエンタープライズ 英文のホームページ化に対応したSEO内部施策に強い 多言語ホームページ制作:350,000円~
株式会社LIFE PEPPER 「多言語SEO対策サービス」は国ごとに違う戦略でサイト制作 平均発注金額:150万~300万
株式会社バリューエージェント 制作+SEO対策で売れる英語のホームページへ
  • 英語ホームページ制作
    初期費用:300万円~
    月額費用:15,000円~
    最低契約期間:12ヶ月

【エクスポート・ジャパン】海外の検索エンジン事情を熟知したSEOのプロによる多言語ホームページ

エクスポート・ジャパン株式会社の多言語サイト制作は、海外の検索エンジン事情に精通したプロによる「グローバルSEO」対策が魅力です。

ターゲット国の主要検索エンジンや通信インフラなどに配慮しつつ、内部要因を重視したSEO対策を実施します。

サイトのクオリティを、翻訳品質など基礎から高めてくれるので、長期間にわたって信頼性を損なわないサイトに仕上げてくれます。

これまで「JICA(国際協力機構)」のような国際機関や市町村自治体の多言語ホームページを手掛けてきた確かな実績があります。

海外の文化や習慣に基づき、外国人目線でコンテンツを制作してくれるのも嬉しいポイントです。

海外からのアクセスを意識し、企画・デザイン・サーバーの選定など一貫して任せられるのも魅力です。

#1.費用感

詳細はお問い合わせください

#2.エクスポート・ジャパンはこんな方におすすめ

  • 海外の検索エンジンに精通している会社に依頼したい方
  • 確かな実績と実力のある会社に依頼したい方
  • 企画から制作まで一貫して任せたい方

一覧に戻る

【アートフレア】多言語対応ホームページ制作+SEO対策の実績

アートフレア株式会社は、英語・中国語・韓国語など多言語に対応したホームページ制作に加え、SEO対策でも多くの実績を持つ横浜の会社です。

13,000社を超える国内トップクラスの制作数や、平均成約率70%の豊富な実績で、「アイミツアワード2019」を受賞しました。

SEO対策にも自信を持ち、これまで自社サイトをはじめ、多くのサイトでサービス開始から数か月以内での上位表示に成功してきました。

英語などの外国語での検索結果に対してもSEO施策可能です。

サイト表示は外国語でも、管理画面は日本語といった設定も可能なので、制作後の運用も安心できます。

海外進出や訪日外国人をターゲットとしているクライアントにとって力強い会社といえるでしょう。

また、CMS Joomla(ジュームラ)の多言語対応機能を利用支援してくれます。

ジュームラを使えば、共通のシステムで多数の言語コンテンツを管理すできます。

更新したいコンテンツをすぐ探し出せるので、多言語サイトの管理を大幅に簡素化できるでしょう。

#1.費用感

詳細はお問い合わせください

#2.アートフレアはこんな方におすすめ

  • 多言語対応のホームページをつくりたい
  • スマートフォンサイト構築に強い会社を探している
  • 実績の多い会社に依頼したい

一覧に戻る

【リースエンタープライズ】英文のホームページ化に対応するSEO内部施策に強い

株式会社リースエンタープライズは、英文のホームページ化に伴うSEOの内部施策に強みを持つ制作会社です。

日常的に以下の業務を請け負っているため、ホームページ制作の際もこれまで培ってきたノウハウを存分に生かしてくれるでしょう。

  • SEO対策
  • アクセス解析
  • サイト分析
  • 内部施策
  • マーケティングの運用改善
  • リスティングの運用改善

リースエンタープライズのホームページは、閲覧者が「日本人か外国人か?」を判別し、最初から日本語⇔英語を自動切替させる機能があるので、ストレスを与えることなく閲覧できます。

海外留学の経験があるデザイナーが、デザインスキル+英語感覚でホームページを仕上げてくれるでしょう。

海外向けホームページをイチから作ることはもちろん、既にあるホームページを英語化させることも可能です。

#1.費用感

多言語ホームページ制作:350,000円~

#2.リースエンタープライズはこんな方におすすめ

  • SEO対策に強い会社に依頼したい方
  • 既存のサイトを英語化して欲しい方
  • 海外向けホームページをイチから制作して欲しい方

一覧に戻る

【ライフペッパー】「多言語SEO対策サービス」で国ごとに戦略が違うサイト制作

株式会社LIFE PEPPER(ライフペッパー)は、国ごとに戦い方を変えた「多言語SEO対策サービス」で、多言語サイトを作成してくれます。

日本流のSEO対策が通用しない国においても上位表示を狙ったホームページを持つことができます。

在籍スタッフの6割が、バイリンガルの帰国子女や海外出身ネイティブです。

中韓台・東南アジア・欧米豪、各国の環境を熟知していますので、最適なSEO施策を提案してくれます。

各国の検索語句に合わせ個別でコンテンツをイチから作成し、戦略立案から施策実行までお任せできます。

本物の外国人目線と、延べ600社の案件から得た知見をもって、集客できるSEO対策を提供してくれるでしょう。

#1.費用感

平均発注金額:150万~300万

#2.ライフペッパーはこんな方におすすめ

  • 集客に強い多言語サイトを持ちたい方
  • 英語・中国語・韓国語・イタリア語・フランス語圏がターゲットの方
  • 実績豊富な会社に依頼したい方

一覧に戻る

【バリューエージェント】制作+SEO対策で売れる英語のホームページへ

株式会社バリューエージェントは、海外向けのSEO対策やリスティング広告など集客施策により、売れる英語ホームページに仕上げてくれます。

「自社イチ押しの製品・サービスを提供したいが、英語が全くわからない」という人におすすめします。

事前ヒアリングとマーケティング調査を徹底的に行うのが、バリューエージェントの手法です。

海外に売り出したい商品や、サービスの特徴・メリットを最大限にアピールできる英語のホームページを制作してくれます。

WEBコンサルのノウハウを駆使し、売れるホームページにしっかりと育て上げてくれるでしょう。

英語ができる担当者が社内にいる場合は、自社で翻訳原稿を制作したうえで依頼する低コストプランも用意されています。

その他、中国語・タイ語・ベトナム語・インドネシア語の対応も可能なので、詳しくは問い合わせて見てください。

#1.費用感

  • 英語ホームページ制作
    初期費用:300万円~
    月額費用:15,000円~
    最低契約期間:12ヶ月

#2.バリューエージェントはこんな方におすすめ

  • 海外サイトを長期的に上位表示させたい方
  • サイト価値を高めたい方
  • 海外サイトを持ちたいが英語がわからない方

一覧に戻る

2.多言語サイトに強い制作会社の選び方は

多言語サイト制作会社を選ぶ際には、その会社が「どれほど伝わる翻訳・現地のマーケティングに力を入れてきた会社か?」という点に注目しましょう。

単に格安で制作できるとか、踏んできた場数以上に大切な点です。

あまりに低コストな制作会社の場合、肝心の翻訳で無料の機械翻訳を用いておざなりになっている可能性があります。

また、日本では普通のUI(画面デザイン)が、必ずしも海外で使いやすいとは限りません。

現地で使い慣れているデザインに合わせて画面構成やデザインを設計し直す必要があるかもしれないのです。

ですから、多言語サイトの制作で実績豊富で、スピーディーなやり取りが可能、アフターサポートの面で安心な業者を選びましょう。

この記事で上げた会社は実績豊富で、すべて問い合わせ無料なので、まずは気軽に連絡して自社のニーズにマッチした業者を選んでください。