小規模事業者持続化補助金の採択率を上げる申請書の書き方5ポイント

こんな悩みありませんか?

補助金ほしいけど、申請書の書き方複雑過ぎてリソースを割けない

会社のホームページを作りたいけど、何からすればいいのか分からない

せっかくの新商品発売なのに販促に回す資金がない

小規模事業者持続化補助金の採択率はどれくらいなの?

Stock footage provided by Videvo, downloaded from https://www.videvo.net

多くの小規模事業者の経営者、また個人事業主にとって、販促費用販路拡大費用の確保は切実な悩みでしょう。

実は、おすすめなのが、シンプルな申請方法で、幅広い経費対象の「小規模事業者持続化補助金」です。

何か新しいことを始めたいと思ったときは、とりあえず小規模事業者持続化補助金を検討すればいい、というほど使い勝手の良い補助金です。

この記事は小規模事業者持続化補助金の制度概要申請の方法、採択率を向上させる重要ポイントまで説明します。

1.小規模事業者持続化補助金とは

小規模事業者持続化補助金は、新規顧客の獲得につながる施策に利用できる補助金です。

自社の商品・サービスを新規顧客にプロモーションしたり、新商品、新サービスを開発して新規顧客に売り込んだりすることで、販路を拡大し続けなければ事業の継続はありえません。

補助金ですので、融資と違って返済の義務がないので、運転資金が限られる小規模事業者の大きな味方です。

ものづくり補助金などの他の大型補助金と比較すると、申請書類の種類も少なく、作成作業も比較的軽いのが特徴です。

小規模事業者持続化補助金は、初めて補助金を申請する方でもハードルが低い補助金といえます。

ものづくり補助金については、以下の記事で説明しています。

ものづくり補助金完全マニュアル!確実に補助金獲得するための3ポイント

2019.04.15

2.小規模事業者持続化補助金の対象者

小規模事業者持続化補助金の対象となる要件は、主に下記の3つです。

  1. 常時使用する従業員の数が20名以下の事業者(ただし、卸売業・小売業・宿泊業と娯楽業以外のサービス業であれば5名以下
  2. すでに事業を行っていること
  3. 地域の商工会議所または商工会から助言、支援を受けて経営計画を作成していること

個人事業主でも、税務署に開業届を提出して、実質的に事業を開始していれば要件に当てはまります。

ただし、医師や組合、そして、社団法人、財団法人、宗教法人、NPO法人などのいわゆる営利法人にあたらない法人は対象外です。

(1)商工会議所・商工会と作成する経営計画とは?

経営計画は、事業を行う地域の商工会議所、または商工会の相談員のアドバイスをもらいながら、決まった様式に基づいて事業の計画についての書類を作成していくイメージです。

経営計画を作るために、商工会議所、または商工会の会員である必要はありません。

事業所の住所によって、商工会議所(主に市を管轄)、商工会(主に町村を管轄)のどちらの支援を受ければよいのかは自動的に決まります。

3.小規模事業者持続化補助金の対象経費

小規模事業者持続化補助金は、事前に策定した経営計画に基づいて実施する地道な販路開拓が対象です。

また、販路開拓と併せて行う業務効率化、生産性向上のための事業も対象になります。

販路開拓、業務効率化、生産性向上のための事業にかかる下記の経費が対象です。

  • 機械装置等費
  • 広報費
  • 展示会等出展費
  • 旅費
  • 開発費
  • 資料購入費
  • 雑役務費
  • 借料
  • 専門家謝金
  • 専門家旅費
  • 車両購入費(買物弱者対策事業の場合に限ります)
  • 設備処分費(補助対象経費総額の1/2が上限)
  • 委託費
  • 外注費

(1)具体的な対象事業と経費の例は?

補助金の対象となる事業と経費の例をいくつか挙げます。

  • 新商品を陳列するための棚を購入した代金
  • 新たな販促用チラシを作成して送付した費用
  • ネット販売システムの構築費用
  • 展示会、見本市への出展費用
  • 新商品の開発費用
  • 新商品開発に向けたブランディングコンサルタント依頼費用
  • バリアフリーのため、新製品販促のための店舗改装費用
  • 人事・給与管理業務を効率化するために、労務管理ソフトウェアを購入した費用
  • 売上管理業務を効率化するために、POSレジソフトウェアを購入した費用
  • 新サービス販促のためにホームページを新たに作成した費用

もちろん、費用の使用目的は経営計画に記載した事業に必要なものでなければなりませんが、小規模事業者持続化補助金の対象の幅広さ、使い勝手の良さがよく分かるかと思います。

#1.小規模事業者持続化補助金はホームページ制作に使えるのか?

ホームページ新規制作を検討している小規模事業者は、小規模事業者持続化補助金を活用できるでしょう。

IT導入補助金の対象からホームページ制作(対象は双方向発信型のみ)が外れましたので、小規模事業者持続化補助金は狙い目です。

双方向発信型(ユーザーが予約確認などをホームページ上で行える形式)のホームページ制作に使えるIT導入補助金については、以下の記事をご覧ください。

IT導入補助金の自社採択率アップ!絶対に落ちないための虎の巻

2019.04.16

4.小規模事業者持続化補助金の金額と補助率、申請スケジュール

小規模事業者持続化補助金の補助率と補助上限金額、補助金上限額を2倍にするテクニック、申請スケジュールについて説明します。

  1. 小規模事業者持続化補助金の金額と補助率
  2. 補助金上限額を2倍にするテクニックとは?
  3. 小規模事業者持続化補助金の申請スケジュール

それぞれを説明します。

(1)小規模事業者持続化補助金の金額と補助率

小規模事業者持続化補助金の金額と補助率は以下のとおりです。

補助金の下限が設定されていないことが、小規模事業者持続化補助金の使いやすさを際立たせています。

対象経費の合計が75万円未満の場合は、その3分の2の金額が補助されます。

75万円以上かかった場合は、上限額の50万円が補助されます。

補助率

補助対象経費の3分の2以内

補助上限額

50万円

(2)補助金上限額を2倍にするテクニックとは?

補助金上限額を2倍に引き上げる方法があります。

下記の2つの要件のどちらかを満たせば、補助率は3分の2のままで、上限額を100万円に上げることができます。

  • 市区町村による創業支援等事業の支援を受けて、確認書を交付された事業者
  • 市区町村の推薦を受けて当該市区町村の地域再生計画等に沿う買い物弱者対策等の事業

(3)小規模事業者持続化補助金の申請スケジュール

小規模事業者持続化補助金の申請スケジュールは以下のとおりです。

公募期間

2019年4月25日(木)~2019年6月12日(水)[締切日当日消印有効]

補助事業実施期間

交付決定日(「交付決定通知書」に記載)~2019年12月31日(火)

5.重要な5つの申請ステップで補助金ゲット!

小規模事業者持続化補助金の申請ステップは、以下の5ステップで、他の大型補助金と比較すると必要書類や手順がシンプルです。

  1. 経営計画書の作成
  2. 経営計画書を商工会議所または商工会に提出
  3. 申請書類一式を送付
  4. 補助金審査後「補助金交付決定通知書」が送付される
  5. 実績報告書などを作成・提出して補助金を受け取る

申請ステップを説明していきます。

(1)経営計画書の作成

商工会議所、または商工会と相談しながら「経営計画書」、「補助事業計画書」を作成します。

平成30年度第2次補正予算の小規模事業者持続化補助金を、商工会議所から申請する場合の経営計画書、補助事業計画書の様式はこちらにあります。

商工会議所と商工会とでは、様式が一部異なるのでご注意ください。

(2)経営計画書を商工会議所または商工会に提出

「経営計画書」、「補助事業計画書」(写し)を商工会議所または商工会に提出します。

補助事業者の要件を満たしているかなどの確認を受けるとともに、「事業支援計画書」の作成を依頼します。

事業支援計画書は、商工会議所または商工会から、小規模事業者持続化補助金をもらうための推薦状のようなものです。

発行された「事業支援計画書」を受け取ってください。

(3)申請書類一式を送付

「経営計画書」、「補助事業計画書」以外の申請書類も作成し、郵送で申請書類一式を送付します

平成30年度第2次補正予算の小規模事業者持続化補助金を、商工会議所から申請する場合の必要申請書類の様式はこちらにあります。

商工会議所と商工会とでは、申請様式が一部異なるのでご注意ください。

採択審査は非公開で、提出資料のみで行われます。

提案内容に関するヒアリングは実施されないので、書類不備のないよう十分注意しましょう。

(4)補助金審査後「補助金交付決定通知書」が送付される

補助金交付決定通知書が送付されるので、申請した事業を実施、支払いまで終了させてください。

平成30年度第2次補正予算の小規模事業者持続化補助金の採択結果公表は、2019年7月末頃予定です。

申請した事業を実施する際は、対象事業にかかる費用の契約締結日、または施行日が、「交付決定通知書」に記載されている交付決定日の前にならないように注意してください。

(5)実績報告書などを作成・提出して補助金を受け取る

補助対象経費の支払いまで含めて事業を完了した後30日以内、または2020年1月10日(金)の、いずれか早い日までに実施事業内容および経費内容を取りまとめて提出します。

確定検査後に交付額が確定されます。

「補助金確定通知」が送付されますので、補助金の請求を提出してください。

その後、補助金が指定口座に入金されます。

6.申請書の書き方で採択率を上げる5ポイント

うれしいことに、小規模事業者持続化補助金の採択率は比較的高い状況が続いています。

それでも、初めて申請を行う方は、申請時にどんな点に気をつければよいかわからない点も多いでしょう。

以下が重要な5ポイントです。

  1. 余裕を持って申請スケジュールを組む
  2. 対象顧客が誰なのかを明確にする
  3. 取引先からのコメントで自社の強みを明確に
  4. 経営目標は具体的な目標数値を
  5. これまでのやり方とは違う点をアピール

それぞれについて説明します。

(1)余裕を持って申請スケジュールを組む

商工会議所、または商工会の事業支援計画書の発行には一定の日数が必要です。

商工会議所の支部によっては、締め切り日の間際まで相談を受け付けてくれる支部もあります。

しかし、都市部の申請数が多い支部によっては、ぎりぎりの申請は受け付けてくれないところもあるようです。

したがって、できるだけ余裕を持って商工会議所の支部に持ち込みましょう。

遅くとも締め切り日の10日前に、担当の商工会議所の支部へ連絡し、可能であればアポを取ってしまいましょう。

商工会議所と商工会とでは、相談後の申請の流れも違う場合があるので十分にお気をつけください。

また、小規模事業者持続化補助金は提出資料のみで審査が行われますので、申請書類の不備は致命的です。

申請書類の不備を防ぐためにも、申請準備には十分時間の余裕を持って臨みましょう。

(2)対象顧客が誰なのかを明確にする

小規模事業者持続化補助金の経営計画書には、「顧客ニーズと市場の動向」という重要欄があります。

採択率を上げるためにも、顧客が求めている商品・サービスがどのようなものか、そして、補助事業における対象顧客が誰なのか明確に理解しましょう。

もしあなたの会社の主要事業が、BtoB(企業を対象として事業や商取引を行うこと)の場合では、取引先と消費者の両方において、顧客が求めている商品・サービスがどのようなものか、そして、該当の補助事業が、顧客のニーズにどのように答えるか明確に記入できるようにしましょう。

(3)取引先からのコメントで自社の強みを明確に

経営計画書には、「自社や自社の提供する商品・サービスの強み」という重要欄もあります。

自社の強みの記載にあたっては、ダラダラとした文章で書くよりも、簡潔に箇条書きで列記する方が好印象です。

お客様の声を記入することも効果的ですから、取引先等から、自社の評価できる点についてのコメントを事前にもらっておきましょう。

(4)経営目標は具体的な目標数値を

経営計画書の「経営目標」も重要な欄です。

漠然とした文章での説明ではなく、具体的な目標数値を記入するようにしましょう。

できれば、将来3年分の売上や利益の目標を明記すると採択率アップのために好印象です。

あくまでも目標ですから、努力して達成できなかったからといって、後から補助金返還要求が来ることはまずありません。

かといって、あまりに現実離れした目標にしてしまうと、審査時に計画の実現性を疑われてしまいます。

(5)これまでのやり方とは違う点をアピール

補助事業計画書には「販路開拓等の取組内容」という重要な記入欄があります。

従来の自社のやり方とは明らかに違う方法で取り組む点を強調してアピールしましょう。

もし新規顧客を獲得するということであれば、その点についても併せて記入すると効果的です。

まとめ

小規模事業者持続化補助金は、幅広い使いみちが可能で、使い勝手のよい補助金です。

補助金額はさほど大きくありませんが、申請書類とステップもそれほど複雑ではありませんので、通常業務を回しながらでも無理なく申請準備を行うことができます。

長期的な事業の安定を考えるのであれば、新規顧客獲得、販路開拓は必須です。

小規模事業者持続化補助金をきっかけに、新規顧客開拓に取り組んでみるのはいかがでしょうか。

無料のネット広告一括見積もりサービス

あなたに最適なネット広告代理店をプロが選定・紹介します!

プロが人力でマッチングするのはデジマチェーンだけ!

デジマチェーン3つの強み

  1. 【完全無料】ネット広告の相談や広告代理店の紹介など、全ての機能が無料です。
  2. 【営業電話がゼロ】一括見積もりサイトのように業者から営業電話が来ません。
  3. 【1000件以上の相談実績】個人事業主から上場企業まで、幅広くご利用いただいています。

法人個人事業主
自社で掲載している代理店に任せている制作会社に任せている掲載していない

関連記事

  1. 軽減税率対策補助金の獲得方法が分かる!請求書もレジもリニューアル!

  2. 【マル経融資完全マニュアル】メリット解説と審査基準をパスする4大戦略

  3. 銀行からの資金調達や補助金獲得が有利になる5つの方法

  4. 初心者必見!銀行融資を受けるための手順やポイントを徹底解説

  5. 事業承継補助金の採択率アップの最短ルート!申請方法のコツを解説

  6. IT導入補助金の自社採択率アップ!絶対に落ちないための虎の巻