【2020年SEO最新版】日本語で使えるキーワード・コンテンツ作成調査ツール7選

こんな悩みありませんか?

「時間と労力ばかりかかるキーワード調査の手間を半分以下にしたい」

「SEOはとにかくキーワードを詰め込めばOKって聞いたけど本当?」

「日本語で使えるSEO対策ツールの費用相場はどれくらい?」

自社サイトのSEO外注するにしても、自前(インハウス)で行うにしても、コンテンツの方向性を決めるキーワード戦略は、実は経営者自身しか責任を持てません

SEO業者もキーワードの提案はできますが、自社のビジネスの動向に最も詳しい経営者だけが、「今」最も求められているキーワードを決定できます。

コンテンツの行く末を決める重要なキーワード選定ですが、いざ行おうとすると労力と時間ばかりかかり、合理的な判断も難しいものです。

ましてや、キーワードを記事内でどのくらいどこで使うのか、競合サイトはどうしているのかまで調べるとなると手におえません。

実は、充実した機能で評判の高いキーワード・コンテンツ作成調査ツールを選べば、無駄な費用を抑えて、効果的にキーワードやコンテンツの調査・分析ができます

また、日本語で利用できるツールを選ぶなら、ストレスがかかりません。

SEO専門業者であれば、SEO先進国のアメリカで開発された英語版の多機能最新ツールを試行錯誤しながらマスターしなければなりません。

しかし、自社サイトの状況把握用であれば、国内開発、または日本語化でこなれた使いやすいツールで機能も十分ですし、ムダな手番を減らして会社全体の経営最適化に力を注げます。

ネット広告代理店を支援するデジマチェーンが、日本語で使えるおすすめのキ場ーワード・コンテンツ作成調査ツール7つと、賢い選び方を説明します。

いずれも無料か、無料体験できるものばかりなので、まずは試して、自社の目指す方向性と予算にマッチしたツールを選びましょう。

1.効果的な検索キーワードを調べるためのツール4選

デジマチェーンがおすすめする、効果のあるキーワードを調べるためのツールは以下です。

会社名一言紹介費用感
Keywordmap for SEO豊富な日本語データで戦略分析1週間の無料トライアル
goodkeywordサジェストキーワード調査が簡単にできる無料
aramakijake.jp検索順位ごとの検索数がわかる無料
KEYWORD FINDERSEO対策キーワードを自動で取得できる1週間の無料デモ体験

【Keywordmap for SEO】は豊富な日本語データで戦略分析

Keywordmap for SEO(キーワードマップ)は、国産ツールの中でも最大量の日本語データを保有しているのが強みです。

株式会社CINC(シンク)が提供しています。

以下をはじめとした50を超えるWEBマーケティング戦略調査・分析機能で、分析データに基づいた高品質なWEBサイト対策ができます。

  • 競合サイトの獲得キーワードの調査
  • ユーザーの検索意図の可視化
  • 出現数・出現頻度など共起語の分析
  • ソーシャルメディアで支持を得ているコンテンツの抽出

NTTデータやDMM.com、電通デジタルなどの大手企業導入しているので信頼性が高いです。

サイト訪問者数の増加やSEO・プロモーションの効率化、作業時間の大幅カットなどさまざまな成果実例があります。

サービスの導入にインストール不要で、資料請求後にヒアリングを受け、IDが発行されるとすぐに運用が開始できます。

Keywordmap(キーワードマップ)には、1週間の無料トライアルサービスもあるので、気になる方は一度試してみると良いでしょう。

#1.費用感

1週間の無料トライアルサービス
詳細はお問い合わせください。

#2.Keywordmap for SEOはこんな方におすすめ

  • 検索流入数を増やしたい
  • 作業効率を改善したい
  • 豊富なデータに基づいた高品質なSEO対策をしたい

一覧に戻る

【goodkeyword】なら関連キーワードを簡単に調査できる

goodkeyword(グッドキーワード)は、メインのキーワードを入力・検索するだけで、そのメインキーワードに関連したキーワードの一覧が表示されます。

以下の大手検索サイトで実際に検索されている関連キーワードの調査が簡単にできるSEO・SEMキーワードツールです。

  • Google
  • Yahoo JAPAN
  • Bing

もともとは、開発者が個人的に作成したツールでしたが、他でも役に立てるよう、無料で公開しています。

表示されたキーワードは一括してコピーできるため、キーワードのリスト管理にも手間がかかりません。

また、Googleトレンドでの、過去からの検索ボリュームの変化グラフで確認できます。

調査したいキーワードがどの時期季節に検索されたのか、人気の動向を把握できるのでおすすめです。

#1.費用感

無料

#2.goodkeywordはこんな方におすすめ

  • 実用性のある関連キーワードを簡単に調査したい
  • キーワードの人気の動向も知りたい
  • 調べたキーワードをリスト管理したい

一覧に戻る

【aramakijake.jp】はキーワード検索数の予想ができるツール

aramakijake.jp(アラマキジャケjp)は、株式会社ディーボが提供する、キーワード検索数(検索ボリューム)チェックツールです。

検索数予測」と「競合検索数予測」の2つの機能があり、どちらも無料で使えます。

検索数予測ツール」では、調査したいキーワードを入力するだけで、Google、Yahoo JAPANについて以下の項目を確認できます。

  • 関連語
  • 月間推定検索数
  • 検索順位別の月間検索アクセス予測数

競合検索数予測ツール」では、競合URLに対して同様に調査できるので、競合サイトの分析にも利用可能です。

調査データをCSVで保存できるので、データ管理も簡単に行えます。

アカウント登録なしで使えるので、手軽に検索数をチェックしたい場合にもおすすめです。

#1.費用感

無料

#2.aramakijake.jpはこんな方におすすめ

  • 検索順位ごとの検索数を調べたい
  • SEO、広告のキーワードを見直したい
  • 無料で手軽に利用したい

一覧に戻る

【KEYWORD FINDER】ならキーワードを自動で選定できる

KEYWORD FINDER(キーワードファインダー)は、登録したキーワードとサイト情報をもとに、おすすめキーワードと、キーワードごとの以下の項目を毎日自動で取得してくれます。

  • 月間検索数
  • SEO難易度
  • 関連度

aramakijake.jp(アラマキジャケjp)と同じ株式会社ディーボが提供する、キーワード選定支援ツールです。

設定したキーワードで、Google、Yahooの検索順位毎日取得してくれます。

競合サイト最大7社までの順位推移の比較も可能です。

キーワードファインダーには他にも、以下のようなコンテンツマーケティングに役立つ機能が充実しています。

  • 関連キーワードを視覚的に確認できる「キーワードマップ
  • 作成したコンテンツを簡単にSEOチェックできる「SEOスコア

株式会社KADOKAWA、東洋経済新報社など大手企業導入し、信頼性も高いサービスです。

ほぼ全ての機能が利用できる、7日間の無料デモ体験ができるので、まずは気軽に試してみると良いでしょう。

#1.費用感

  • 7日間の無料デモ体験
  • スタンダード      50,000円/月(税抜)
  • プロフェッショナル   100,000円/月(税抜)
  • エンタープラプライズ  200,000円/月(税抜)
  • オプション 管理キーワード1000追加  20,000円/月(税抜)
  • 登録サイト2追加  10,000円/月(税抜)

#2.KEYWORD FINDERはこんな方におすすめ

  • 自動でキーワードを取得したい
  • キーワード件数・難易度も調べたい
  • 競合サイトとの比較データも欲しい

一覧に戻る

2.検索順位が上がりやすいコンテンツ構造が見えるツール3選

デジマチェーンがおすすめする、検索順位を上げるためのコンテンツツールは以下です。

会社名一言紹介費用感
パスカルWEBマーケティングのプロに選ばれ、リアルタイムな分析が強み4日間利用できる無料体験版あり
Fukuroコンテンツと被リンクの対策方法がわかる1日2回まで無料
ezorisu-seo.jp必要なコンテンツ対策が簡潔に詳しくわかる無料

【パスカル】はリアルタイム分析が強みで820社以上が導入

Pascal「パスカル」は、SEO対策やコンテンツマーケティングの業務効率を上げることを追求した以下の機能があります。

  • 競合サイトの分析
  • キーワードの分析と記事の傾向分析
  • 内部SEOの改善アドバイス方法
  • 検索順位の管理
  • キーワード選定

競合サイトの統計分析はわずか1分で、検索上位30〜50位の競合サイトから、検索順位の決定要因を約50項目比較分析できます。

リアルタイムな検索上位データから分析できることがパスカルの強みです。

直感的にわかるビジュアルで表示され、詳細の確認や、分析結果のレポート出力もできるので、大幅な作業効率化が実現できます。

また、分析できるドメイン数に制限がなく、クラウドツールのため、どんなデバイスからもアクセス可能です。

株式会社オロパスが提供しており、Web制作・マーケティング会社を中心とした820社以上の会社が導入しています。

4日間利用できる、無料体験版もあるので、実際に試してみることをおすすめします。

#1.費用感

  • 4日間利用できる無料体験版
  • ライト   49,500円/月(税込)
  • プロ    66,000円/月(税込)
  • アナリスト 88,000円/月(税込)

#2.パスカルはこんな方におすすめ

  • リアルタイムな分析結果を知りたい
  • SEO、コンテンツの分析の精度を上げたい
  • コンテンツ対策の作業効率を上げたい

一覧に戻る

【Fukuro】は記事の書き方や被リンク対策がわかる

Fukuro(フクロウ)は、順位を上げたいキーワードを入力するだけで、以下のようなコンテンツ制作に役立つ情報を分析し表示してくれます

  • コンテンツの書き方
  • 最も評価の高いコンテンツの傾向
  • 上位表示に必要な被リンク数

フクロウは1日2回まで無料で利用できます。

運営会社は、KEYWORD FINDER(キーワードファインダー)や、aramakijake.jp(アラマキジャケjp)等のSEO対策サービスに特化した、株式会社ディーボです。

ページのどこへどのようにキーワードを入れると良いか、どんなコンテンツを追加すれば良いかひと目で分かります。

Googleから評価されるための具体的な方法がわかるので、スピーディーに検索順位に反映したい場合にフクロウがおすすめです。

#1.費用感

1日2回まで無料

#2.Fukuroはこんな方におすすめ

  • キーワードの使い方を詳しく知りたい
  • 効果的なコンテンツの作り方を知りたい
  • 被リンクの対策方法を知りたい

一覧に戻る

【ezorisu-seo.jp】は必要なコンテンツSEOが簡潔にわかる

ezorisu-seo.jp(エゾリス)は、上位表示を目指したいキーワードを入力するだけで、コンテンツの対策方法を提案してくれます

使い方簡単で、検索したいキーワードを入力し、「調査開始」をクリックするだけです。

入力したキーワードを元に、上位表示されているサイトがコンテンツ対策に使用しているキーワードを、重要度ごとに検出し、以下の調査結果が表示されます。

  • タイトルや見出しに含めるべきキーワード
  • コンテンツに盛り込むべきキーワード
  • 必要な文字数の目安(上位サイトの平均・最大文字数)

表示された調査結果はCSVデータとして出力できるので、データの保存も可能です。

新規のコンテンツ制作や、記事のリライトなど、検索ユーザーの求める情報を元にすぐにコンテンツ対策ができます。

ezorisu-seo.jpは、株式会社ディーボが運営展開するコンテンツSEOツールです。

#1.費用感

無料

#2.ezorisu-seo.jpはこんな方におすすめ

  • 上位表示に必要な対策キーワードを知りたい
  • 簡潔にコンテンツ対策を分析したい
  • コンテンツに必要な文字数を知りたい

一覧に戻る

3.日本語で使えるキーワード・コンテンツ作成調査ツールの選び方

自社サイトの順位を上げてキープしていくためには、Googleのアルゴリズム変更にも対応できる強いコンテンツが必要です。

残念ながらSEOに絶対的な答えや、答えを叩き出す方程式はありません。

この記事で取り上げたツールも、SEOに有効な施策の一つの側面を数値化してくれるツールに過ぎません。

ですから、1つのツールを完全に使い込むよりも、複数のツールを並行して使い、多角的に自社サイトの状態を把握しましょう。

そのためにも、この記事のツールはどれも日本語で利用ができるので、操作に関して余計なストレスもかかりません。

習得に長い時間を費やす必要もありません。

突然のGoogleアルゴリズムの変動にもスピーディーに備えるためにも、気軽に試してみることをおすすめします

Google広告でPPCアフィリエイトをはじめませんか?

Google広告でPPCアフィリエイトを始めませんか?

PGC(PPC Affiliate Google ads Search Class)とは「最短1ヶ月でGoogle検索広告のAIでPPCアフィリエイトを自動化する」ためのオンライン講座があります。

Google広告のAIを使ってPPCアフィリエイトの自動化をすれば、キーワード選びや広告文のテスト、入札調整などをしなくてすみます。

今まで月に数十時間かかっていた作業がたった3時間で終わってしまう、それがPPCアフィリの自動化です。夢のような本当の話であり、それを論理的に実現したのがPGCです。

Google広告でPPCアフィリを自動化すると稼げる

論より証拠。Google検索でPPCアフィリを自動化するとどのぐらい稼げるのかお見せします。

報酬広告費利益ROAS
2019年6月1,735,518円706,117円1,029,401円245%
2019年7月2,225,476円854,171円1,371,305円260%
2019年8月1,665,444円635,537円1,029,907円262%
2019年9月1,986,506円1,075,237円911,269円184%
合計7,612,944円3,271,062円4,341,882円232%

といった感じで平均100万円以上の利益を残すことができています。

Google検索広告を使いこなすことができれば、生産性が高く息の長いビジネスを回すことができるということには魅力を感じませんか?

PGCオンライン講座の参加はこちら

【注意点】

  • Gmailの場合、「メインタブ」ではなく「プロモーションタブ」にメールが届くことが多いので、確認をしてください
  • 登録をしても届かない場合は、迷惑メールボックスを確認してください

関連記事

  1. 【最新版】新潟SEO対策会社おすすめ11社をプロが完全比較

  2. 【最新版・関西】SEO対策会社20社完全比較とプロの選び方まとめ

  3. 【初心者必見】WordPressのバックアップを取る3つの方法

  4. 【最新版・福岡】SEO対策会社おすすめ13社完全比較まとめ

  5. WordPressとは?メリット・デメリットや使い方を徹底解説!

  6. 【最新版・横浜川崎】プロが選ぶSEO対策会社11社完全比較まとめ

  1. 【2020徹底比較】広島のインターネット広告に強い広告代理店おすす…

    2020.08.13

  2. 【全手順解説】ドコモアフィリエイトをdアカウント取得から始める!…

    2020.08.12

  3. 【最新完全比較】静岡でおすすめのインターネット広告代理店7社全担…

    2020.08.12

  4. 【最新比較!広島】クロスメディア戦略が得意な広告代理店5社~全担…

    2020.08.03

  5. 【最新完全比較】東京で飲食店分野に強いおすすめ広告代理店5社全担…

    2020.07.31

  6. 【最新・完全比較】美容業界に強い東京の広告代理店3社の担当者に連…

    2020.07.27

  7. 【最新版・東京】格安で実績豊富な広告代理店おすすめ3社の全担当者…

    2020.07.26

  8. 【最新完全比較】新宿でおすすめのインターネット広告代理店7社全担…

    2020.07.25

  9. 【2020年SEO最新版】日本語で使えるキーワード・コンテンツ作成調査…

    2020.07.24

  10. 【2020年】初心者向けGoogle公式の5大SEOツール比較使い方を押さえ…

    2020.07.20

  1. 【全手順解説】ドコモアフィリエイトをdアカウント取得から始める!…

    2020.08.12

  2. teamsを使いこなすために必須な7つの機能と解決できる7つの課題

    2020.03.26

  3. インスタ広告ってどうやって出す?インスタ広告の出し方5ステップ

    2019.11.25

  4. 無料Web会議アプリ「Zoom」!無料版と有料版の費用・機能比較!

    2020.02.29

  5. 無料で大丈夫?フリー版セキュリティソフトのクセと達人おすすめの…

    2020.03.26

  6. Microsoft Teams導入方法徹底解説!7大マスト機能と便利な5機能

    2020.03.26

  7. 【最新版・東京】SNS運用代行選び方とおすすめ14社ランキング

    2019.10.31