セールスフォースのマーケティングクラウドとは?注目の3つの特徴

「顧客を獲得するためにMAツールを導入したい!」
「マーケティングクラウドがおすすめと言われたが正直よく理解できない…」

新規顧客を獲得するためにMAツールの導入を検討していたところ、マーケティングクラウドをおすすめされたが理解するのに苦労しているという方は多いでしょう。

しかし、実はマーケティングクラウドの特徴を理解することはそう難しくありません。

ここではマーケティングクラウドが持つ顧客獲得のための特徴、そして具体的な機能がどのように働くのか紹介します。

この記事を読んでマーケティングクラウドへの理解を深め、あなたの会社にもMAツールを導入し顧客への新たなアプローチができるようにしてみませんか?

まずはセールスフォースについて、事前に理解しておきたい人はこちらをご覧ください。

知っておきたいセールスフォースの特徴と5つの導入メリット

2019.10.01

1.マーケティングクラウドとは

マーケティングクラウドとは、セールスフォース・ドットコムが提供するMAツールの1種です。

MAツールを使用することで、従来のマーケティング活動を自動化できるようになります。

また、顧客にパーソナライズした情報を最適なタイミングで配信できるようになるので、顧客との繋がりを深め、エンゲージメントや売上の向上に期待できるでしょう。

マーケティングクラウドの使用で、顧客とのコミュニケーションの質をさらに高め、より満足度の高いOne to Oneマーケティングの実現を果たしませんか?

※One to Oneマーケティングとは顧客一人ひとりのニーズに合わせて展開されるマーケティング活動のことをいいます。

2.セールスフォースマーケティングクラウドの3つの特徴

マーケティングクラウドが持つ3つの特徴を説明します。

マーケティングクラウドが持つ特徴は、自社と顧客の関係性をより強固にするために役立ちます。

ツールによって情報を統一、管理、そして活用することは従来のマーケティング活動に大きな衝撃を与えるでしょう。

マーケティングクラウドで顧客とさらに向き合い、企業の躍進に繋げてみてはいかがでしょうか?

以下の3つがマーケティングクラウドが持つ特徴です。

  1. 顧客情報の一元化
  2. カスタマージャーニーの自動化
  3. その時々に合わせたコンテンツを多くのチャネルで展開

1つずつ紹介します。

(1)顧客情報の一元化

マーケティングクラウドの1つ目の特徴は、顧客情報の一元化ができることです。

マーケティングクラウドでは、顧客が閲覧したサイトの履歴や、購買履歴、POS情報など顧客に関する情報を一つのツールで管理することができます。

情報を一元化することによって今までバラバラに保管されていた情報を整理しやすくなり、情報活用を行いやすくなるというメリットが発生するのです。

また、情報を一元化することでデータ抽出がしやすくなるのもポイントの一つとなっています。

顧客に合わせた情報収集をツールが自動的に行ってくれることで、今までマーケティング活動に費やしていた時間の一部を他の仕事に回すことも可能です。

情報を一つの場所に統一することで、コストや工数の削減にも繋がります。

顧客に対してよりパーソナライズした情報を配信するには、情報の一元化は大切なポイントということですね。

(2)カスタマージャーニーの自動化

マーケティングクラウドの2つ目の特徴は、カスタマージャーニーの自動化が行えることです。

カスタマージャーニーとは、顧客がどのように商品を知り、どのような感情で、そしてどのようなプロセスで購入に至るのかを可視化したもののことです。

ツールが最適化してくれたカスタマージャーニーを上手く活用することで、特定の顧客に合わせた最適な行動をすることが可能となります。

ネットの普及などにより顧客のニーズは複雑化しているため、自社の商品を購入してもらうためにも商品へのタッチポイントをより理解することが必要になりました。

カスタマージャーニーの自動化によって、より顧客と商品のタッチポイントを増やし、顧客満足度のアップ、そして自社の売上アップに期待しましょう。

(3)その時々に合わせたコンテンツを多くのチャネルで展開

マーケティングクラウドの3つ目の特徴は、その時々に合わせたコンテンツを多くのチャネルで展開できることです。

チャネルとは、集客するための流通ルートのことをいいます。

実店舗やSNS、ECサイトなどは顧客が商品に結びつく流通ルートであるためチャネルと言えるでしょう。

このチャネルを通じた商品展開が顧客満足度アップへの大切なポイントなのですが、むやみにコンテンツを配信していてもなかなか顧客が商品を購入するまでには至りません。

そこで、マーケティングクラウドの情報の最適化が役立ちます。

それぞれの顧客に最適化したコンテンツをタイミング良く配信することで商品とのタッチポイントが生まれ、商品の購入まで至る確率が上がるのです。

収益の最大化を図るには、顧客が求めていることをいかに把握できるか、そしていかに商品を提供できるかが大切になります。

マーケティングクラウドで顧客との最適なOne to Oneコミュニケーションを行い、顧客満足度を高めていきましょう。

3.マーケティングクラウドの主な5つの機能

続いてはマーケティングクラウドが持つ5つの主な機能について説明します。

マーケティングクラウドは既存客や新規客など、それぞれの顧客を深く理解し、質の高い繋がりを保つための機能に溢れています。

具体的な機能を知ることで、マーケティングクラウドが顧客に対してどのようにアプローチできるのかより深く知っていただけるでしょう。

どのような機能を持っているかを把握した後は、マーケティングクラウドを自社に導入した場合顧客へのアプローチがどのように変わるか想像してみてください。

以下が主な5つの機能となっています。

  1. Email Studio(顧客データを基にメール一括送信)
  2. Mobile Studio(タイムリーな情報をアプリを通して発信)
  3. Social Studio(顧客の動向をリアルタイムで取得)
  4. Advertising Studio(顧客にパーソナライズした広告の表示)
  5. Journey Builder(目的の達成をサポート)

1つずつ紹介します。

(1)Email Studio(顧客データを基にメール一括送信)

マーケティングクラウドの1つ目の機能は、Email Studioです。

Email Studioでは、それぞれの顧客にパーソナライズした情報を掲載した数百万規模ものメールをたった数分で送信することが可能です。

膨大なデータから顧客をセグメント化し、一人ひとりに合わせたメールを配信することができるので、顧客の関心を引くのにも役立ちます。

例えば顧客の過去の購入履歴から今後のイベントを予測し、その時々に合わせた商品を推奨するメールや、誕生月に特別なクーポン付きのメールなどを送ったりもできるでしょう。

また、送信したメールのトラッキングにより開封率を知ることもできるので、施策の効果を判断したり、戦略の見直しにも繋げることができます。

Email Studioは、顧客にそれぞれターゲティングしたメールを送信し、顧客との密な繋がりをサポートしてくれる機能です。

(2)Mobile Studio(タイムリーな情報をアプリを通して発信)

マーケティングクラウドの2つ目の機能は、Mobile Studioです。

Mobile Studioは、SMSやスマートフォンのプッシュ通知を利用して顧客にパーソナライズした情報を提案します。

例えばショッピングアプリでカゴに入れていた商品が安くなった際や、お買い得なタイミングを把握し、顧客に最適なタイミングで通知を行うことが可能です。

また、顧客の位置や行動情報に合わせて商品をより手に取ってもらいやすくなるような情報の送信も行えます。

実店舗に入店した時や、おおよそのスケジュールを把握してお店を利用しそうなタイミングでクーポンを配信したりすることでタッチポイントを増やすことができるでしょう。

スマートフォンが普及し誰しもが常に情報と繋がっている今だからこそ、Mobile Studioによる情報提供で顧客との関係性をより深めることが大切です。

(3)Social Studio(顧客の動向をリアルタイムで取得)

マーケティングクラウドの3つ目の機能は、Social Studioです。

Social Studioはリアルタイムで自社や業界の動向などの情報を整理し、会社と顧客の繋がりをより深めるのに役立ちます。

例えば顧客がTwitterなどのSNSで自社についてのツイートをしていた場合、その内容を分析し顧客が求めている情報などを素早く提供することが可能です。

顧客との距離が近いSNSなどのサービスで迅速な対応を行うことで顧客満足度の向上や今後の関係性を築くこともできるでしょう。

ソーシャルメディアによる戦略は現代の顧客に高い適合性を持っています。

Social Studioは顧客と商品の距離を近く保ち、より包括的で深い関係を築くのに適しているでしょう。

(4)Advertising Studio(顧客にパーソナライズした広告の表示)

マーケティングクラウドの4つ目の機能は、Advertising Studioです。

Advertising Studioはそれぞれの顧客に最適化したソーシャル広告を提案するのに役立ちます。

顧客の行動や購入履歴から今後の動きを予測し、よりパーソナライズした広告をタイムリーに配信することで商品への関心を高め、効率的なマーケティングを行うことが可能です。

また、購入経験のある商品の広告は停止させるなど、顧客にそぐわないマーケティングは行いません。

Webサイトに常日頃から広告を出し、商品の情報を提供することは従来のマーケティング活動では行えなかったことです。

Advertising Studioの使用は、自社の商品を顧客にとって最適なタイミングで推奨し、よりよい関係性を築いていくためにもおすすめします。

(5)Journey Builder(目的の達成をサポート)

マーケティングクラウドの5つ目の機能は、Journey Builderです。

Journey Builderによって、目標を達成するための最適な行動を行えるようになります。

一人ひとりの顧客にパーソナライズしたジャーニーを作成、そして活用することで顧客満足度の向上を目指しましょう。

顧客に合わせたカスタマージャーニーの作成は、顧客のめまぐるしい行動の変化にも対応しエンゲージメントの向上にも繋がります。

ロイヤルティアップのためにも、Journey Builderを使用し、最適なカスタマージャーニーを作成、そして他の部門と共有することでより質の高いOne to Oneマーケティングを行いましょう。

まとめ

今回は、セールスフォースのマーケティングクラウドについて紹介しました。

顧客が膨大な情報に飲み込まれている現代では、企業側が適切なアプローチを行わない限りなかなかチャンスはやってきません。

マーケティングクラウドが持つ特徴、そして機能は顧客とのタッチポイントを増やし、そして管理することで顧客と常に良い関係性を保つのに役立ちます。

顧客を理解する必要がある現代、マーケティングクラウドのサポートを受け、さらに質の高いOne to Oneマーケティングの実現を目指しましょう!

セールスフォースの使い方について、もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

実践編!セールスフォースの3つの主要機能と効果的な使い方

2019.11.03

コロナ不況による売上減少対策に「成果報酬型広告」を始めませんか?

現在、コロナの影響により売上減少が大きくなっています。

まだまだ先の見えないコロナ不況…。

設備投資の凍結や雇用調整などが行われています。

その中でも、すぐに経費削減できるものといえば、広告費でしょう。

しかし、広告費を削減すれば集客数が減少します。

広告費削減は一時的な対策であり、売上を上げる施策は行う必要があります。

広告費削減もしつつ、売上アップもしなければいけない…。

どうすればいいのでしょうか?

答えは「成果が出た後に、広告費を出す」ことにすればいいのです。

それができるのが「成果報酬型広告」です。

成果報酬型広告を成功させる秘訣をメールセミナーで公開します!

成果報酬型広告を導入するには3つのポイントがあります。

  1. 成果報酬型広告で成功できるビジネスを作る
  2. 成果報酬型広告の最適なパートナーが見つける
  3. 成果報酬型広告を継続できる仕組みを導入する

今回、この3つの成功ポイントを5回のメールセミナーでお伝えします。

コロナ不況に負けないためにも、成果報酬型広告を導入して、売上を伸ばしましょう!

メールセミナー登録フォームはこちら

関連記事

  1. インスタ広告の費用は?4種類の課金方法と広告効果を上げる5つのコツ

  2. デジタルマーケティングとは?4つのメリットと6つの手法を紹介!

  3. マルケトが企業から支持される理由とは?導入事例を3社紹介!

  4. Facebook広告マネージャとは?3つのメリットと運用の6ステップ

  5. 企業がSaaSを導入する際の4ステップと期待できる5つの効果

  6. 7つの目的別に11個!業務効率化に役立つクラウドサービス一覧