広告代理店業界ニュース2019/7/4号ソフトバンク新ビジネスで利益倍増

ソフトバンク、新ビジネスで法人事業の営業利益を数年で倍増へ

法人事業の営業利益倍増の内訳としては、キャリア事業、グロ-バル事業、トレジャーデータを中心とするデジタルマーケティング事業も伸ばすが、半分は新たに設立したデジタルトランスフォーメーション(DX)本部による、新規ビジネスで賄う

ソフトバンク、新ビジネスで法人事業の営業利益を数年で倍増へ

イオン/ベトナムで日商エレクトロニクスとデジタルマーケティング協力

VNPTと日商エレクトロニクスの2社は、両社の持つ情報通信インフラ、ITサービス、情報サービスなどのITリソースを活用し、商業分野においてのデジタルソリューションを提供。イオンモールベトナムは、大型ショッピングモールという施設を活用したデジタルマーケティングの実践の場として提供

イオン/ベトナムで日商エレクトロニクスとデジタルマーケティング協力

Googleと中古不動産流通プラットフォーム「RENOSY(リノシー)」に関するデジタルマーケティングにおいて協業合意

Googleの最新プロダクトを活用したデジタルマーケティングや技術部隊による分析においてパートナーシップを組み、GAテクノロジーズの強みであるインハウスマーケティングを一層強化するものです。また、中古不動産流通プラットフォームサービス「RENOSY」の認知拡大のため、1st Party データ(ファーストパーティーデータ)を活用した動画施策の手法確立に向けてGoogleと取り組んでまいります

Googleと中古不動産流通プラットフォーム「RENOSY(リノシー)」に関するデジタルマーケティングにおいて協業合意

ログリー、「ネット広告健全化に向けた9社による共同声明」に賛同

インターネット広告(以降、ネット広告)配信に携わる事業者9社は、ネット広告の健全化に向け、フェイク広告やコンプライアンス違反広告を根絶するために連携して対応策を検討していくことで合意しました。

ログリー、「ネット広告健全化に向けた9社による共同声明」に賛同

ADK MS、メタップスワンと共同チームを立ち上げ データフィード・ダイナミック広告領域を強化

ユーザーの検索行動や属性、行動履歴等に基づいてアイテム単位での配信が可能なデータフィードおよびダイナミック広告は、CriteoやGoogle広告、Yahoo!JAPANをはじめ、Facebook広告やLINE Ads Platform、Indeedなど数多くのプラットフォームにおいて展開されており、多くの企業が、ユーザー行動の多様化が進む中で成果を出しやすい広告手法の一つとして導入を進めている

ADK MS、メタップスワンと共同チームを立ち上げ データフィード・ダイナミック広告領域を強化

ロボットスタート、スマートスピーカーなどに対応したメディアの音声化サービス「Audiostart」を正式にサービス開始~メディアの音声化と音声広告によるマネタイズを同時に支援~

メディア運営者はコストをかけずにマルチプラットフォームで音声化およびマネタイズが可能になり、ユーザーは広告モデルにより音声コンテンツを無料で楽しめ、広告主・広告代理店は新しい音声広告の配信先を活用できるようになるサービス

ロボットスタート、スマートスピーカーなどに対応したメディアの音声化サービス「Audiostart」を正式にサービス開始~メディアの音声化と音声広告によるマネタイズを同時に支援~

MOMENTUMの「HYTRA DASHBOARD」が「Yahoo! ディスプレイアドネットワーク(YDN)」で運用開始

モメンタムは Yahoo! JAPANへ、アドフラウド・ブランドセーフティ対策サービスを提供してきたが、YDNでのHYTRA DASHBOARDの全面的な運用を実施に至った。これにより、モメンタムのHYTRA DASHBOARDを契約の代理店も、YDN利用時には設定不要でHYTRA DASHBOARD掲載ドメインが全件反映された、安全な状態で利用できる

MOMENTUMの「HYTRA DASHBOARD」が「Yahoo! ディスプレイアドネットワーク(YDN)」で運用開始

【フジテレビ】オープンソースを基盤としたプログラマティック広告サービス 「FLUXヘッダービディングソリューション」を導入

これまでインターネットの広告取引において、いわゆる「ウォーターフォール」と呼ばれる形式が主流でした。まずA社に確認し、条件が合わなければB社に確認する。水が下に落ちるように1件ずつ手続きを行う方式です。それに対して今回導入した仕組みは、FAXやメールを使った一括見積依頼のようなイメージ

【フジテレビ】オープンソースを基盤としたプログラマティック広告サービス 「FLUXヘッダービディングソリューション」を導入

オンライン学習サービス「ShareWis」Grow with Google パートナーとしてオンライン講座の無料提供を開始

デジタルスキルの習得をサポートするトレーニングやツールを提供する「Grow with Google」の「Grow with Googleパートナープログラム」に参画し、ShareWis上で、「はじめてのデジタルマーケティング」「はじめての働き方改革」「はじめてのAI」の3つのオンライン講座の無料提供を開始

オンライン学習サービス「ShareWis」Grow with Google パートナーとしてオンライン講座の無料提供を開始

Google広告のAIでPPCアフィリを自動化するPGC

PGC(PPC Affiliate Google ads Search Class)とは「最短1ヶ月でGoogle検索広告のAIでPPCアフィリエイトを自動化する」ためのオンライン講座です。

Google広告のAIを使ってPPCアフィリエイトの自動化をすれば、キーワード選びや広告文のテスト、入札調整などをしなくてすみます。

今まで月に数十時間かかっていた作業がたった3時間で終わってしまう、それがPPCアフィリの自動化です。夢のような本当の話であり、それを論理的に実現したのがPGCです。

PGCオンライン講座の参加はこちら

Google広告でPPCアフィリを自動化すると稼げる

論より証拠。Google検索でPPCアフィリを自動化するとどのぐらい稼げるのかお見せします。

報酬広告費利益ROAS
2019年6月1,735,518円706,117円1,029,401円245%
2019年7月2,225,476円854,171円1,371,305円260%
2019年8月1,665,444円635,537円1,029,907円262%
2019年9月1,986,506円1,075,237円911,269円184%
合計7,612,944円3,271,062円4,341,882円232%

といった感じで平均100万円以上の利益を残すことができています。

Google検索広告を使いこなすことができれば、生産性が高く息の長いビジネスを回すことができるということには魅力を感じませんか?

PGCオンライン講座講師

私はGoogle検索広告一筋で約20年以上の広告代行業務をしています。

過去には大和ハウスグループで検索広告の新規事業立ち上げの仕事などもしたことがあります。

Google検索広告代行業務を20年以上続ける傍ら、自分でもPPCアフィリエイトをやっています。

古くはビリーズブートキャンプでひと稼ぎしたり、Googleスラップ問題にも悩まされたり…など、今では知っているひとも少ない時代からPPCアフィリエイトをやっています。

Googleの検索広告代行業務とPPCアフィリエイトの両方を20年以上やり続けているというのが私の強みであり、特徴でもあります。

過去には「ネットでの売上に直結する 集客・検索キーワードの選び方・使い方」という検索キーワードに関する本も出版しています。

また、日経新聞や日経クロストレンド、産経新聞などからも検索広告やアフィリエイトに関することで取材を受けたり、近代中小企業などの専門誌への寄稿などを行っています。簡単にいうと検索広告の専門家と思ってください。

PGCオンライン講座の参加はこちら

【注意点】

  • Gmailの場合、「メインタブ」ではなく「プロモーションタブ」にメールが届くことが多いので、確認をしてください
  • 登録をしてから、プレゼントが届くまで5分ぐらいかかります
  • 登録をしても届かない場合は、迷惑メールボックスを確認してください

関連記事

  1. 広告代理店業界ニュース2019/7/17号 アップル広告アーカイブ公開中

  2. 広告代理店業界ニュース2019/5/29 グーグルショッピング広告で集客

  3. 広告代理店業界ニュース2019/7/5号 電通 デジタル広告会社買収

  4. 広告代理店業界ニュース2019/5/10号 米ネット広告収入 1000億ドル(11兆円)の大台突破

  5. 広告代理店業界ニュース2019/7/1号 新規事業でVTuber集客術

  6. 広告代理店業界ニュース2019/6/21号Google広告は自動入札主流