広告代理店業界ニュース2019/5/21号 従来広告スピード感通用しない

従来型広告制作のスピード感はネットでは一切通用しない

電通が今年2月に「(2018年の)インターネット広告費は、1兆7589億円(前年比116.5%)、5年連続の二桁成長となり、地上波テレビ広告費1兆7848億円に迫る」という小見出しのついたプレスリリースを発表した。となれば、2019年はネット広告費がテレビ広告費を抜く初の年となるだろう。

従来型広告制作のスピード感はネットでは一切通用しない

リレイド、動画広告アドネットで記事内容に基づいた広告配信

「relaido Premium Video Network」の動画広告配信面となるメディアの記事内容を収集し、独自アルゴリズムでカテゴライズを行いターゲティングを可能とする。従来はサイトレベルで行われてきた広告配信面の指定がコンテンツ単位となることで、ターゲティングの精度向上や配信面・リーチの拡大が期待

リレイド、動画広告アドネットで記事内容に基づいた広告配信

GoogleがファーウェイAndroid端末へのアプリおよびサービス提供中止を検討か(Reuters報道)

米Reutersの匿名情報筋によると、ファーウェイはオープンソース版のAndroidしか使用できなくなり、Googleが提供するアプリやサービスにアクセスできなくなるとのこと。Googleの広報担当者は詳細は明らかにせず「大統領令を遵守し、その影響を検討する」と述べるに留めています。

GoogleがファーウェイAndroid端末へのアプリおよびサービス提供中止を検討か(Reuters報道)

ファーウェイ問題でGoogleが声明、販売済み製品ではGoogle Playを引き続き提供

私たちは命令を遵守し、その影響を検討しています。Googleのサービスを利用しているユーザーは、既存のファーウェイ製デバイスにおいて、Google PlayおよびGoogle Play Protectによるセキュリティ保護機能を引き続き利用できます。

ファーウェイ問題でGoogleが声明、販売済み製品ではGoogle Playを引き続き提供

10秒カンタン無料ネット広告診断

10秒カンタン無料ネット広告診とは「自社にとって最適なネット広告戦略を知る」ためのオンライン診断です。

ネット広告診断を行うことで、どの広告に出稿をするべきなのかがすぐに分かるようになります。

今まで、よくわからないことに数十時間かかっていた時間がたった10秒回答を行えば、後はプロが回答してくれます。それが10秒カンタンネット広告診断です。

ネット広告診断を行う専門家

私はGoogle検索広告一筋で約20年以上の広告代行業務をしています。

過去には大和ハウスグループで検索広告の新規事業立ち上げの仕事などもしたことがあります。

ネット広告代理店を20年以上続ける傍ら、企業向けのネット広告講座も展開しています。

過去には「ネットでの売上に直結する 集客・検索キーワードの選び方・使い方」という検索キーワードに関する本も出版しています。

また、日経新聞や日経クロストレンド、産経新聞などからも検索広告に関することで取材を受けたり、近代中小企業などの専門誌への寄稿などを行っています。簡単にいうとネット広告の専門家と思ってください。

10秒カンタン無料ネット広告診断はこちら

法人個人事業主
自社で掲載している代理店に任せている制作会社に任せている掲載していない

【注意点】

  • Gmailの場合、「メインタブ」ではなく「プロモーションタブ」にメールが届くことが多いので、確認をしてください
  • 登録をしてから、回答までには数日かかります
  • 登録をしても届かない場合は、迷惑メールボックスを確認してください

関連記事

  1. 広告代理店業界ニュース2019/5/20号 Googleの情報収集は邪悪か?

  2. 広告代理店業界ニュース2019/6/26号 KDDI位置情報提供へ

  3. 広告代理店業界ニュース2019/7/5号 電通 デジタル広告会社買収

  4. 広告代理店業界ニュース2019/6/15号 デジタル広告総広告費4割超に

  5. 広告代理店業界ニュース2019/6/25オウンドメディアAndroid版

  6. 広告代理店業界ニュース2019/7/11小学館と集英社でマンガアプリ広告