広告代理店業界ニュース2020/4/14グーグル、FBに次ぐ独立系ネット

世界のモバイル広告のメディアソースランキングである「パフォーマンスインデックス」で、ironSourceのアドネットワークが、1位と2位のGoogleとFacebookに次ぐ、世界最大のゲーム向け独立系ネットワークとして認められた。今回、発表されたのは、2019年下半期に発生した1万6000個のアプリにおける210億件のインストールおよび、520億回の起動に関するデータをまとめたもの。プレイアブル広告のお試しゲームをして、思わずゲームをダウンロードしてしまった経験は、誰しもあるのではないだろうか。世界各地で都市がロックダウンされており、より一層、ゲーム人口の増加が予想され、ゲーム市場が注目されている。

リーフワークスが提供するアフィリエイト広告配信システム「アフィリコード・リンク」の手数料が、一定期間「0%(無料)」で利用できるようになった。新型コロナウイルス影響下における経済活動促進支援として実施される。アフィリコード・リンクへの広告出稿・仕入れなどによる成果発生時の手数料が、一切かからなくなり、実質全て無料でサービスが利用できる。6月30日までの期間限定だが、新型コロナウイルスで影響を受けた企業にとって心強いサポートだ。

2020年最新版PPCアフィリエイト初心者向け始め方とYahoo!禁止の裏側

2019.10.07

関連サイト
【緊急】東京都23区別中小企業対象コロナ対策補助金・融資一覧

お忙しい方は今日の記事まとめを45秒動画で!

Stock footage provided by Videvo, downloaded from https://www.videvo.net

モバイル広告のメディアソースランキングがironSourceを世界最大のゲーム向け独立系ネットワークとして評価

モバイルアプリのアトリビューションリーダーであるAppsFlyerは、年に2回、世界のモバイル広告のメディアソースランキングである「パフォーマンスインデックス」を発表しています。この度発表された第10版は、2019年下半期に発生した、1万6000個のアプリにおける210億件のインストールおよび520億回の起動に関するデータをまとめています。

このパフォーマンスインデックスにおいて、ironSourceのアドネットワークは、AndroidとiOSでの実績を統合したゲームアプリのボリュームランキングで3位、またゲーム以外を含めた全アプリの品質スコアで3位、そしてiOSゲームのグローバルパワーランキング(ボリュームとクオリティーの総合的評価)で3位となりました。1位と2位を占めたのはGoogleとFacebookであることから、ironSourceは世界最大のゲーム向け独立系ネットワークとして認められたことになります。

「パフォーマンスインデックス」の詳細を見ると、ironSourceは「高額課金者の獲得数」を含むゲーム関連の様々なカテゴリー及び市場において、トップ3入りを果たしていることが分かります。

●グローバル市場でのiOSのカジュアルゲームにおいてユーザー獲得ボリュームとクオリティーで第1位

●グローバル市場でのiOSのハードコアゲームにおいてユーザー獲得ボリュームで第2位

●北米、西欧、日本・韓国、東南アジア、オーストラリア・ニュージーランド市場でのiOSのミッドコアゲームにおいてユーザー獲得ボリュームで第3位

●北米市場でのAndroidのアーケードゲームにおいてユーザー獲得ボリュームとクオリティーで第2位

またironSourceは、急成長市場であるラテンアメリカとインドで最も高い成長率を示したプラットフォームでもあります。

「パフォーマンスインデックス」に示されたこれらの内容は、ゲーム業界の課題解決に注力してきた当社の取り組みの成果であると受け止めています。現在では世界最大のゲーム向け独立系事業者であり、またモバイルゲーム市場の大半を占めるカジュアルゲームにおいてはユーザー獲得ボリュームとクオリティーの両面で最も大きな影響力を持つアドネットワークとなりました。

引用元:モバイル広告のメディアソースランキングがironSourceを世界最大のゲーム向け独立系ネットワークとして評価

アフィリコード・リンク:新型コロナウイルス影響下における経済活動促進支援について

Webパッケージ製品の開発販売を展開する株式会社リーフワークス
(所在地:滋賀県大津市、代表取締役 澤 健太、URL https://www.leafworks.jp/ )は、

本日(4月7日)、昨今の新型コロナウイルスによる経済情勢を鑑みて、各事業者様の経済活動確保のため、以下の施策を実施することをお知らせいたします。

▼リーフワークスの施策

アフィリエイト広告業界の動向としましては、新型コロナウイルスによる影響範囲や度合いは、広告のカテゴリによって大きく異なる状況が見受けられます。

特にインバウンド系やリード系の広告会社の一部カテゴリでは大きな打撃を受けている企業もあります。

これら状況を鑑みて、広告の流動化と新規開拓を促進するために、広告の卸問屋サービスである「アフィリコード・リンク」の手数料を一定期間「0%(無料)」で利用できるようにいたします。

▼アフィリコード・リンクとは

リーフワークスが開発・提供しているアフィリエイト広告配信システム「アフィリコード・システム(https://system.affilicode.jp/)」をご利用のASP様は基本無料でご利用いただける広告の卸問屋サービスです。

さまざまなアフィリエイトASPがアフィリコード・リンク内で繋がっており、広告の配信先メディアをお探しの方や、逆に膨大なメディアに対して広告を仕入れて提供することができます。

※通常、広告をアフィリコード・リンクに卸した場合、1成果あたり手数料として「成果報酬額の10%」をお支払いいただいています。

▼実施期間

2020年6月30日迄

※上記の通り、手数料を無料(0%)でご利用いただける期間を、2020年6月30日までとしておりますが、社会情勢を見定めて適宜延長などの判断を行います。

引用元:アフィリコード・リンク:新型コロナウイルス影響下における経済活動促進支援について

中小企業のネット広告運用でこんな悩みはありませんか?

  • ネット広告代理店にどう頼めばいいのかよくわからない
  • ネット広告代理店に依頼をしているがきちんとできているかわからない
  • CPA(顧客獲得単価)が高騰しているが、解決方法がわからない
  • 自社でネット広告をはじめたいがどうすればいいかわからない
  • 獲得件数が変わらないのに売上が減ってしまったが、理由がわからない
  • ネット広告を中心に集客しているので、信頼出来るアドバイザーが欲しい
  • 広告代理店に依頼していたが、自社で掲載することになったのでアドバイスが欲しい
  • ネットでどうやって売上を上げていいかわからないので相談したい
  • 売上を短期間で上げる方法を教えて欲しい

ひとつでも思ったことがある方には朗報です。

ネット広告を掲載するには、さまざまな基礎知識や新しい知識を必要です。

特にネット広告で売上を上げていく場合、

  • 今の広告代理店でいいのか?
  • 自分がやっているやり方で本当にあっているのか?
  • 広告以外にも方法があるのではないか?

など、たくさんの課題や不安が出てきます。

デジマチェーンでは、そんな中小企業のネット広告に関する課題や不安をすぐに解決します。

また、広告代理店に頼らずに自社でもネット広告の掲載ができるノウハウがあります。

デジマチェーンのネット広告に対する考え、「DC式メソッド」を学ぶことで1ヶ月間で成果を上げることができます。

通常、DC式メソッドはコンサルティング契約を行った企業の方のみにご提供をしています。

ですが、今回は一人でも多くの方にDC式メソッドを知っていただくために、無料オンライン講座をご提供します。

オンライン講座を学んで頂き、さらに詳しいことを知りたいときは、弊社のコンサルティングを受けてみてください。

オンライン講座の登録フォームはこちら

【注意点】

  • Gmailの場合、「メインタブ」ではなく「プロモーションタブ」にメールが届くことが多いので、確認をしてください
  • 登録をしても届かない場合は、迷惑メールボックスを確認してください