広告代理店業界ニュース2020/3/3補助金で新型コロナ対応のマスク製造

パンデミックの可能性があるとされる新型コロナウイルス。先週、電通本社ビル全従業員のリモートワーク決断や政府からの全小中高の休校要請で子どもを持つ親の働き方の課題など中小企業だけでなく大企業にも影響を及ぼし、対応に追われている。経済産業省の特設ホームページではマスクや消毒液、トイレットペーパーの生産状況、企業への補助金の情報を掲載しており、今一度確認しておきたい。

店舗ビジネスのWEBマーケティング支援を行うGoogle広告認定パートナーの(株)ParaWorksが、飲食店に特化したリスティング広告運用サービス「VisiT」の提供を開始。Google広告やLINE、Twitter、FacebookやInstagramなど複数のSNS広告での運用が可能で、Web集客のプロが飲食店の集客の悩みを解決してくれる。

関連サイト
6ステップで完璧!カフェ起業手続き・開業資金調達・集客方法
これを見ればリスティング広告が分かる!基本知識と5つのメリット
Twitter広告の効果とは?他媒体と徹底比較!運用効果を高めよう

お忙しい方は今日の記事まとめを45秒動画で!

Stock footage provided by Videvo, downloaded from https://www.videvo.net

マスクや消毒液の状況 ~不足を解消するために官民連携して対応中です~

マスク情報(2月28日現在)
Q1 国内ではどのような生産状況ですか
国内メーカーは、24時間体制で、通常の3倍の増産を継続しています。

週1億枚の供給に加えて、「マスク製造設備導入支援補助金」を活用して、3月第2週目までにマスクの生産設備の導入等を行う事業者について、第1弾として、3件を採択しました。

興和株式会社 マスク製造
株式会社XINS マスク製造
ハタ工業株式会社 マスク部材製造
中でも興和株式会社は、本補助事業を活用して最先端のマスク製造ラインを新設予定であり、3月第2週には、生産・供給を開始することを目指しています。

引用元:マスクや消毒液の状況 ~不足を解消するために官民連携して対応中です~

飲食店舗に特化したリスティング広告運用サービス「VisiT」をリリース。月額定額の運用手数料でGoogleや主要SNSなど複数の広告運用が可能。

Google広告認定パートナーである(株)ParaWorks(代表:中村和也)では、飲食店舗でのリスティング広告運用の成功事例を集約したサービスパッケージの提供を開始。Google広告だけでなく、LINEやtwitter、facebookやInstagramといったSNS広告も含めた複数の媒体での広告運用が可能なサービスで、月額の運用手数料は3つのプランの固定制。また、契約期間の縛りが無く自由な予算、期間、媒体を選択できる事も特徴。

■運用が可能なメディア・媒体
Google検索広告・Googleディスプレイ広告・Yahoo!検索広告・Yahoo!ディスプレイ広告
Facebook広告・Instagram広告・twitter広告・LINE広告

■株式会社ParaWorksについて
プロ複業人材・実績あるフリーランスをネットワーク化し、中小企業のWEBマーケティング支援を行っている会社です。主に店舗ビジネスを展開するチェーン企業本部に対する支援実績が豊富。Google広告認定パートナー、twitter公式代理店、LINE公式代理店を取得。

引用元:飲食店舗に特化したリスティング広告運用サービス「VisiT」をリリース。月額定額の運用手数料でGoogleや主要SNSなど複数の広告運用が可能。