広告代理店業界ニュース2019/10/29オプトがアマゾン広告運用自動化

株式会社オプトがAmazonスポンサープロダクト広告における運用自動化ツールの提供を開始した。Amazonスポンサープロダクト広告は商品の広告を検索キーワード毎に入札し、掲載できるサービスだが、GoogleやYahoo!などの検索連動型広告同様にキーワードのコントロールや運用の最適化が必要となる。これら作業を自動化してくれるオプトの運用自動化ツールを導入することで、よりスピーディなPDCAで広告効果の向上を実現できる。

関連サイト
【最新完全比較】ネット広告代理店選び方とおすすめ35社

ニールセン デジタル株式会社は、来年、開催されるオリンピック・パラリンピック東京大会に向けての活動を発表。広告主やメディアに対して、オリパラの視聴者コミュニケーションに関する知見を提供する「スポーツオーディエンスのメディア利用2019-2020」と、コンテンツ視聴計測および広告視聴計測・効果分析の特別パッケージサービスを提供する。11月以降に実施される調査結果は、オリパラ開催に向け効果的な広告キャンペーンを展開したい広告主たちに大いに注目されることだろう。

関連サイト
集客力とは?集客力をアップさせるたった3つの方法を徹底解説!

お忙しい方は今日の記事まとめを45秒動画で!

Stock footage provided by Videvo, downloaded from https://www.videvo.net

オプト、Amazon APIを活用したAmazon広告の運用自動化ツールを開発

デジタルシフトをリードするInnovation Agency 株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:金澤 大輔、以下オプト)は、Amazonスポンサープロダクト広告における運用自動化ツールを開発し、提供開始したことをお知らせします。
Amazonスポンサープロダクト広告は、Amazon.co.jp内において、販売中の商品の広告を検索キーワード毎に入札し、掲載できるサービスです。しかし、ユーザーが検索するキーワードは数万規模にもおよび、広告効果を上げるには、GoogleやYahoo!などの検索連動型広告同様に、自社商品に関する多くのキーワードをコントロールし、運用を最適化させていく必要があります。

このたび開発した運用自動化ツールでは、目標(CPA、ROAS)に応じた入札価格をキーワード単位で自動最適化できるほか、登録キーワードを実績にもとづいて自動精査することが可能となります。なお、最適化は当社が開発したアルゴリズムにて行われます。

本ツールの導入により、PDCAをスピーディに回すことができ、広告効果の向上を実現してまいります。

引用元:オプト、Amazon APIを活用したAmazon広告の運用自動化ツールを開発

ニールセン デジタル、来年のオリンピック・パラリンピック東京大会に向けた活動を発表

・スポーツコンテンツ視聴者のメディア接触状況と意識調査をもとにしたインサイトである「スポーツオーディエンスのメディア利用2019-2020」の提供

・ニールセンのデジタル視聴率情報およびカスタム分析にて、コンテンツ提供社および広告主のマーケティング活動を支援する特別パッケージの提供

東京、2019年10月24日 – 視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本 淳)は、来年、日本で開催されるオリンピック・パラリンピック東京大会に向けての活動を発表しました。

ニールセンは、オリンピック・パラリンピック大会に向けて視聴者のメディアと広告に関する視聴傾向や意向などを分析し、広告主およびメディアにオリンピック・パラリンピックにおける視聴者コミュニケーションに関する知見を提供する「スポーツオーディエンスのメディア利用2019-2020」と、メディアと広告主向けにコンテンツ視聴計測および広告視聴計測と効果分析の特別パッケージサービスを提供いたします。

スポーツオーディエンスのメディア利用2019-2020

ニールセンはオリンピック・パラリンピック東京大会に向けて、本年11月以降、視聴者のスポーツコンテンツに関するメディアと広告の視聴行動と意識調査を5回実施し、時系列での分析などを通じてメディアと広告主にオリンピック・パラリンピックおよびラグビーワールドカップや、2020年に開催される主要スポーツイベントにおける視聴者コミュニケーションへのインサイトを提供します。第1回目の調査は本年11月に実施し、その抜粋をプレスリリースで発表するとともに、詳細版レポートを本年12月に提供開始いたします。

スポーツコンテンツおよび広告分析パッケージの提供

ニールセンはメディア向けと広告主向けにそれぞれ、ニールセンが持つ各種計測サービスを特別パッケージ化し提供いたします。

メディアおよび広告主向けパッケージ

Sports Fan Audience Analytics(スポーツファンのメディア接触分析パッケージ)

メディアおよび広告主向けには、日本のネット視聴率のデファクトスタンダードであるニールセン ネットビューおよびニールセン モバイルネットビューの視聴行動データから、視聴者を起点にしたカスタム分析により、オリンピックおよびスポーツ関連コンテンツの消費に関するインサイトを提供いたします。

メディア向けパッケージ

DCR for Sports(DCRスポーツコンテンツ計測パッケージ)

オリンピックを扱うデジタル媒体社向けには、PC、スマートフォン、タブレットなどの全てのデジタルデバイスを横断した視聴状況の把握を可能にするニールセン デジタルコンテンツ視聴率(DCR)を用いて、「人」ベースでのリアルタイムのコンテンツ視聴計測をサポートいたします。

広告主向けパッケージ

Sports Campaign Effectiveness in Digital(スポーツキャンペーン広告効果計測パッケージ)

オリンピックなどのスポーツ関連広告キャンペーンを展開する広告主向けに、ニールセン デジタル広告視聴率(DAR)を用いた広告キャンペーンのリーチ計測及びBrand Lift Plusを用いたブランドリフト計測の特別パッケージとアナリティクスを提供いたします。

引用元:ニールセン デジタル、来年のオリンピック・パラリンピック東京大会に向けた活動を発表

Google広告のAIでPPCアフィリを自動化するPGC

PGC(PPC Affiliate Google ads Search Class)とは「最短1ヶ月でGoogle検索広告のAIでPPCアフィリエイトを自動化する」ためのオンライン講座です。

Google広告のAIを使ってPPCアフィリエイトの自動化をすれば、キーワード選びや広告文のテスト、入札調整などをしなくてすみます。

今まで月に数十時間かかっていた作業がたった3時間で終わってしまう、それがPPCアフィリの自動化です。夢のような本当の話であり、それを論理的に実現したのがPGCです。

PGCオンライン講座の参加はこちら

Google広告でPPCアフィリを自動化すると稼げる

論より証拠。Google検索でPPCアフィリを自動化するとどのぐらい稼げるのかお見せします。

報酬広告費利益ROAS
2019年6月1,735,518円706,117円1,029,401円245%
2019年7月2,225,476円854,171円1,371,305円260%
2019年8月1,665,444円635,537円1,029,907円262%
2019年9月1,986,506円1,075,237円911,269円184%
合計7,612,944円3,271,062円4,341,882円232%

といった感じで平均100万円以上の利益を残すことができています。

Google検索広告を使いこなすことができれば、生産性が高く息の長いビジネスを回すことができるということには魅力を感じませんか?

PGCオンライン講座講師

私はGoogle検索広告一筋で約20年以上の広告代行業務をしています。

過去には大和ハウスグループで検索広告の新規事業立ち上げの仕事などもしたことがあります。

Google検索広告代行業務を20年以上続ける傍ら、自分でもPPCアフィリエイトをやっています。

古くはビリーズブートキャンプでひと稼ぎしたり、Googleスラップ問題にも悩まされたり…など、今では知っているひとも少ない時代からPPCアフィリエイトをやっています。

Googleの検索広告代行業務とPPCアフィリエイトの両方を20年以上やり続けているというのが私の強みであり、特徴でもあります。

過去には「ネットでの売上に直結する 集客・検索キーワードの選び方・使い方」という検索キーワードに関する本も出版しています。

また、日経新聞や日経クロストレンド、産経新聞などからも検索広告やアフィリエイトに関することで取材を受けたり、近代中小企業などの専門誌への寄稿などを行っています。簡単にいうと検索広告の専門家と思ってください。

PGCオンライン講座の参加はこちら

【注意点】

  • Gmailの場合、「メインタブ」ではなく「プロモーションタブ」にメールが届くことが多いので、確認をしてください
  • 登録をしてから、プレゼントが届くまで5分ぐらいかかります
  • 登録をしても届かない場合は、迷惑メールボックスを確認してください