広告代理店業界ニュース2019/8/27 Facebook規制当局に配慮

フェイスブックが外部のウェブサイトなどが集めた個人情報を共有しないようにユーザーが設定できる新機能「オフ・フェイスブック」を発表。プライバシー規制が強化される中、規制対応の狙いがあるとみられている。この動きは他社にも影響を及ぼしていくだろうか。

EVERRISEは運用型広告費のうち、HARBESTを活用して収集した2018年1年間の計801億円分の運用データについて、広告費の支払先を分析。およそ50%の400億円がGoogleへの出稿だという調査を発表した。

関連サイト
最強の集客ツール?!Facebook広告始め方!使い方!集客力の測り方!
Facebook広告マネージャとは?3つのメリットと運用の6ステップ

お忙しい方は今日の記事まとめを45秒動画で!

Stock footage provided by Videvo, downloaded from https://www.videvo.net

Facebook、縛られる「狙う広告」 規制当局に配慮

米フェイスブックは20日、外部のウェブサイトなどが集めた個人情報を同社が共有しないようユーザーが設定できる新機能を導入すると発表した。ネット広告の精度が落ちるため業績にはマイナスだが、当局による規制強化の動きもあり、プライバシーの保護を優先する。2018年春に起きた大規模な情報流出問題は同社のビジネスモデルの根幹を変えつつある。

新機能は「オフ・フェイスブック」の名称で、ユーザーが自分の個人情報をターゲティング広告に利用できないようにできる。アイルランド、スペイン、韓国を手始めに順次対象地域を他国にも広げていく。

フェイスブックは協業関係にある第三者のウェブサイトやアプリを通じてユーザーの行動データを集めている。ユーザーにとって最適な広告材料を探るのが目的で、ユーザーがウェブで衣料品を検索した後にフェイスブックにログインすると同じ衣料品の広告が出たりするのはそのためだ。

ただ、ユーザーはどの事業者がどういった個人情報を集めてフェイスブックと共有しているかは分からない。18年3月に英コンサルティング会社のケンブリッジ・アナリティカを通じた情報流出が発覚した際にはこのデータ収集手法にも批判が集中。同社のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は同年5月に対応を約束していた。

新サービスではどのサイトやアプリが自分のデータを集めたのかを知ることができる。その上で、集めたデータと個人のひもづけを解くように設定することが可能になる。データそのものは消えないが、フェイスブックは第三者から集めたデータをターゲティング広告に使えなくなる。

引用元:Facebook、縛られる「狙う広告」 規制当局に配慮

インターネット運用型広告の出稿先50%が「Google」、年間で400億円【EVERRISE調べ】

広告運用のデータ収集を支援するサービス「HARBEST(ハーベスト)」を提供するEVERRISEは、インターネット広告媒体費の多くを占める「運用型広告費」のうち、広告運用を行う企業がHARBESTを活用して収集した2018年1年間の計801億円分の運用データについて、広告費の支払先を分析した。

その結果、支払先の上位5社は下記の表の通り。

HARBESTには2018年の国内での運用型広告(約1.15兆円/出典:電通グループ「2018年日本の広告費インターネット広告媒体費詳細分析」)のうち、約7%にあたる運用データが収集されている。

引用元:インターネット運用型広告の出稿先50%が「Google」、年間で400億円【EVERRISE調べ】

Google広告のAIでPPCアフィリを自動化するPGC

PGC(PPC Affiliate Google ads Search Class)とは「最短1ヶ月でGoogle検索広告のAIでPPCアフィリエイトを自動化する」ためのオンライン講座です。

Google広告のAIを使ってPPCアフィリエイトの自動化をすれば、キーワード選びや広告文のテスト、入札調整などをしなくてすみます。

今まで月に数十時間かかっていた作業がたった3時間で終わってしまう、それがPPCアフィリの自動化です。夢のような本当の話であり、それを論理的に実現したのがPGCです。

PGCオンライン講座の参加はこちら

Google広告でPPCアフィリを自動化すると稼げる

論より証拠。Google検索でPPCアフィリを自動化するとどのぐらい稼げるのかお見せします。

報酬広告費利益ROAS
2019年6月1,735,518円706,117円1,029,401円245%
2019年7月2,225,476円854,171円1,371,305円260%
2019年8月1,665,444円635,537円1,029,907円262%
2019年9月1,986,506円1,075,237円911,269円184%
合計7,612,944円3,271,062円4,341,882円232%

といった感じで平均100万円以上の利益を残すことができています。

Google検索広告を使いこなすことができれば、生産性が高く息の長いビジネスを回すことができるということには魅力を感じませんか?

PGCオンライン講座講師

私はGoogle検索広告一筋で約20年以上の広告代行業務をしています。

過去には大和ハウスグループで検索広告の新規事業立ち上げの仕事などもしたことがあります。

Google検索広告代行業務を20年以上続ける傍ら、自分でもPPCアフィリエイトをやっています。

古くはビリーズブートキャンプでひと稼ぎしたり、Googleスラップ問題にも悩まされたり…など、今では知っているひとも少ない時代からPPCアフィリエイトをやっています。

Googleの検索広告代行業務とPPCアフィリエイトの両方を20年以上やり続けているというのが私の強みであり、特徴でもあります。

過去には「ネットでの売上に直結する 集客・検索キーワードの選び方・使い方」という検索キーワードに関する本も出版しています。

また、日経新聞や日経クロストレンド、産経新聞などからも検索広告やアフィリエイトに関することで取材を受けたり、近代中小企業などの専門誌への寄稿などを行っています。簡単にいうと検索広告の専門家と思ってください。

PGCオンライン講座の参加はこちら

【注意点】

  • Gmailの場合、「メインタブ」ではなく「プロモーションタブ」にメールが届くことが多いので、確認をしてください
  • 登録をしてから、プレゼントが届くまで5分ぐらいかかります
  • 登録をしても届かない場合は、迷惑メールボックスを確認してください