広告代理店業界ニュース2019/6/8号ニールセンデジタル広告視聴率拡充

YouTube広告事情をつかむ!ニールセン、デジタル広告視聴率の計測市場を拡大

ニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区/代表:宮本淳)は、デジタル広告の視聴者属性別リーチ計測の業界標準であるニールセン デジタル広告視聴率(Nielsen Digital Ad Ratings: DAR)のYouTubeモバイルアプリ広告の測定市場を、新たに26市場追加したことを発表した。

既に測定サービスを開始している8ヵ国に加え、計34市場での計測サービスを提供する。

YouTube広告事情をつかむ!ニールセン、デジタル広告視聴率の計測市場を拡大

LINEトラベルjp、自治体・DMO向けの観光マーケティング支援を強化、コンテンツスタジオを設立

「LINEトラベルjp」のアセットを軸に、マーケティング企画からコンテンツ制作・配信、分析まで、一気通貫したマーケティング支援を行なうもの。デジタル化でマーケティング手法が多様化するなか、欧米のメディアでは広告掲載やクリエイティブ制作だけに留まらず、広告主の課題や目的、ブランドにあわせた総合的なマーケティング支援が進んでおり、これらを担当する専門チームを「コンテンツスタジオ」として組織化

LINEトラベルjp、自治体・DMO向けの観光マーケティング支援を強化、コンテンツスタジオを設立

ユーザーと広告主を不幸にしない広告を比較と差別化を可能にする、メディア計測の可能性

BuzzFeed.comのオウンドのサイトだけではなくてコンテンツとして見たときに、BuzzFeedさんのコンテンツが、さまざまなプラットフォーマーに拡散していくわけですね。拡散していったものも全部計測、ユニークな人ベースで計測して「うちのコンテンツは全米ミレニアルの83パーセントに見られているコンテンツなんです」ということを言ったりするわけです。

ユーザーと広告主を不幸にしない広告を比較と差別化を可能にする、メディア計測の可能性

BtoB企業におけるTwitter戦略について

BtoBの業界、特に中小企業ではTwitterの活用がなかなか進んでおらず、そもそも社員はプライベートでもやったことがない、やり方もわからない等、課題は山積みだと思います。私も普段は提案する立場なのでよくわかります。

BtoB企業におけるTwitter戦略について

BtoB向け紙DMプラットフォーム「Posto」がエグゼクティブリスト3.0をリリース!!

上場会社4500社(一部グループ会社含む)、約18万人の決裁者へバイネームでダイレクトにアプローチが可能となります。下記一部検索結果例となります。下記の他にも企業ごとの売上、業界、エリア、資本金、従業員数、平均年齢、平均給与などで絞り込み可能です。

BtoB向け紙DMプラットフォーム「Posto」がエグゼクティブリスト3.0をリリース!!

電通、京都・四条烏丸エリアに事業共創拠点「engawa KYOTO」を開設

「engawa KYOTO」は、個人、企業を対象とした会員制コワーキング、シェアオフィス機能をプラットフォームに、そこに集う個人、企業との縁をつなぎこれからの日本の活力となる事業創造支援を行う施設です。

本施設では電通および外部のパートナーが連携しながら、会員に対して企業マッチング、起業家研修/人材発掘プログラム、新規事業開発ワークショップなど個人や企業、社会の成長の機会を創り出す各種プログラムを提供

電通、京都・四条烏丸エリアに事業共創拠点「engawa KYOTO」を開設

ラジオ局はスマートスピーカーとどう向き合うべきか 急伸する米国音声広告市場の動向 ニッポン放送が「Voice UI Show」で講演

米国ではポッドキャストのコンテンツ群が大ヒットしているが、澤田氏からもその紹介があった。米国では人口の44%(12歳以上)が「ポッドキャストを聞いたことがある」と回答、これは1億2千万人、日本のほぼ全人口と同じ規模へと拡大している。ポッドキャストが流行っている理由として澤田氏は、スマートフォンを通じて利用者が増えていること、付加価値の高い魅力的な人気コンテンツが登場

ラジオ局はスマートスピーカーとどう向き合うべきか 急伸する米国音声広告市場の動向 ニッポン放送が「Voice UI Show」で講演

急成長するO2O広告市場は2024年に2,586億規模へ【サイバーエージェント調べ】

2017年頃より、GPSやWiFiなどにより収集した位置情報を活用したプランニング、広告配信、来店計測サービスの提供が開始したことにより、店舗を持つ企業による来店促進を目的とした店舗集客型広告は急速な普及が進んだ。これらを背景に、2019年の店舗集客型デジタル広告の市場規模は、昨対比197%の405億円に達すると予想される。

急成長するO2O広告市場は2024年に2,586億規模へ【サイバーエージェント調べ】

サイバーエージェント、”販促革命センター”で仕掛ける「店舗集客型デジタル広告」[インタビュー]

一つ目は、国内のスマホ保有率の高さによる個人におけるメディア接触時間の長さです。店舗集客型デジタル広告の出面のほとんどはスマホ端末のため、端末の位置情報を活用して来店計測が可能なのは、常にユーザーが肌身離さず携帯するスマホならではです。二つ目は、広告商品の多様化です。広告主の需要の高まりを受けて、大手広告プラットフォーマーや各種プレイヤーが昨年から今年にかけて広告商品の種類を増やしています。三つ目は、広告主の層が拡大しているということです。元々この領域における広告主である、店舗を保有する小売カテゴリに加え、店舗をチャネルとするメーカー企業による広告出稿の増加が見られます。

サイバーエージェント、”販促革命センター”で仕掛ける「店舗集客型デジタル広告」[インタビュー]

広告成果計測ワンタグシステム「ADlocate」6月10日(月)~7月10日(水)の期間内申込み限定で月額利用費を永年無料提供

あらゆる業界の企業様が広告施策を実施する中、一つのアクションあたりの広告成果を深く分析する習慣はまだまだ浸透していないと感じます。その背景として効果計測ツールを導入したくても利用費がかかりコストを回せないという課題が圧倒的に多い状況でした。ただ、アフィリエイト広告を行っているクライアントであれば、ASPの各計測タグを一元管理できると同時に、運用型広告(Google、Yahoo!、SNS広告等)の効果も一元管理できる事の重要性は必須

広告成果計測ワンタグシステム「ADlocate」6月10日(月)~7月10日(水)の期間内申込み限定で月額利用費を永年無料提供

デジマチェーンに参加しませんか?

デジマチェーンでは定額制のデジタルマーケティング支援会員サービス「デジマチェーン」を提供しています。

デジマチェーンで利用できるサービスは以下があります。

  1. デジタルマーケティングの専門家やツールベンダーとつながる「DCパートナー」
  2. 最新のデジタルマーケティング情報やウェビナーに参加できる「DCサポート」
  3. 手数料無料で利用できるクラウドソーシングサービス「DCマッチング(2020年12月提供予定」

デジタルマーケティングを成功させるために「ヒト、モノ、サービス」の3つを定額で提供しており、これらのサービスを月額1万円(税抜)だけで利用することができます。

デジマチェーンの参加詳細はこちら