広告代理店業界ニュース2019/5/28号 ネット広告の課題にヤフー発表

アドフラウドなど業界が抱える課題に対し、Yahoo! JAPANが取り組みを発表

ユーザーがアクセスすると、画面上に表示されない隠しサイトを閲覧したことになるよう偽装し、インプレッション課金型の広告費を不正に取得するなどのアドフラウドの事例についての対策については、以下の広告トラフィックに関するポリシーが説明された。

1.広告配信先運営者によるクリックや表示の繰り返し

2.広告ページ閲覧、購買、その他広告主の目的と異なる第三者からのクリック

3.自動クリックを発生させるプログラム(ポット)や表示ツールの使用

4.ボットネットによるクリック、インプレッション

アドフラウドなど業界が抱える課題に対し、Yahoo! JAPANが取り組みを発表

フィードフォースのデータフィードツール「 dfplus.io 」が Google ショッピング広告のタイトル自動改善機能を開発~試験提供の結果、インプレッションが平均144%に~

該当商品・類似商品のデータからGoogle検索ボリュームを加味して選定した重要キーワード、ブランド名、カテゴリ名、サイズ、色情報など、インプレッションに影響を及ぼす項目を自動的にタイトルに組み込むもので、フィードフォースのデータ分析チームが独自に設計したロジックを元に開発

フィードフォースのデータフィードツール「 dfplus.io 」が Google ショッピング広告のタイトル自動改善機能を開発~試験提供の結果、インプレッションが平均144%に~

スプレッドオーバー、Googleの第三者配信認定を取得

Google広告(旧Adwords)、またはDSPを経由してGoogleの保有する広告枠に、「SOVE」で制作したインタラクティブな動画広告クリエイティブを配信可能となります。Googleの保有する世界中の広告枠が配信対象となるため、国内はもちろん海外メディアへの配信も可能

スプレッドオーバー、Googleの第三者配信認定を取得

「まるで軍拡競争のよう」:トラッキング防止がはびこる未来に備えるパブリッシャーたち

これらのITP規制がすべて前面に出てくると、エージェンシーやクライアントは全体像を把握できないため、メディア予算をどこに割り当てるべきかを知ることが非常に困難になる。パブリッシャーたちは破綻するかもしれない

「まるで軍拡競争のよう」:トラッキング防止がはびこる未来に備えるパブリッシャーたち

Google広告運用ガイド