国内認知度1位のMAツール!SATORIを導入する6つのメリット

「外国産のMAツールを導入しても使いこなせるか不安」
「国産ツールで有名なsatoriはどのような点がメリットなんだろう」

初めてMA(マーケティングオートメーション)ツールを導入する際は、運用できるか、各ツールのメリットは何かを比較して迷ってしまいますよね。

実はsatoriは国内認知度No.1の国産MAツールで、集客だけでなく販促にも効果が期待できるツールなんです!

この記事ではsatoriの概要だけでなく、導入すべき6つのメリットをご紹介します。

最後まで読み終わる頃にはsatoriの無料トライアルを申し込んでみようと思っているでしょう!

MA(マーケティングオートメーション)ツールの概要を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

マーケティング オートメーション(MA)とは?おすすめツール3選

2019.09.29

1.MA(マーケティングオートメーション)ツールSATORIとは?

MAツールsatoriとは、550社以上が導入している国産ツールです。

国産ツールの中では国内認知度No.1と言われていて、見込み客の管理からWebサイト上でのユーザーの購買行動の促進を行うことができます。

satoriのメリットは後ほど紹介しますが、外国産ツールが多い中日本人にも使用しやすいシンプルなインターフェイス、分かりづらい言語が使われておらず初めてMAを導入する人にも使いやすいツールです。

1つのツールで一元管理ができるため、社内での情報共有もスムーズにすることができます。

オプション費用なしで複数ドメインをまたいで顧客情報を管理でき、自社が所有するすべてのメディアから見込み客を集めて購買行動を促進することができるのです。

また過去に失注した顧客に対しても再度のアプローチをかけ、再度契約を獲得できるように促す機能も利用可能。

無料トライアルも利用できるので、導入検討段階の企業も使用感を試すことができます。

せっかくMAツールを導入しても使いこなせず無駄にしてしまう、そんなリスクが少なく手軽に導入できるツールです。

商品名satori(サトリ)
最低利用額月額:100,000円
初期費用:100,000円
※無料トライアルあり
主な機能
  • 顧客管理
  • メール配信
  • Webプッシュ通知
公式HPhttps://satori.marketing/

2.SATORIを導入する6つのメリット

satoriを導入する6つのメリットを紹介します。

  1. 国産ツールのため運用しやすい
  2. 複数ドメインで見込み客情報の追跡・管理を行うことができる
  3. ユーザーの属性から適切なメール配信・プッシュ通知送信機能を利用できる
  4. 様々な企業の成功事例が多く信頼性が高い
  5. サポートが充実していて導入後も安心
  6. 月額費用のみで利用でき料金体系が分かりやすい

MAツールに興味はあるが、候補を絞り兼ねている方はsatoriのどのような点が優れているのかを分析してみてください。

(1)国産ツールのため運用しやすい

satoriを導入する1つ目のメリットは国産ツールのため運用しやすいことです。

日本で作られたツールのため、不可解な言語や用語が使用されておらず日本人に使いやすい作りになっています。

MAツールでよくあるトラブルが、導入したものの社員が使いこなせず無用の長物と化すこと。

理解できないような用語が多用されていたりすると一気に社員のツール使用へのモチベーションが下がってしまうからです。

その点satoriは初心者でも分かりやすいように言語も簡易化され、シンプルな作りなので使いやすいのです。

(2)複数ドメインで見込み客情報の追跡・管理を行うことができる

satoriを導入する2つ目のメリットは複数ドメインで見込み客情報の追跡・管理を行うことができることです。

多くのMAツールでは管理できるドメインが1つであることが多く、複数のドメインから顧客情報を管理する場合は追加料金がかかってしまいます。

しかしsatoriでは複数ドメインが利用できるため、自社で保有するメディアであればどこからでも見込み客情報を管理、追跡することが可能。

管理できるサイトが多いことで、ユーザーの購買行動をより深く分析することができるのです。

他ツールでは有料の機能がデフォルトで利用できるのもsatoriのメリットと言えるでしょう。

(3)ユーザーの属性から適切なメール配信・プッシュ通知送信機能を利用できる

satoriを導入する3つ目のメリットはユーザーの属性から適切なメール配信・プッシュ通知送信機能を利用できることです。

事前に指定をしたシナリオに沿ってユーザーの行動を追跡、購買意欲の段階によって適切なメールを送ったりプッシュ通知で購買行動を促します。

例えばユーザーの属性が購買意欲が非常に高まっているとツールが判断をした場合、メールで新製品情報を送るなど細かな設定が可能。

各営業担当で行なっていた顧客管理と架電やメールマガジン送信が自動でできるとなるとかなりの業務効率の向上が見込めますよね。

各種通知やメルマガ送信に特化した機能を利用できるのもsatoriのメリットです。

(4)様々な企業の成功事例が多く信頼性が高い

satoriを導入する4つ目のメリットは様々な企業の成功事例が多く信頼性が高いことです。

国内企業ではアデランスやユニチャームなどの大手企業から、様々な業種の中小企業まで広く導入されています。

事例を見ると過去に失注した顧客からの再契約を獲得した、導入後問い合わせ件数が5倍に増えたなど成功事例も多数。

satoriで利用できる顧客行動の分析を利用し、新しい営業施策に活かしている企業も多数あります。

導入している企業の職種が幅広く、成功事例も多いことから安心して導入できるでしょう。

satoriを含めたMAツールの導入事例を紹介している記事も併せてご覧ください。

マーケティングオートメーション(MA)の事例から見る3つの共通点

2019.09.29

(5)サポートが充実していて導入後も安心

satoriを導入する5つ目のメリットはサポートが充実していて導入後も安心なことです。

日本人スタッフによるサポートを受けられるため言語的な問題ももちろん生じません。

設定方法や使い方のサポートはもちろん、オンラインサポート機能も充実しています。

導入後に視聴できるセミナー動画もあり、いつでもユーザーがsatoriを利用する上で生じるトラブルや不明点を解決できるようになっているのです。

そのほか担当者によるツール運用の支援、ユーザーが参加できるセミナーも随時開催し直接設定や活用方法を質問できる場も設けています。

導入後に運用が追いつかずに結局集客に活かせないという事態を回避できる体制が整っていることもsatoriの大きなメリットです。

(6)月額費用のみで利用でき料金体系が分かりやすい

satoriを導入する6つ目のメリットは月額費用のみで利用でき料金体系が分かりやすいことです。

初期費用は10万円でアカウント発行や導入支援、satoriを活用するためのセミナーの回数制限なしの参加権を得ることができます。

月額も10万円で運用可能で、各機能の上限数を超えた場合は1件につき0.1円の従量課金制で利用可能。

有料オプションも用意されていますので、上記の内容以外で交渉したいことがある場合はサイトから問い合わせをしてみてください。

MAツールは機能ごとやドメインごとに課金するなど、料金体系が分かりにくいものが多いです。

しかしsatoriは明瞭かつ比較的安価なシステムで導入できるのもメリットでしょう。

そのほかのMAツールも検討したい方はこちらの記事で7つのツールを紹介しています。

中小企業が使うべきマーケティングオートメーション(MA)ツール7選

2019.09.29

まとめ

国内認知度No.1のMAツールsatoriについて紹介しました。

サポートが充実していて使いやすいMAツールをお探しの方は、ぜひ無料トライアルへの申し込みをお勧めします。

多数のMAツールが公開されていますが、料金・機能面を見ても十分集客に効果的なツールです。

satoriを導入して見込み客や顧客管理を一元化することで効率よくユーザーに営業をかけることができます。

自社の集客・販促拡大にsatoriを役立ててくださいね!

他ツールとの比較を一覧にした記事も紹介していますので併せてご覧ください。

【目的別】6つのマーケティングオートメーション(MA)の比較一覧

2019.09.29

無料のネット広告一括見積もりサービス

あなたに最適なネット広告代理店をプロが選定・紹介します!

プロが人力でマッチングするのはデジマチェーンだけ!

デジマチェーン3つの強み

  1. 【完全無料】ネット広告の相談や広告代理店の紹介など、全ての機能が無料です。
  2. 【営業電話がゼロ】一括見積もりサイトのように業者から営業電話が来ません。
  3. 【1000件以上の相談実績】個人事業主から上場企業まで、幅広くご利用いただいています。

法人個人事業主
自社で掲載している代理店に任せている制作会社に任せている掲載していない

関連記事

  1. hubspotの機能とは?4つのコンテンツの特徴を紹介!

  2. Facebook広告マネージャとは?3つのメリットと運用の6ステップ

  3. Webサイトの作成方法はどうするべき?4種の作成方法と選定ポイント

  4. Webサイトの作り方とは?作成準備から公開後までの全8ステップ

  5. 【Facebook広告】6つの広告出稿手順から注意点まで徹底解説!

  6. Webサイト制作は外注すべき?外部委託の4つのメリットと注意点