【初心者が全部わかる!】リスティング広告とは?費用・運用に必要な基礎知識
こんな悩みありませんか?

リスティング広告ってなに?」
「リスティング広告にかかる費用の相場決め方は?」
集客が思うようにいかないような時はどうしたらいいの?」
「外注に頼みたいけどオススメの運用代行事業者は?」

Stock footage provided by Videvo, downloaded from https://www.videvo.net

確かにリスティング広告は、既に検索というアクションを済ませた熱い見込み客を集客できるので効果抜群です。でも、なかなか最初の一歩を踏み出せていない方も多いでしょう。

実際、費用感や費用を削減するポイント、集客方法を理解していなければ、利益につながらず広告費だけがかさんでしまいかねません。一方、リスティング広告を上手に利用することで、宣伝広報に大きな予算をかけることなく、売上を向上させている中小企業はたくさんあります。

リスティング広告を、インハウス(社内)で運用するのか、外注で代行運用するのか決めかねている企業の担当者も多いでしょう。もし外注するとしても、発注側として最低限の知識がないと、レポートの中身もよくわからず効果があるのかどうかも不明のまま進行しかねません。

デジタルマーケティングを支援するデジマチェーンが、リスティング広告費の相場・予算の立て方・集客方法・運用方法をやさしく解説していきます。「全国のリスティング広告に強いおすすめ広告代理店」もご紹介していますので、これから運用を外注する方必見の記事です。

目次

1.リスティング広告とは何か?


リスティング広告(旧Google Adwords)とは、上記の画像のようにウェブ検索結果に連動した広告を表示することによって集客を図る広告です。

上記画像はGoogleで「財務会計システム」を検索した際に表示される検索結果画面で、赤枠部分がリスティング広告です。

検索結果画面のオーガニック検索(自然検索)の上部もしくは下部に表示され、青枠で囲んだ通り広告であることが明記されます。

以下のようにいろいろな呼び方がありますが、基本的に同じ意味です。

  • 検索キーワード連動型広告
  • 検索連動型広告
  • 検索広告
  • 検索キーワード広告
  • クリック課金
  • PPC(Pay Per Click)
  • P4P(Pay for Performance)

リスティング広告は、検索結果の最上位置に掲載されるため、ユーザーの目に止まりやすく、効果的な集客方法です。

PPC広告・リスティング広告・ディスプレイ広告・検索連動型・コンテンツ連動型の違い

PPC広告とはPay Per Click 広告の略称で、ユーザーがクリックする度に料金が発生する広告全体を指します。

PPC広告の中にリスティング広告とディスプレイ広告が含まれている包括的な広告手法です。

さらに、リスティング広告は、厳密には検索連動型広告とコンテンツ連動型広告の2つに分類されます。

PPC広告 リスティング広告 検索連動型広告
コンテンツ連動型広告
ディスプレイ広告

上記の表のうち、PPC広告・リスティング広告・検索連動型広告の名称が交換してよく使われるので混乱を招くケースが少なくありません。

それぞれの広告手法の詳しい説明については、以下の記事をご覧ください。

【何が違う?】PPC広告・リスティング広告・ディスプレイ広告・検索連動型・コンテンツ連動型

リスティング広告とSEOは集客でどちらが有利?

リスティング広告と並んで高い効果が期待できる広告手段にSEOがあります。SEOは、ほぼゼロコストで始められる集客手法なので人気です。

リスティング広告とSEOの違いを、以下の表にまとめました。

リスティング広告 SEO対策
時間 即効性がある 対策しても結果が反映されるのには時間がかかる
難度 低い(より広告効果を高めるための工夫は必要) 高い
費用 クリックされる度に料金が発生 無料(外部への委託費用などを除く)
クリック率 低い 高い

リスティング広告とSEOの違いについて、詳細は以下の記事で説明していますのでご覧ください。

【比較】リスティング広告とSEOどちらが集客に強いか完全解説

GoogleとYahoo!どちらのリスティング広告がいいの?

リスティング広告の代表的なサービスとしてはGoogleYahoo!の2種類が挙げられ、この2つのサービスだけで日本国内のリスティング広告の9割以上をカバーしています。

それぞれのサービス名が変わってきた経緯があり、一部混乱が見られますので分かりやすく表にまとめます。

プラットフォーム 過去のサービス名 現在サービス名
Google Google AdWords Google広告
Yahoo! スポンサードサーチ 検索広告

Yahoo!とGoogleの大きな違いは以下の4つです。

  • Yahoo!はキーワード設定が簡単
  • Googleのほうが広告配信地域が広い
  • 広告文で使える記号が異なる
  • Googleは作成できる広告数が多い

それぞれの違いについて、以下の記事で詳しく説明しています。

Yahoo!広告とは?Yahoo! vs Google7つの違い・どっちがいいの?運用開始方法解説

2.リスティング広告費用の目安・相場は?


リスティング広告を始めるにあたって一番気になる広告費の相場結論からいうと、中小企業の場合10〜100万円/月が、効果が出る広告費用の目安といわれています。

広告代理店に依頼する時場合は、広告費に加えて運用代行手数料がかかります。

リスティング広告の運用代行手数料の相場は20%です。

例えば、手数料20%の代理店に依頼し、広告費が50万だった時に必要な費用は、合計で60万になります。

  • 広告費50万✕20%=手数料10万
  • 広告費50万+手数料10万=合計60万円

多くの広告代理店では最低運用手数料が設定されています。

最近では、5~15万/月で設定されている代理店が多いです。

リスティング広告は、リアルタイムに成果を確認でき、随時調整しながら効果を高めていけます。

この利点を活かすため、予算ありきで広告プランをガチガチに決めてしまう必要はありません。

次に紹介する予算の見立て方を参考に、ある程度柔軟性を持たせながら費用を決めていくのがおすすめです。

3.リスティング広告予算の決め方

リスティング広告費用予算の決め方には以下の3つがあります。

説明 方法
クリック単価の相場から決める キーワードの平均クリック単価から予算を決める
獲得したい成果の目標から決める 実際にリスティング広告で売上げたい金額をベースに予算を決める
現在の売り上げから決める 現在の売上をもとに広告費を決める

クリック単価が決まるプロセス、そして予算を立てる上記3方法すべての詳細について、以下の記事で詳しく説明しています。

【リスティング広告】クリック課金の仕組み・予算決め方3種!実例つきで分かる!

予算を決める際に気をつけるべきこと

費用に関して、出稿前に気をつけたいポイントを以下の2点に分けて紹介します。

  1. 撤退ラインを決めておく
  2. うまくいった際の予算の追加範囲を決めておく

順番に説明します。

#1.広告出稿の撤退ラインを決めておく

リスティング広告の費用に関して、CPA(Cost Per Action:コンバージョン1件あたりにかかる費用)の撤退ラインを決めておくことは重要です。

運用がうまく周っていないにも関わらず広告配信をズルズル続けてしまっては、成果が上がらないまま費用だけを無駄に垂れ流してしまいます。

これ以上の予算もしくはCPAはかけられないという撤退ラインをあらかじめ設定しておくことは重要です。

運用状況を見ながら柔軟に予算をコントロールできる余裕を持ちつつ、これ以上は辞めるという撤退ラインをあらかじめ決めておきましょう。

#2.うまくいった際の広告予算の追加範囲を決めておく

リアルタイムで運用内容を調整できるリスティング広告の特性を生かして、運用がうまくいった際の予算の追加範囲を決めておきましょう。

予想よりも運用がうまくいった場合には、当初の想定予算に達したからといってすぐに広告を止めてしまうのはもったいなく、せっかくの売上アップの機会を損失してしまいます。

追加予算を投入するためには社内稟議を一から通さなければならないとなれば、実際の運用と意思決定にタイムラグが発生してしまいます。

このように、一旦運用が始まってしまうとリアルタイムでの判断が必要となるため、うまくいった場合にはどの程度の追加予算をかけてもよいかをあらかじめ想定しておくことが大切です。

リスティング広告の費用をおさえる方法

以下のポイントをおさえれば、高い広告効果を期待しつつ、リスティング広告の費用をおさえられます

ポイント 説明
キーワードごとの予算配分を調整する データを分析すると結果の良いキーワードと結果の出ないキーワードが見えてきます
キーワードの除外設定を行う 指定したキーワードでユーザーが検索した際には広告が表示されないようにする
ターゲットや配信先を限定する 獲得見込みのない地域や時間帯に広告が配信されないように設定
ロングテールキーワードをねらう ニッチキーワード(穴場キーワード)とも呼ばれ、競争相手が少なく、コンバージョン率が高い
広告の品質スコアを向上させる 広告の品質スコアが高くなると入札単価を抑えても上位に広告掲載
広告文を強化する ユーザーが知りたいことは何かという観点で簡潔かつ分かりやすい文章を作る
ランディングページ(LP)を強化する ランディングページに高い訴求力があればさらに成果に結びつきやすくなる
リマーケティングを活用する 一度サイトに訪れたユーザーに対して、追いかける形で広告を配信する手法

品質スコアの向上・ロングテールキーワードの活用など、リスティング広告費用を抑える8つの方法の全説明は以下の記事をご覧ください。

【リスティング広告】費用をおさえる8つの方法完全ガイド

4.リスティング広告集客のメリットとデメリット

他の集客方法と同様に、リスティング広告にも以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット・デメリット 内容 説明
メリット モチベーションの高いユーザに配信できる 検索キーワードを指定して検索するユーザーは、すでに悩みや知りたいことが顕在化している
メリット 即効性がある 登録後すぐにターゲットの検索ユーザーへ向けてすぐに発信
メリット リアルタイムで効果がわかる 費用対効果が計測しやすい
メリット すぐに始められていつでもやめられる 登録後すぐに広告が配信でき、やめる場合もボタンを一回押すだけで配信を止める
メリット Googleのスマホへの強さを活用できる スマートフォンからの利用者数1位は「Google」2位は「Yahoo! JAPAN」
デメリット 広い認知にはつながりづらい キーワードを見込み顧客が検索しない限り広告が目に触れることがない
デメリット 細かい調整をして改善する必要がある オークション入札単価や検索除外キーワード設定に対して効果検証が必要
デメリット ネットを見ない層にはアプローチできない ターゲットの年齢層が高めの商品については費用対効果に優れない

それぞれのメリット・デメリットの詳細については、以下の記事をご覧ください。

リスティング広告で知っていないと恥ずかしいメリット・デメリットは?【シリーズ第3回】

5.リスティング広告集客の始め方

Googleリスティング広告は公式ウェブサイトにアクセスし、アカウントを作成すればすぐに始める事ができます。

国・タイムゾーン・通貨などを設定し、 Googleから来る確認メールをクリックすれば、アカウントの開設は完了です。

その後、広告予算やターゲット、入札単価(上限クリック単価)、広告本文を設定し、最後に広告費用の支払い方法を決めます。

再び Googleから確認メールが来るので、メール内のリンクをクリックすれば、広告の掲載が始まります。

リスティング広告は、多額の予算を必要とする導入準備も不要で、思い立った日にすぐに始められます。

運用方法は自社内運用・自動ツール活用・外部業者活用の3つ

いざ運用となると、運用ノウハウや実績の蓄積が必要になりますし、日々進化する最新仕様へのフォローアップも必要です。

実際の運用は、自社内・自動ツールの活用・外部業者の活用のどれがいいのか?以下の記事で説明しています。

メリット デメリット
自社内運用
  • 費用は広告費のみで外注先に運用費用を支払う必要がない
  • スピーディな対応が可能
  • 運用ノウハウが資産となる

 

  • 社内に運用のための人員や作業工数を確保する必要
自動ツール活用
  • 費用は広告費のみ。ただしGoogle公式ツール以外のツールを使用する場合は別途費用発生
  • 広告効率が高い水準で安定しやすい

 

  • 一定数の成約履歴がないと自動化の効果が出てこないので、効果実感までに時間がかかる
  • 社内に運用のための人員や作業工数を確保する必要(自社内運用よりは少ない)

 

外部業者活用
  • 手間が少ない
  • 広告効率は初期から高く出やすい(業者の腕次第)
  • 手数料がかかる
  • 業者の当たり外れが大きい

リスティング広告の運用方法は社内?自動ツール?外部発注どれがいい?

6.リスティング広告で効果的に集客する方法

リスティング広告を効果的に運用するポイントは以下の3つがあります。

手法 説明
キーワードプランナー・Googleトレンドを利用して効果的なワードを設定 Googleの提供するキーワードプランナーを利用して、自分のビジネスと特に関連性の高いキーワードを見つける
競合が多いビッグワードは避ける ユーザーからのニーズが高く、かつ競合の会社に勝てる可能性の高いキーワードを探す
ターゲティング機能を活用して広告の効率を上げる 興味関心に合致した人だけに広告を表示したり登録されたメールアドレスと合致した人だけに広告を表示する

この記事では、キーワードプランナーを利用して効果的なワードを設定する手法について説明します。

他の2つの重要手法を含む、リスティング広告集客で重要な手法は以下の記事をご覧ください。

リスティング広告のキーワード・ターゲティングとは?ベスト集客方法徹底説明

キーワードプランナー・Googleトレンドを利用して効果的なワードを設定する

Googleリスティング広告を運用する上で最も重要なポイントの一つとして、「広告に対してどんなキーワードを設定するのか」ということが挙げられます。

どのキーワードを選定するかによって広告の効果が大きく変動するため、この作業をおろそかにしてはいけません。

「見込み顧客や潜在顧客は多分こういうキーワードで検索するはずだ」という安易な思い込みに頼るのは危険です。

Googleの提供するキーワードプランナーを利用して、自分のビジネスと特に関連性の高いキーワードを見つけ、特定のキーワードが検索されている頻度や、検索数の推移を確かめましょう。

Googleトレンドなどを利用し、はやりのキーワードにも対応していくことが肝心です。

他の2つの重要手法を含む、リスティング広告集客で重要な手法は以下の記事をご覧ください。

リスティング広告のキーワード・ターゲティングとは?ベスト集客方法徹底説明

7.リスティング広告の集客効果を検証して調整する方法

リスティング広告は、レポート機能とGoogle Analyticsを使って広告効果の測定、および調整を継続的に行うことが大切です。

そして、分析された結果をもとに、以下のような運用対策を施してみましょう。

  • 有効なキーワードには予算を追加投入する
  • 効果の見られないキーワードは予算を減らす
  • Google広告とYahoo!広告の予算配分を調整してみる
  • クリック率が上がらない場合には、広告文を見直してみる
  • 広告文の見直しにはA/Bテストを利用して2種類の文章のどちらが効果的かを測定する

リスティング広告出稿後、1週間まで、1ヶ月までに具体的に何をすべきか、レポートを見て具体的に何を調整すべきか、を以下の記事で説明しています。

【完全解説】リスティング広告の効果分析・検証方法2ステップ・改善調整5ポイント

リスティング広告で用いられる指標を把握する

リスティング広告での集客施策において、多く使われるKPI(指標)としては以下の指標があります。

指標 説明
表示回数(インプレッション数) 出稿した広告が表示された回数
クリック数(CT) 出稿した広告がクリックされた回数
クリック率(CTR) 広告が表示された回数に対して、クリックされた割合
ユーザーの目を惹き、クリックしたくなるような広告文を設計することで高めることができます。
クリック単価(CPC) 広告が1回クリックされた際に発生するコスト(広告主が払う費用)
Googleリスティング広告においては、広告主が設定する入札単価(上限クリック単価)と広告の品質に基づきオークション形式で決定されます。
コンバージョン数(CV) 商材の購入や資料請求、問い合わせの申し込みなど、その広告の目的をどれだけ達成できたか測る数値
獲得率(CVR) 広告をクリックしてwebへ誘導できたユーザーのうち、どのくらいの割合で目的(商品購入や資料請求など)が達成できたかの数値
コンバージョン率とも呼ばれ、平均で1%程度
顧客獲得単価(CPA) 一人あたりのコンバージョンにかかった費用
低ければ低いほど費用対効果が良い

特に重要な、コンバージョン数(CV数)、クリック単価(CPC)、顧客獲得単価(CPA)については、以下の記事で詳しく説明しています。

【重要指標】リスティング広告レポートで効果測定する3指標の意味とは?

おまけ.全国のリスティング広告に強いおすすめ広告代理店リスト(抜粋版)

デジマチェーンが全国で調査した、リスティング広告に強い広告代理店、及び運用事業者を以下のようにエリア別に分類しました。

それぞれのエリアの代表的なおすすめ事業者を紹介します。

国内の他のエリアを含むすべてのおすすめ事業者の一覧を確認したい場合は、以下の記事をご覧ください。

リスティング広告運用代理店99社をエリア別徹底解説!頼れるコンサル型WEBマーケティング支援会社は?

東京でリスティング広告に強い広告代理店や運用代行事業者

リスティング広告運用業者の激戦区東京で、デジマチェーンがおすすめする広告代理店の一部を以下に紹介します。

すべてのおすすめ事業者について詳細調査した記事は以下をご覧ください。

【東京】リスティング広告運用代行28社ランキングと失敗しない選び方

株式会社アドクルー

株式会社アドクルーは不動産業界と人材業界に特化しています。

費用感:「クリック数」×「クリック単価」の従量料金ベース 従量料金に20%の管理費を加算

ジーフォワード株式会社

ジーフォワード株式会社は乗り換えに特化している会社です。

費用感:初期費用10万円 リスティング運用費の20%(上限は150万円)

株式会社クリエル

株式会社クリエルは成果を最重要視してサービスを提供しています。

費用感:初期費用 30,000円 月額費用 広告費+広告運用手数料(広告費の20%)

すべてのおすすめ事業者について詳細調査した記事は以下をご覧ください。

【東京】リスティング広告運用代行28社ランキングと失敗しない選び方

一覧に戻る

大阪でリスティング広告に強い広告代理店や運用代行事業者

実績の多い代理店がそろう大阪で、デジマチェーンがおすすめする広告代理店の一部を以下に紹介します。

すべてのおすすめ事業者について詳細調査した記事は以下をご覧ください。

【大阪】リスティング広告会社おすすめ14社一覧比較!少額低予算で運用代行してくれる実績豊富な業者は?

【おすすめ】株式会社Tumugu(ツムグ)

株式会社Tumugu(ツムグ)は優良ターゲットを創出し、効率的、かつ効果的なアカウント構成を構築、運用してくれます。

費用感:

  • 初期費用 ¥0
  • 運用手数料 ¥30,000〜

株式会社NEO STYLE

株式会社NEO STYLEは初期設定から運用まで3プランから選択できます。

費用感:

  • 初期費用30,000円~50,000円
  • 運用手数料広告費の20%

S&Eパートナーズ株式会社

S&Eパートナーズ株式会社はSEMの実績が関西トップクラスの会社です。

費用感:

  • 初期費用60,000円
  • 運用手数料 広告費の20%

すべてのおすすめ事業者について詳細調査した記事は以下をご覧ください。

【大阪】リスティング広告会社おすすめ14社一覧比較!少額低予算で運用代行してくれる実績豊富な業者は?

一覧に戻る

名古屋でリスティング広告に強い広告代理店や運用代行事業者

実力のある広告代理店が多い名古屋で、デジマチェーンがおすすめする広告代理店の一部を以下に紹介します。

すべてのおすすめ事業者について詳細調査した記事は以下をご覧ください。

【名古屋】リスティング広告会社おすすめ12社を中立厳正に比較!少額で始める運用代行専門の月額相場は?

マーケティングプラス株式会社

マーケティングプラス株式会社は低コストで高品質なサービスを提供しています。

費用感:リスティング広告は予算に合わせて運用

株式会社ゴリラウェブ

株式会社ゴリラウェブは知名度と業績トップクラスを誇ります。

費用感:

  • 格安ホームページ作成、運用代行
  • 初期費用47800円
  • 月額 498は0円~

株式会社カルテットコミュニケーションズ

株式会社カルテットコミュニケーションズはリスティング広告に特化しています。

費用感:初期費用6万円+運用手数料

すべてのおすすめ事業者について詳細調査した記事は以下をご覧ください。

【名古屋】リスティング広告会社おすすめ12社を中立厳正に比較!少額で始める運用代行専門の月額相場は?

一覧に戻る

福岡でリスティング広告に強い広告代理店や運用代行事業者

広告主にも個性的な事業者が多い福岡で、デジマチェーンがおすすめする広告代理店の一部を以下に紹介します。

すべてのおすすめ事業者について詳細調査した記事は以下をご覧ください。

【福岡】リスティング広告会社2021年おすすめ13社比較!運用代行の初期手数料0円で高コスパなのは?

株式会社マイティーエース

株式会社マイティーエースはGoogleプレミアムパートナーで運用実績トップレベルを誇ります。

費用感:月額5万円~

株式会社クリエル

株式会社クリエルは豊富な運用実績に蓄積された高精度・高レベルなサービスを提供をします。

費用感:

  • 初期費用3万円~
  • 手数料 広告費の20%

株式会社レッドキリン

株式会社レッドキリンは分析力とサポート体制抜群です。

費用感:広告費の20%(広告予算20万円までは一律4万円)

すべてのおすすめ事業者について詳細調査した記事は以下をご覧ください。

【福岡】リスティング広告会社2021年おすすめ13社比較!運用代行の初期手数料0円で高コスパなのは?

一覧に戻る

札幌でリスティング広告に強い広告代理店や運用代行事業者

北海道内でも広告代理店の競争率が高い札幌で、デジマチェーンがおすすめする広告代理店の一部を以下に紹介します。

すべてのおすすめ事業者について詳細調査した記事は以下をご覧ください。

【札幌】リスティング広告会社おすすめ13社を厳正中立に一覧比較!運用代行の外注見積を取る前に必見

ソウルドアウト株式会社

ソウルドアウト株式会社は3000社以上の実績で安心できる会社です。

費用感:月額広告費 5万円から対応可能(運用手数料は別途発生)

東洋印刷株式会社

東洋印刷株式会社は詳細な広告配信レポートを作成してくれます。

費用感:YDN初期費用3万円 + 代行手数料(広告費の20%)

株式会社ONE CRUISE

株式会社ONE CRUISEは10万円からリスティング広告が利用できます。

費用感:ネット広告 最低出稿金額は1媒体につき10万円〜(広告費・運用手数料込み)

すべてのおすすめ事業者について詳細調査した記事は以下をご覧ください。

【札幌】リスティング広告会社おすすめ13社を厳正中立に一覧比較!運用代行の外注見積を取る前に必見

一覧に戻る

横浜・川崎でリスティング広告に強い広告代理店や運用代行事業者

成果を上げる広告代理店が多い横浜・川崎で、デジマチェーンがおすすめする広告代理店の一部を以下に紹介します。

すべてのおすすめ事業者について詳細調査した記事は以下をご覧ください。

【横浜・川崎】リスティング広告会社おすすめ9社最新比較!神奈川湘南・茅ヶ崎まで運用代行カバー

株式会社DOE

株式会社DOEは多種多様なリスティング広告に対応します。

費用感:

  • 初期費用は5万円から
  • リスティング広告の運用手数料は20%

アタラ合同会社

アタラ合同会社は自社のリスティング担当者の育成までサポートします。

費用感:詳細はお問い合わせください

株式会社ハマ企画

株式会社ハマ企画は「売れる」ためのコンサルティングを行います。

費用感:

  • リスティング広告は最低入札価格10万円から
  • 手数料は入札価格の20%

一覧に戻る

すべてのおすすめ事業者について詳細調査した記事は以下をご覧ください。

【横浜・川崎】リスティング広告会社おすすめ9社最新比較!神奈川湘南・茅ヶ崎まで運用代行カバー

Google広告運用ガイド