最強の集客ツール?!LINE公式アカウント始め方!使い方!集客力の測り方

こんな悩みありませんか?

LINE公式アカウントで集客できるって聞いたけど、何から始めればいいの?」

「LINE公式アカウントでどのようなメッセージを配信すれば集客につながるのかわからない」

「どのような使い方をすればLINE公式アカウントを集客・販促手段として活用することができるの?」

Stock footage provided by Videvo, downloaded from https://www.videvo.net

若年層をはじめ、日本人全体の6割以上が利用しているLINEのビジネスツールLINE公式アカウントを利用して、集客につなげる企業やお店が急増中です。

しかし、上記のような悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。

LINE公式アカウントの運営には色々とコツがあるものの、上手に使えばとてもリーチ力の高い宣伝手段です。

LINE公式アカウントを集客に使用すれば、非常に低コストで新規の集客を獲得でき、そしてリピート率の向上が期待できます。

今回は、LINE公式アカウントとは何か、集客に使用するための費用メリット・デメリット、効果的に使って集客につなげる方法を説明する記事です。

1.集客に使えるLINE公式アカウントとは何か?

LINE公式アカウントとは、日本人の6割以上が利用しているLINEを利用して、サービスへの関心が高い見込み顧客を直接取り込めるツールです。

LINEは2019年7月時点で、日本国内だけで8,000万人を超えるユーザー数を誇っています。

またユーザー全体のうちの85%程度が毎日LINEを開いているというデータもあります。

LINEはこれだけコミュニケーションツールとして一般化しているため、それをビジネスに活用しない手はない、ということで用意されたのがLINE@LINE公式アカウントでした。

もともとはLINE@が中小企業向け、LINE公式アカウントが大企業向けのサービスでした。

LINE@が無料で使用できるのに対し、LINE公式アカウントは初期費用が最低800万円、最低月額250万円と高額設定だったためです。

しかし2018年にLINE@とLINE公式アカウントは統合され、今はLINE公式アカウントで一本化されています。

また 、かつてのLINE公式アカウントからは考えられないほどリーズナブルな料金プランに変更されました。

2.LINE公式アカウント集客の費用

LINE公式アカウント集客の費用は以下のようになっています。

フリープランライトプランスタンダードプラン
月額固定無料5,000円15,000円
無料メッセージ通数1,000通15,000通45,000通
追加メッセージ料金不可5円~3円

LINE@と統合されてからのLINE公式アカウントはリーズナブルで、フリープランでも無料メッセージを月に1,000通までは完全無料で利用できます。

最初はフリープランで契約しておいて、メッセージを送る数が増えたらライトプランやスタンダードプランに変更する、ということも可能です。

スタンダードプランではメッセージの送信数が多くなれば多くなるほど1通当たりの単価は低くなります。

3.集客におけるLINE公式アカウントのメリットとデメリット

LINE公式アカウントでの集客は、他の集客方法と同様にメリットとデメリットがあります

LINE公式アカウントを集客に活用するメリットは以下の4つです。

  1. ユーザー数が多い
  2. 直接メッセージを送るので集客効果が高い
  3. メッセージを見ないと未読メッセージが残る
  4. タイムラインで登録ユーザー以外にも見てもらえる

LINE公式アカウントはSNSと性質が異なる分、以下のようなデメリットもあります。

  1. 拡散スピードがメジャーSNSと比較すると遅い
  2. 友達を解除される可能性が高い

それぞれのメリット・デメリットの点を以下から説明します。

メリット1.ユーザー数が多い

LINEは、 Facebook、Twitter、InstagramなどのSNSよりも国内ユーザー数が多いメディアです。

そのぶん、多くの人とつながれるチャンスが転がっています。

メリット2.直接メッセージを送るので集客効果が高い

また、LINEはFacebookなど のSNSと大きく性質が異なります。

一般的な SNSが、投稿したメッセージを他のユーザーが見に来るのに対して、LINEは直接メッセージを送れるツールです

ユーザーとしても、「SNSでの投稿は、自分に向けて投稿されたものではない。不特定多数に向けられた投稿を見ている。」のに対し、「LINEのメッセージは、自分に対して直接メッセージが送られている。」という意識が強いでしょう。

メリット3.メッセージを見ないと未読メッセージが残る

LINEはメッセージを見ないと未読で残る点もメリットです。

未読のメッセージが残るのは気持ち悪さがあるので、早い段階でメッセージが開かれます。

また、LINEユーザーの85%程度が毎日LINEを開いているので、多くの場合その日のうちにはメッセージを見てもらえるでしょう。

メリット4.タイムラインで登録ユーザー以外にも見てもらえる

タイムラインに投稿されたメッセージは、友達ユーザー以外にも公開できます。

ますます拡散される可能性も高くなります。

デメリット1.拡散スピードがメジャーSNSと比較すると遅い

LINE公式アカウントは、TwitterなどのSNSに比べるとの情報拡散スピードは遅いです。

LINE公式アカウントは、友達になったユーザーに直接メッセージを送れるので、集客効果は高いといえます。

ですが、手軽で迅速なリツイート機能が使えるTwitterと比較すると、メッセージを拡散する機能が少ないと言えます。

タイムラインを使えば、TwitterなどのSNSに近い形で投稿を拡散可能なのですが、LINEのメイン機能はあくまでもメッセージです。

タイムラインをあまり使用しないユーザーも多く、メッセージを見るついで程度にしかメッセージを見ないというユーザーも多いでしょう。

LINEの拡散力の遅さをカバーするためには、他のSNSと併用するのがベストです。

デメリット2.友達を解除される可能性が高い

LINE公式アカウントからのメッセージは、ダイレクトにメッセージが届く分、少しでも不要だと感じるメッセージは排除したいというユーザー心理が働きかねません。

多くのLINEユーザーはメッセージを本当に必要なものだけに絞りたいと考えているので、魅力的なメッセージでないと友達を外されてしまいます。

友達を解除されないためには、お得なクーポンを配信するなど、ユーザーにとって魅力的で、読みたいと思わせるメッセージが必要です。

4.LINE公式アカウント集客の始め方

LINE公式アカウントを新規で始めるには、こちらの公式ページにアクセスします。

通常のLINEアカウントを事前に取得しておくことが必要です。

ページ内の指示に従って操作を進めると、LINE公式アカウントが作成できます。

もし、すでにLINE@を取得していて、LINE公式アカウントに移行する場合は、こちらの公式ページを参照してください。

LINE公式アカウントのアカウントの種類と必要な設定について以下で説明します。

(1)アカウント種別について

出典元https://www.linebiz.com/jp/column/technique/20190726/

LINE公式アカウントには、上記の公式説明のように、認証済アカウントと未認証アカウントがあります。

2種類のアカウントで基本的な機能は変わりませんし、無料プランを含めて価格も変わりません。

認証済アカウントは、LINE事務局の審査を通過することで取得できるアカウントです。

青色のアカウントバッジが付与され、LINEアプリ内での各種検索結果に表示されるので、集客効果が高まります。

また、店舗などで展示するオフィシャルの販促用ポスターなどを手に入れることができるので、認証済アカウントの開設がおすすめです。

審査は通常10営業日程度かかります。

利用中の未認証アカウントを認証済アカウントに移行する場合は、LINE OFFICIAL ACCOUNT MANAGERから変更を申請可能です。

(2)LINE公式アカウントに必要な設定

出典元 https://www.linebiz.com/jp/column/technique/20190418-3/

アカウントを作成した後は、LINE公式アカウントの管理画面であるLINE Official Account Manager(上記画面サンプル)で必要な設定を行います。

LINE公式アカウントには下記の初期設定が必要です。

  • アカウント名
  • ステータスメッセージ
  • プロフィール画像
  • 背景画像
  • あいさつメッセージ(ユーザーが友だち追加してくれた際に自動的に送られるメッセージ)
  • 応答メッセージ(ユーザーがメッセージを送った際に自動で送られるメッセージ)

5.LINE公式アカウントで効果的に集客する方法

LINE公式アカウントで集客するために必要なことは以下です。

  1. 友達を増やす
  2. ユーザーにメリットのあるメッセージを送る
  3. クーポン、抽選機能を利用する

それぞれ説明します。

#1.友達を増やす

LINEを使った集客は、まず友達を獲得しないことには何も始まりません

主な友達獲得方法は以下です。

店頭POPや掲示物による告知とスタッフからの声がけ

LINE公式アカウントのIDや友だち追加用QRコードを印刷したポスター・チラシ・パンフレット・名刺を用意しましょう。

自店舗での掲示はもちろん、取引先に置かせてもらうのも効果的です。

ウェブサイト・メルマガ・SNSで登録を促す

自社のウェブサイト・ブログには「友だち追加ボタン」または「QRコード」を設置しましょう。

「友だち追加ボタン」、「QRコード」は管理画面の「友だちを増やす」で取得できます。

メルマガ・SNSにはLINE公式アカウントのIDや友だち追加URLを記載しましょう。

登録を促す際には、友だちになった場合のメリットを忘れずに記載します。

友だち登録キャンペーンを実施

「友だち登録した画面を見せれば会計10%オフ」などのキャンペーンはメリットがわかりやすいので、登録促進に効果的です。

#2.ユーザーにメリットのあるメッセージを送る

友達登録をしてくれたユーザーにとっても、メリットのあるメッセージを送り続けましょう

たとえばプレゼント情報、キャンペーン情報、割引情報、などが効果的でしょう。

#3.クーポン、抽選機能を利用する

クーポン、抽選機能はLINE上で使用できるクーポン、抽選を作成する機能です。

作成したクーポン、抽選はメッセージでもタイムラインでも配信できます。

多くのユーザーがつい利用してしまう機能なので活用しましょう。

6.LINE公式アカウントの集客効果を検証する

LINE公式アカウントからの集客効果は管理画面であるLINE Official Account Manager で分析可能です。

集客のために、LINE公式アカウントを含めて複数の施策を取り入れた場合、どの施策がどれだけ集客につながったのかよくわからないことがあるかもしれません。

LINE Official Account Managerでは、例えば、日々の友だち追加数ブロックされた数を確認することができます。

またメッセージの配信数クリック数が確認できます。

タイムラインについても、投稿のインプレッション数クリック数いいねの数が確認できます。

メッセージやタイムラインで配信されたもののクリック数やいいねの数などの反応が良くない場合は、メッセージであれば冒頭文(多くのユーザーがプレビューで閲覧する部分)のインパクトが弱いのかもしれません。

タイムラインであれば、投稿時間の調整が効果的な場合もあります。

または、友達の層と、狙っている顧客層にずれがあるのかもしれません。

LINE Official Account Managerでは、発行したクーポンごとの開封者数使用者数も確認できますので、集客のためにクーポン戦略を取った場合の成果も確認可能です。

ほとんどの統計値で、表示期間の指定とCSV形式のファイルダウンロードが可能なので、季節ごと、イベント前後、新サービス発表前後の推移などを細かく分析できます。

まとめ

LINE公式アカウントは、見込み顧客に個人的にメッセージを送れるので、ダイレクトに集客につなげやすいツールです。

その分拡散スピードに弱みがあるので、他のSNSとの組み合わせが重要になります。

LINE公式アカウントはすぐに始めることが可能ですが、もっとも集客に効果的な運用を行うこと、継続的にメッセージを送ることなどは時間も労力も必要です。

コストパフォーマンスを考えると、SNSマーケティングのノウハウが豊富な専門の事業者に運用を代行してもらうか、セミナーやオンラインレッスンに参加することが好ましいでしょう。

初心者でもすぐに始められて、月10時間の作業で月50~60万の利益を安定して出すことのできるPPCアフィリエイト手法については、こちらの無料講座のチェックをぜひお勧めします。

無料のネット広告一括見積もりサービス

あなたに最適なネット広告代理店をプロが選定・紹介します!

プロが人力でマッチングするのはデジマチェーンだけ!

デジマチェーン3つの強み

  1. 【完全無料】ネット広告の相談や広告代理店の紹介など、全ての機能が無料です。
  2. 【営業電話がゼロ】一括見積もりサイトのように業者から営業電話が来ません。
  3. 【1000件以上の相談実績】個人事業主から上場企業まで、幅広くご利用いただいています。

法人個人事業主
自社で掲載している代理店に任せている制作会社に任せている掲載していない

関連記事

  1. Twitter広告に必要な費用と運用効果をあげる5つのコツ

  2. メルマガ配信ツールはどれがおすすめ?メルマガ配信方法とおすすめ5選

  3. 1ヶ月で違いが出る!新規顧客を速攻で獲得できる3つの方法

  4. 集客ツールで迷ったら!業種別ツールの使い方と持続的な集客のコツ

  5. 集客を成功させるイベントのアイデア21選と集客の4つのコツ

  6. マーケティング オートメーション(MA)とは?おすすめツール3選