デジマチェーン掲載登録申請フォーム

デジマチェーンのポータルサイト内での掲載を希望される場合は、以下のフォームに必要事項を入力の上、[送信]ボタンをクリックしてください。

掲載済みの方で、変更をご希望の場合、御社種別の中で「掲載済み」を選択して、変更内容を更新してください。

以下、注意事項になります。

  • URLの掲載に関しては、会社公式サイトのみを掲載、子会社やサービスサイトなどは掲載不可です
  • 紹介文に関しては、弊社にて確認を行い、必要に応じて掲載内容の変更を行う場合があります
  • 御社の提供サービス登録は最大3項目までです
  • 申請後、5営業日以内に掲載業務を実施致します
  • 審査の結果、掲載不可の場合、連絡は行いません
  • 掲載不可の理由は開示致しません

※申請完了後、数分以内に自動返信メールが届きます。メールが届かない場合は、恐れ入りますが再度申請をお願いいたします。

必須 御社名

任意 部署名

必須 御社種別(掲載済で更新希望の場合は、掲載済を選択してください)


広告代理店制作会社システム開発会社SEO支援マーケティング広告媒体社ASPツールベンダー掲載済その他

任意 その他をご記入頂いた方は御社種別をご記入ください。

必須 御社WebサイトURL

必須 役職

必須 お名前

必須 ページに掲載する電話番号をご記入ください。

必須 ご担当者の電話番号をご記入ください。

必須 メールアドレス

必須 御社で対応する月額広告予算をチェックしてください。月20万円未満月20~40万円月40~60万円月60~80万円月80~100万円月100~300万円月300~500万円月500~1000万円月1000万円以上制限なし

必須 御社で提供可能なサービスを選択してください

任意 提供可能サービス2

任意 提供可能サービス3

任意 その他をご記入頂いた方は対応可能なサービスをご記入ください。

会社のロゴ画像など必要に応じて添付してください。

任意 添付ファイル1(ファイルサイズ上限2MB、対象ファイル:pdf、JPG、PNG、GIF)

任意 添付ファイル2(ファイルサイズ上限2MB、対象ファイル:pdf、JPG、PNG、GIF

任意 添付ファイル2(ファイルサイズ上限2MB、対象ファイル:pdf、JPG、PNG、GIF

必須 Webサイトに掲載したい御社の紹介文を記載してください。

以下は任意項目になりますが、ご記入頂くことで御社の魅力をよりお伝えしやすくなります。

任意 Q1.なぜ、今の事業を始めようと考えたかご記入ください。

任意 Q2.御社の強みや特徴をご記入ください。

任意 Q3.御社の顧客に提供したサービスの中で成功事例があればご記入ください。

任意 Q4.これからデジタルマーケティングに取り組もうとされている企業の方へのメッセージがあればご記入ください。

任意 Q5.デジタルマーケティングを成功する秘訣があればご記入ください。

任意 その他、質問や確認事項などがあればご記入ください。

デジマチェーンサービス利用規約

本利用規約(以下「本規約」といいます。)は、デジマチェーン株式会社およびデジマチェーン株式会社とジョイント・ベンチャーしているパートナー (以下「当方」といいます)が提供する有料コンテンツ配信サ-ビスおよびコンサルティングサービス並びに当方にて販売する商品(以下「当方サービス」といいます)に関して、当方サービスの提供条件および当方と会員(第3条に基づいて当方サービスの利用者としての登録がなされた個人または法人を意味します。)の皆様との間の一切の権利義務関係が定められています。当方サービスの利用に際しては、本規約に同意していただく必要があります。

第1条(本規約の適用範囲)

1.本規約は、当方サービスの提供条件及び当方サービスの利用に関する当方と会員との間の権利義務関係を定めることを目的とし、会員と当方との間の当方サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。

2.ウェブサイト(dejimachain.jp)及びコンテンツに付随して配信されるメール (以下、「本サイト等」といいます。)にて随時会員に告知するヘルプ、よくある質問、自動応答メールの記載内容等の諸規定(以下「諸規定」といいます)は、本規約の一部を構成するものとします。

3.本規約と諸規定の定めが異なる場合は、諸規定において特段の定めなき限り、諸規定の定めが優先的に適用されます。

第2条(定義)

本規約において使用する以下の用語は、各々以下に定める意味を有するものとします。

(1) 「サービス利用契約」とは、本規約を契約条件として当方と登録ユーザーの間で締結される、当方サービスの利用契約を意味します。

(2) 「当方」とは、デジマチェーン株式会社およびデジマチェーン株式会社とジョイント・ベンチャーしているパートナーを意味します。

(3) 「当方サービス」とは、当方が提供する有料コンテンツ配信サ-ビス及びコンサルティングサービス並びにデジマチェーン株式会社とジョイント・ベンチャーにて販売する商品を意味します。

(4) 「会員」とは、第3条(登録)に基づいて当方サービスの利用者としての登録がなされた個人または法人を意味します。

(5) 「当方ウェブサイト」とは、そのドメイン名が「dejimachain.jp」である、当方が運営するウェブサイト(理由の如何を問わず、当方のウェブサイトのドメインまたは内容が変更された場合は、当該変更後のウェブサイトを含みます。)を意味します。

(6) 「当方配信メール」とは、当方サービスにおけるコンテンツに付随して配信するメールを意味します。

第3条(登録)

1.当方サービスの利用を希望する者(以下「登録希望者」といいます。)は、本規約を遵守することに同意し、かつ当方の定める一定の情報(以下「登録事項」といいます。)を当方の定める方法で当方に提供することにより、当方に対し、本サービスの利用の登録を申請することができます。

2.当方は、当方の基準に従って、第1項に基づいて登録申請を行った登録希望者(以下「登録申請者」といいます。)の登録の可否を判断し、当方が登録を認める場合にはその旨を登録申請者に通知します。登録申請者の会員としての登録は、当方が本項の通知を行ったことをもって完了したものとします。

3.前項に定める登録の完了時に、当方サービスの利用契約が会員と当方の間に成立し、会員は当方サービスを本規約に従い利用することができるようになります。

4.当方は、登録申請者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録及び再登録を拒否することがあり、またその理由について一切開示義務を負いません。

(1) 当方に提供した登録事項の全部または一部につき虚偽、誤記または記載漏れがあった場合

(2) 未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人または補助人の同意等を得ていなかった場合

(3) 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っていると当社が判断した場合

(4) 過去当方との契約に違反した者またはその関係者であると当方が判断した場合

(5) 第13条に定める措置を受けたことがある場合

(6) その他、登録を適当でないと当方が判断した場合

第4条(登録事項の変更)

会員は、登録事項に変更があった場合、当方の定める方法により当該変更事項を遅滞なく当方に通知するものとします。

第5条(パスワード及び会員IDの管理)

1.会員は、自己の責任において当方サービスに関するパスワード及び会員IDを適切に管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させ、又は貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。

2.パスワードまたは会員IDの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって生じた損害に関する責任は会員が負うものとします。

第6条(料金及び支払方法)

1.会員は、当方サービス利用の対価として、別途当方が定め、当方のウェブサイトに表示する利用料金を、当方が指定する支払方法により当方に支払うものとします。なお、支払いに関わる手数料が発生する場合には、会員の負担とします。

2.会員が利用料金の支払を遅滞した場合、会員は年14.6%の割合による遅延損害金を当方に支払うものとします。

第7条(禁止事項)

会員は、当方サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為または該当すると当方が判断する行為をしてはなりません。

(1) 法令に違反する行為または犯罪行為に関連する行為

(2) 当方、本サービスの他の利用者またはその他の第三者に対する詐欺または脅迫行為

(3) 公序良俗に反する行為

(4) 当方サービスのネットワークまたはシステム等に過度な負荷をかける行為

(5) 当方が提供するソフトウェアその他のシステムに対するリバースエンジニアリングその他の解析行為

(6) 当方サービスの運営を妨害するおそれのある行為

(7) 当方のネットワークまたはシステム等への不正アクセス

(8) 第三者に成りすます行為

(9) 当方サービスの他の利用者のIDまたはパスワードを利用する行為

(10) 当方サービスの他の利用者の情報の収集

(11) 当方サービスの他の利用者またはその他の第三者に不利益、損害、不快感を与える行為

(12) 当方ウェブサイト上で掲載する当方サービス利用に関するルール(https://dejimachain.jp/、https://user.dejimachain.jp/)に抵触する行為

(13) 反社会的勢力等への利益供与

(14) 前各号の行為を直接または間接に惹起し、または容易にする行為

(15) 前各号の行為を試みること

(16) その他、当方が不適切と判断する行為

第8条(本規約の変更)

1.当方は、会員の承諾を得ることなく、利用料金の改定を含む、本規約および諸規定の変更をいつでも行うことができます。

2.当方は、本規約または諸規定を変更(以下「規約変更」といいます)する場合、変更後の本規約または諸規定(以下、総称して「変更後規約」といいます)の内容を、本サイト等に掲出またはその他当方が適当と判断する方法により、会員に通知します。

3.規約変更は、本サイト等上に設置されたサービスまたは書面・当方配信メールにて行います。

4.当方は、当方が必要と認めた場合は、本規約を変更できるものとします。本規約を変更する場合、変更後の本規約の施行時期及び内容を当方のウェブサイト上での掲示その他の適切な方法により周知し、又は会員に通知します。

第9条(当方サービスの停止等)

当方は、以下のいずれかに該当する場合には、会員に事前に通知することなく、当方サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。

(1) 当方サービスに係るコンピューター・システムの点検または保守作業を緊急に行う場合

(2) コンピューター、通信回線等の障害、誤操作、過度なアクセスの集中、不正アクセス、ハッキング等により当方サービスの運営ができなくなった場合

(3) 地震、落雷、火災、風水害、停電、天災地変などの不可抗力により当方サービスの運営ができなくなった場合

(4) その他、当方が停止または中断を必要と判断した場合

第10条(カスタマーサポートにて対応できない事項)

当方サービスの利用にあたり、以下の行為は、会員の責任において行うものとし、当方のカスタマーサービスでは対応できません。

(1) アカウントの統合

(2) コンテンツの再発行(必要な場合はご自身で保存してください)

(3) 一定期間、課金を停止させるような休会手続き

(4) ご自分で解約できる商品に関して、当方に解約の代行を依頼する行為

(5) パスワード及び会員IDの再発行(大切に保管し、パスワードはご自身でリセットしてください)

第11条(退会)

1.会員は、退会を希望する場合は、当方が指定する方法で通知するものとします。

2.当方サービスの提供は、契約期間の途中であっても、当方が退会処理した日をもって停止されます。

3.契約期間が自動更新の場合、会員は、次回の課金日の7日前までに退会の通知をしなければ、次回課金日までに退会できないものとします。この期限に遅れた場合、会員は不服を申し立てることは出来ません。

4.契約期間の途中の解約や利用日数にかかわらず、当方が規定した契約期間分の料金は、全額お支払いいただくものとし、既にお支払いいただいた利用料金がある場合でも当方から会員への返金は致しません。また、これは強制退会の場合にも適用されます。

5.退会後の利用者情報の取扱いについては、第20条の規定に従うものとします。

第12条(返金)

1.商品の販売ページなどで明記した場合を除き、返金はできません。

2.返金は原則、銀行振込で行うものとします。ただし、当方のサービス運用上の都合によりクレジットカードへの返金を行う場合があります。

第13条(サ-ビス転用の禁止)

会員は、別途定めがある場合を除き、当方サービスを通じて当方から配信されるメールおよびコンテンツを、次の各号で定める目的または方法により使用することができません。

(1) 譲渡すること

(2) 複製または翻訳すること

(3) 放送、有線放送、公の上映または自己の営業等に使用すること

(4) 転貸または第三者に配信、提供もしくは使用させること

(5) その他自己の私的閲覧外の目的に使用すること

第14条(強制退会等)

1.会員が、次の各号のいずれかに該当すると当方が認めた場合、当方は、当該会員に対する何等の事前の催告・通知なく、会員資格を一時停止し、または強制退会させることができるものとします。

(1) 本サイト等のサーバーの不正利用または改ざんを行った場合

(2) パスワ-ドを不正に使用した場合

(3) 当方サービスの利用料金等の支払い債務の履行を遅滞し、または支払を拒否した場合

(4) 会員の指定した支払い手段の利用が停止させられた場合

(5) 本規約のいずれかの条項に違反した場合

(6) 本規約を遵守しない旨公言した場合

(7) 当方サービスを利用して、違法な行為を行った場合

(8) 会員に当方サービスを提供する上で著しい支障がある、もしくは支障が生じる恐れがあると当方が判断した場合

(9) その他当方が会員として不適当と判断した場合

2.会員は、強制退会させられたときは、期限の利益を喪失し、退会までに発生した当方サービスの利用料金の支払い債務を一括して、直ちに支払うものとします。当方は、強制退会させられるまでに会員が支払った料金を一切払い戻しません。

3.第1項各号に該当する会員の行為によって、当方が損害を受けたときは、当方は、会員に対してかかる損害の賠償を請求できるものとします。

第15条(当方サービスの内容の変更、終了)

1.当方は、当方の都合により、当方サービスの内容を変更し、または提供を終了することができます。

2.当方が当方サービスの提供を終了する場合、当方は会員に事前に通知するものとします。

第16条(保証の否認)

当方は、当方サービスが会員の特定の目的に適合すること、期待する機能・商品的価値・正確性・有用性を有すること、会員による当方サービスの利用が会員に適用のある法令または業界団体の内部規則等に適合すること、継続的に利用できること、及び不具合が生じないことについて、明示又は黙示を問わず何ら保証するものではありません。

第17条(トラブルに関する免責事項)

1.当方は、会員が当方サービスを受講して行動した結果被った損害に関して、その理由を問わず一切の責任を負いません。

2.当方サービスに関連して会員と他の会員(業務提携先企業を含む。)または第三者との間において発生した取引、連絡、紛争等については、会員が自己の責任によって解決するものとします。

第18条(システムに関する免責事項)

1.当方は、当方サービスに関連して生じた会員及び第三者の付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害および逸失利益に係る損害について、それらの予見又は予見可能性の有無にかかわらず、一切の責任を負いません。ただし、当方に故意または重過失が存在する場合には適用しません。

2.会員による当方サービスの利用に伴い、当方の債務不履行又は不法行為により会員に損害が生じた場合、当方は会員に対し、当該債務不履行又は不法行為が生じた月において、当該会員に生じる利用料金の額を上限として、損害を賠償します。

第19条(秘密保持)

会員は、当方サービスに関連して当方が会員に対して秘密に取り扱うことを求めて開示した非公知の情報について、当方の事前の書面による承諾がある場合を除き、秘密に取り扱うものとします。

第20条(利用者情報の取扱い)

1.当方による会員の利用者情報の取扱いについては、別途当方プライバシーポリシー(https://user.dejimachain.jp/p/privacy)の定めによるものとし、会員はこのプライバシーポリシーに従って当方が会員の利用者情報を取扱うことについて同意するものとします。

2.当方は、会員が当方に提供した情報等を、個人を特定できない形での統計的な情報として、当方の裁量で、利用及び公開することができるものとし、当方はこれに異議を唱えないものとします。

第21条(連絡/通知)

1.当方サービスに関する問い合わせその他会員から当方に対する連絡または通知、及び本規約の変更に関する通知その他当方から会員に対する連絡または通知は、当方の定める方法で行うものとします。

2.当方が登録事項に含まれるメールアドレスその他の連絡先に連絡または通知を行った場合、会員は当該連絡または通知を受領したものとみなします。

第22条(サービス利用契約上の地位の譲渡等)

1.会員は、当方の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。

2.当方は当方サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに会員の登録事項その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、会員は、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第23条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第24条(準拠法及び管轄裁判所)

1.本規約及びサービス利用契約の準拠法は日本法とします。

2.本規約またはサービス利用契約に起因し、または関連する一切の紛争については、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

最終更新日 2020年5月1日



必須