【Instagram広告】インスタ広告の種類から出稿方法まで徹底解説

「インスタに広告を出してみたいけど、やり方がわからない」
「よく耳にするけど、そもそもインスタ広告って何なの?」

このようにお悩みの広報担当者さまもいると思います。

これまでにWebやSNSに広告を出してこなかった方は難しいように思うかもしれません。

しかし、インスタ広告は簡単なステップを踏むだけで、低コストかつ簡単に出すことができるんです!

そこで今回は、全く知識のない初心者の方に向けて、インスタ広告の基礎知識から出稿の手順まで、しっかりと解説します。

この記事を読めば、インスタ広告の知識だけでなく、自力で広告を出せるまでになりますよ!

1. Instagram広告とは?

Instagram広告(インスタ広告)とは、Instagramのタイムライン上やストーリーズ上に画像や動画などの形式で出稿できる広告のことを指します。

Instagramは、画像によるコミュニケーションをメインとしたSNSであり、現在の国内月間アクティブユーザー数は2.900万人にものぼります。

また、そのユーザー数は増加しつづけており、2018年のユーザー増加率(前年比)は39%と、今最も勢いのあるSNSであるといえます。

総務省の調査では、20代のおよそ3割がInstagramを利用していると回答しており、特に若い女性を中心に人気があります。

Instagramには同世代・同志向のユーザーが多いことから、ファッションやグルメの検索をする時にはGoogleよりもInstagramを優先する傾向もあります。

トレンダーズ株式会社が2015年に20~40代の女性を中心に実施した『女性のInstagram活用』に関する調査では、Instagramの投稿から刺激を受けて購買に至った経験を持つ女性が、回答者の4割にも及びました。

このような特徴をもつInstagramに広告を出せば、無駄なく直接的な広報・訴求を行うことができます。

2. インスタ広告のつのメリット

インスタ広告は、画像や動画など、さまざまな形態の広告を作ることができるため、自社の商材に合わせた柔軟な活用が可能です。

また、料金体系も複数用意されており、すべて成功報酬型の課金方式が採用されているため、無駄のない広告出稿をすることができます。

つまり、インスタ広告は、細かいターゲット設定ができることに加え、予算に合わせたインパクトのある広告を掲載できる、魅力的な広告媒体であるといえます。

ここでは、インスタ広告の具体的なメリットをさらに5つご紹介します。

メリット1. 20代の若年層に対してリーチできる

インスタ広告により、10〜20代の若年層や女性ユーザーにリーチすることができます。

従来より、こうした層に向けたプラットフォームはファッション誌がその役割を担っていますが、広告費の高さから身近な媒体とは言えませんでした。

しかし、Instagramはもはや若い女性の間ではインフラ化しており、影響力の高さはFacebookTwitterなどの他SNSをも上回っています。

取り扱う商材がファッションやコスメ、飲食店など、若者や女性をターゲットにしているのであれば、インスタ広告は抜群の効果を発揮します。

メリット2. 細かいターゲティング設定ができる

インスタ広告では、リーチする層を細かくターゲティングすることができます。

親会社であるFacebookのAIエンジンと連携することにより、他のWeb広告よりも細かいターゲティング設定をすることができるからです。

たとえば以下のように、ユーザーの居住地域、年齢、性別、学歴職歴等の個人属性など、非常に細かいテーゲット設定が可能です。

基本情報 20代 未婚 都内在住 飲食店勤務
性別 女性
大学レベル MARCHレベル 商学部卒
趣味 カフェ巡りと映画鑑賞

細かいターゲティングをすることにより、狙った層に対して直接的なアピールが可能になる点は、他の広告媒体にはない魅力です。

精度の高いターゲティングにより広告の効果を最大限に高めることができるため、限られた予算内であっても効率的な広告を出稿することができます。

メリット3. 写真や動画によるアピールができる

インスタ広告では、写真や動画を用いたインパクトある広告を出すことができます。

Instagramは、「インスタ映え」という言葉が流行語となっているように、文字ではなく写真によるコミュニケーションをメインとするSNSです。

ユーザーたちはこぞってお気に入りの写真を投稿し、また、他のユーザーの写真・動画を見るためにアプリを開いているのです。

インスタ広告は、写真や動画のもつ視覚的なインパクトによってユーザーに対してアピールできる点で、他のメディアよりも優位性があります。

そこで、文章では魅力を伝えづらい商材であれば、インスタ広告は理想的な広告プラットフォームであるといえます。

メリット4. 広告感を感じさせないアピールができる

インスタ広告では、広告感のないスムーズな訴求を行うことができます。

上述したように、Instagramはもともとが画像の投稿をメインにしたSNSです。

だからこそ、他のSNSやプラットフォームとは異なり、写真や動画による広告であっても自然と掲載することができます。

広告の掲載にあたり、ネガティブな第一印象を与えない媒体は、他のメディアでは得られない大きなメリットであるといえます。

とはいえ、いかにも広告感のある掲載はユーザーの目に留まることができないため、作成にあたってはこの点に留意し、広告感を出さずに自然なアピールをする必要があります。

メリット5. 予算に合わせた運用ができる

インスタ広告は、予算や商材に合わせた4種類の料金体系が準備されています。

インスタ広告の料金体系4種

CPC: 1クリックごとに40〜100円ほどの費用が発生。

CPM: 1000回タイムラインに表示されるごとに費用が発生。1リーチあたり1円程度。

CPI: アプリなどの広告で、1インストールごとに100円程度の費用が発生。

CPV: 1回動画が再生されるごとに4〜7円程度の費用が発生。

このように、取り扱う商材やターゲットに合わせた設定を行うことができるため、柔軟な運用ができます。

低額な広告費から出稿することができるため、実際に運用して効果を確認しながら、少しずつ運用を変化させていくことができる点もインスタ広告の大きなメリットです。

. インスタ広告の4タイプ

インスタ広告には、以下の4種類の広告形態が準備されています。

  1. 画像広告
  2. 動画広告
  3. カルーセル広告
  4. ストーリーズ(キャンバス)広告

それぞれの広告の特徴を抑え、自社の商材に合わせた広告形態を選択することにより、より魅力的なアピールをすることができます。

ここでは、それぞれの種類の特徴をご紹介します。

タイプ1. 画像広告

画像広告は、Instagramのフィード画面に静止画1枚とキャプション(テキスト)が表示される形態で、最も利用されている種類です。

広告テキスト欄にURLを含めて投稿すると、Webサイトに誘導するためのボタンも表示されるようになります。

ライムライン上にある他ユーザーの投稿に紛れ込んだ形で提供されるため、画像の選定次第で広告感を感じさせない自然なアピールができます。

シンプルな広告形態であるために、画像1枚でどれほどインパクトを与えることができるかが勝負のカギとなります。

また、投稿時には、以下のフォーマットに注意する必要があります。

画像広告

  • ファイルタイプ:jpgまたはpng
  • 画像の最大解像度:1936×1936px
  • 画像の最小解像度:正方形(600×600px)、長方形(600×315px)、縦長(600×750px)
  • 画像のアスペクト比:正方形(1:1)、長方形(1.91:1)、縦長(4:5)
  • 説明文の最大文字数:2200文字
  • 説明文の最大ハッシュタグ数:20個

Instagramは、画像広告の仕様は他の投稿と同様の「正方形」を推奨しており、特に以下のサイズでの出稿を推奨しています。

    • 画像アスペクト比:1:1
    • 画像解像度:1080×1080px
    • 説明文:テキストのみ、125文字以内

上記のフォーマットに注意して、画像広告を活用しましょう。

タイプ2. 動画広告

動画広告は、フィード部分に動画を表示させることのできる形態です。

ゲームやアプリの広告のほか、画像のスライドショーや店舗でのイベントの様子の動画など、画像よりも情報量が多いだけに多様な活用方法が考えられます。

Facebookの報告によると、2016年から2017年にかけて、Instagramでの動画視聴時間は80%増加しており、インスタ広告においても動画の重要性は増しています。

Instagramのユーザーの多くがその利用目的にブランドや商品の発見を挙げていることからも、動画広告は商材アピールの大きなチャンスといえます。

動画の形態は以下のフォーマットに限定されています。

動画広告

  • ファイルタイプ:MP4またはMOV(推奨)、その他のタイプにも対応。
  • 最大ファイルサイズ:4GB
  • 動画の最小解像度:正方形(600×600px)、長方形(600×315px)
  • 動画のアスペクト比:正方形(1:1)、長方形(1.91:1)
  • 動画の秒数制限:60秒未満
  • 説明文の最大文字数:2200文字
  • 説明文の最大ハッシュタグ数:30個

上記のフォーマットに注意して、動画広告を活用しましょう。

タイプ3. カルーセル広告

カルーセル広告は、5枚までの画像や動画を横スライドによって1つの広告として表示させる形態で、他の形態と同様にフィード内に表示されます。

複数枚のファイルを提示できることから、商材の詳細を提示したり、ストーリー仕立ての広告を提示できるなど、情報量の多さが一番の魅力です。

カルーセル広告はFacebookでも人気の高い広告形態ですが、Instagramの特性上、他のSNSよりもしっかりと画像を見てもらいやすいことが特徴です。

特に、最初の1枚目にキャッチーな画像を設定することで、次の写真へとユーザーを誘導することができます。

カルーセル広告におけるフォーマットは以下の通りです。

カルーセル広告

  • ファイルタイプ:jpgまたはpng
  • 画像使用可能枚数:3枚以上10枚未満
  • 画像の最小解像度:600×600px
  • 画像の最大解像度:1936×1936px
  • 画像のアスペクト比:1:1
  • 説明文の最大文字数:2200文字
  • 説明文の最大ハッシュタグ数:30個

上記のフォーマットに注意して、カルーセル広告を活用しましょう。

タイプ4. ストーリーズ(キャンバス)広告

ストーリーズ広告は、ユーザーの投稿したストーリーズの合間に挿入される広告形態で、全画面に表示されます。

フルスクリーンでシームレスに表示されるため、ユーザーに与えるインパクトは他の広告形態と比べて最も高いといえるでしょう。

ユーザーがこの広告を見ると、広告が閉じられるか、15秒経過するまで広告が表示され続けます。

また、ストーリーズ広告をカルーセル形式で表示させることも可能で、最大3つまでの画像や動画を表示させることもできます。

ストーリーズは、通常の投稿や他のSNSを異なり、投稿が24時間で自動的に消滅するという投稿形式で、投稿するユーザーも閲覧するユーザーも多いことが特徴です。

ただし、ストーリーズ広告は24時間で消滅することはありませんので、ご安心ください。

ユーザーの多い場所にインパクトのある広告を提示できるため、インスタ広告の中でも最も注目すべき形態です。

ストーリーズ広告におけるフォーマットは以下の通りです。

ストーリーズ広告

  • ファイルタイプ:MP4、MOV、GIF、jpg、png
  • 最大ファイルサイズ:4GB(動画)、30MB(画像)
  • 動画の最小解像度:600×1067px
  • 動画のアスペクト比:9:16
  • 動画に必要な秒数:1〜15秒

上記のフォーマットに注意して、ストーリーズ広告を活用しましょう。

4. インスタ広告の出稿のつの手順

ここまでは、インスタ広告の特徴と4つの種類についてご説明してきました。

ターゲットや予算に合わせた細かな設定を行えることなど、その魅力をわかっていただけたことと思います。

インスタ広告は、以下の手順を踏むだけで、初心者の方でも簡単に出稿することができます。

  1. FacebookとInstagramのアカウントをリンクさせる
  2. キャンペーンの目的を設定する
  3. 広告セットの作成
  4. 広告の設定・公開

以下からは、実際にインスタ広告を出稿するための4手順についてご説明します。

手順1. FacebookとInstagramのアカウントをリンクさせる

まずは、FacebookとInstagramのアカウントをリンクさせる作業です

上述したように、InstagramがFacebookの子会社であることから、インスタ広告はFacebookの広告マネージャーを用いて広告を作成していきます。

そのため、事前にFacebookアカウントとInstagramアカウントを作成し、両者を紐づける必要があります。

まずはお持ちのFacebookページにアクセスし、右上の「設定」画面に入ります。

管理画面にある左側のメニューから、「Instagram広告」を選択します。

すると、Instagramのアカウントを追加するためのログイン画面が表示されるので、Instagramのアカウントとパスワードを入力し、「確認」をクリックします。

この手順だけで、FacebookとInstagramのアカウントのリンクは完了です。

Instagramアカウントが無い場合であってもインスタ広告の出稿は可能です。

しかし、広告へのコメントに返信することができない等の制約があるため、できる限りInstagramアカウントを作成することをお勧めします。

手順2. キャンペーンの目的を設定する

次に、キャンペーンの目的(広告の目的)を設定していきます。

ここから、具体的な広告作成・出稿手順に入ります。

まずは、「Facebook for Business」にアクセスし、メニュー内の「広告」から、「Instagram」を選択します。

「広告を作成」という画面が表示されるので、クリックして次へ進んでください。

次に、広告キャンペーンの目的を選択する画面が表示されます。

しかし、この画面で表示されている選択肢は、Facebook広告とInstagram広告の双方の出稿選択肢で、インスタ広告として配信できる項目は以下の5種類に限定されます。

  1. 投稿を宣伝
  2. ウェブサイトへのアクセスを増やす
  3. ウェブサイトのコンバージョンを増やす
  4. アプリのインストール数を増やす
  5. アプリのエンゲージメントを増やす

以上の選択肢のうち、商材に最も合っているものを選択してください。

手順3. 広告セットの作成

次に、広告セットでは以下3種類の設定を行います。

  1. オーディエンス(ターゲット)
  2. 配置
  3. 予算と掲載期間

オーディエンスでは、年齢や趣味などの細かいターゲット設定を行うことができます。

その後、ターゲットの設定のほか、配置、予算、掲載期間等の設定画面に移動するので、それぞれの設定をしていきましょう。

配置の設定ですが、デフォルトの設定は、広告がInstagramのみならずFacebookページにも掲載されるようになっている点に注意する必要があります。

Instagramにのみ広告を掲載したい場合、「配置を編集」を選択し、Instagram以外の項目を全て削除してください。

双方に配信したい場合には、初期設定のままでかまいません。

手順4. 広告の設定・公開

最後に、広告で表示する画像や動画のクリエイティブやリンク先、表示される文字の設定などを行い、肝心の広告の作成を行います。

これらを終了し、「注文を確定する」ボタンをクリックすれば、インスタ広告の出稿は完了となります。

設定は後からでも変更できるため、分析ツールなどを用いながら、より精度の高い設定に改善していくことも可能です。

5. インスタ広告を利用するときの5つの注意点

ここまでは、インスタ広告の特徴や、実際に広告を出稿するまでの手順についてみてきました。

インスタ広告は、従来の広告媒体よりも低価格で、高い成果を期待できる魅力があります。

そこで、より効果の高い広告を提示するために、実際にインスタ広告を利用する際に気をつけたい5つの注意点についてご説明します。

注意点1. Facebook広告ポリシー

1つめの注意点は、Facebookの広告ポリシーに準拠することです。

インスタ広告を出稿する場合には、Facebookの広告ポリシーに基づく審査が行われます。

審査プロセスでは、広告の画像やテキストなどの広告欄のほか、ランディングページのコンテンツのチェックも行われ、通常24時間以内に完了します。

広告ポリシーに反する場合、広告は承認されずに掲載されないので注意しましょう。

主に禁止されているコンテンツには、以下のようなものがあります。

  • 差別的な行為
  • 危険な栄養補助食品
  • 成人向け商品やサービス
  • 扇情的なコンテンツ
  • 誤解を招くコンテンツや虚偽のコンテンツ

その他さまざまな禁止事項がありますので、事前にFacebookの広告ポリシーをご覧ください。

注意点2. Instagram独自の品質ガイドライン

2つめの注意点は、Instagramの品質ガイドラインにも準拠することです。

インスタ広告は、上記したFacebook広告ポリシーのほか、Instagram独自の品質ガイドラインをパスする必要があります。

特に以下の特徴がある場合には承認されないことがあるため、注意しましよう。

  • 低解像度やピンボケなど、低品質の画像
  • 文章の文法や過剰な記号の使用など、低品質のテキスト
  • 画像とテキストが合っていない、ブランドと関係のないランディングページが設定されているなど、関連性のない広告

Facebookポリシーをクリアした場合であっても、このInstagram品質ガイドラインに反してしまうと広告が不掲載となってしまうため、こちらにも十分注意してください。

注意点3. テキスト要素の

3つめの注意点は、広告におけるテキスト要素の多さです。

インスタ広告では、Instagramの特性を保持するため、投稿した広告全体に占めるテキスト要素が20%以下である必要があります。

広告の掲載にあたっては、キャッチコピーや宣伝文などのテキスト要素が必要であるため、20%以内に収めることが困難である場合もあります。

しかしインスタ広告では、広告の配信量はテキストの量によって変動することになっています。

テキスト要素が多い広告配信が少なくなる、またはゼロになってしまうなど、リーチできる数が制限されてしまうため、このルールは必ず遵守するようにしましょう。

テキスト要素が20%の要件を満たすかどうかは、Facebookの提供している「テキストオーバーレイツール」を利用することによって確認することができます。

広告を出稿する前には必ずツールを用いて確認するようにしましょう。

注意点4. 「インスタ映え」の意識

4つめの注意点は、「インスタ映え」を意識して広告を作成することです。

インスタ広告においては、画像や動画のクリエイティビティさが最も重要です。

どれほど広告費を費やしたとしても、魅力のない広告はユーザーにあっという間に流されてしまい、むしろブランドの低下を招いてしまう恐れがあるからです。

また、Instagramのユーザーは主にスマートフォンやタブレットからアクセスしており、広告サイズやサイト構築もその前提に立っています。

そこで、インスタ広告の作成にあたっては、従来別のプラットフォームで用いてきた画像や動画を流用するのではなく、Instagram専用に作成したコンテンツを用いましょう。

動画である場合には、最初の数秒でインプレッションを与えられるようにしたり、音量がオフの場合であっても内容が伝わる構成にするなど、最適化が必要です。

これらを踏まえ、商材のターゲットを明確に意識し、最新のトレンドを分析した上で、魅力的なコンテンツを作成するように注意してください。

注意点5. 物質的価値ではなく、経験的価値の提供

5つめの注意点は、経験的価値を訴求する広告を作成することです。

Instagramの中心的ユーザーである若年層は、2000年代に入ってから成人を迎えた、いわゆるミレニアル世代が中心です。

この世代は、高価なブランド品を購入・所有するという「物(モノ)への消費」よりも、イベントや体験などの「経験(コト)への消費」を重視することに特徴があります。

Instagramがもともと画像や動画によるコミュニケーションを目的としたSNSであることを考えると、特にこの傾向が顕著であるといえます。

インスタ広告を作成する際には、その商材自体にどのような魅力があるのかを宣伝するだけではなく、その商材を通じてどのような経験的価値を提供できるかを訴求しましょう。

「インスタ映え」を注意しつつ、直感的かつ感情的にターゲットに響くような広告を作成できるかどうかが、インスタ広告の成否にかかっているといえるでしょう。

まとめ

今回は、インスタ広告を作成するための基礎知識から、実際に出稿するまでの手順、広告作成の際のポイントについてご紹介しました。

インスタ広告は、従来の広告フォーマットとは違ったアプローチで取り組む必要があるため、最初は戸惑うことも多いと思います。

しかし、Instagramユーザーは増加し続けており、スマートフォンシェアの増加に伴って他の世代にも波及していくことが想定されるため、広告の重要性も増していくでしょう。

インスタ広告は低コストで始めることができ、予算やターゲットに合わせた広告を出稿することができますから、この記事をきっかけに、ぜひチャレンジしてみてください!

1年で利益2,000万円を生む「ひとりネット広告代理店のはじめ方」書籍をプレゼント

ひとりネット広告代理店のはじめ方では、広告代理店で稼ぐためのビジネスモデルや市場動向などをまとめています。

総ページ数70ページのひとりネット広告代理店のはじめ方を今だけ無料でプレゼント中。メールアドレス登録後、1分以内にお届けします。

書籍の詳細はこちらをクリックしてください

関連記事

  1. インスタ広告で収入を得る方法とは?収入を得る4つの方法とポイント

  2. Webサイト制作は外注すべき?外部委託の4つのメリットと注意点

  3. 初心者必見!イベントで集客するための3つのコツと役立つツール3選

  4. Facebook広告マネージャとは?3つのメリットと運用の6ステップ

  5. スマホ1つで集客ができる?おすすめ7つの集客アプリを徹底紹介!

  6. Webサイトの作成方法はどうするべき?4種の作成方法と選定ポイント