金融業界に強い広告代理店おすすめ7社完全比較!規制・ガイドライン対策も任せて安心
こんな悩みありませんか?

「ネットに広告を出したいけど、金融系商品は難しい?」
「規制や法律に引っかかったりしないか心配」
「金融商品の広告って、どこに相談したらいいの?」

金融商品を取り扱う会社が積極的な広告で自社商品をPRしたいとき、「金融商品取引法」などの法律ガイドラインの関係もあり、広告を出すことは難しいと感じる事も多いかもしれません。

ですが、「金融商品だから広告は出せない」とあきらめる必要はありません。

実は広告代理店の中にも、金融商品の扱いに慣れている会社があって、金融に特化した広告代理店を選べば、安心して広告を掲載することができます。

デジタルマーケティングを支援するデジマチェーンが全国の金融業界に強いオススメ広告代理店7社をまとめました。

どの会社も金融関係で評判の良い会社ばかりですので、自社の要望にマッチしそうな会社を見つけて、早速問い合わせをしてみましょう。

1.金融商品に強い広告代理店おすすめ7社

デジマチェーンがおすすめする、金融商品に強い広告代理店は以下です。

会社名 一言紹介 費用感
株式会社アドライフ 雑誌・交通広告などオフラインにも強い 詳細はお問い合わせください
株式会社ぱむ 投資初心者向けのPRが得意 詳細はお問い合わせください
株式会社金財エージエンシー 金融系専門雑誌の広告掲載に強い 詳細はお問い合わせください
株式会社博士.com 不動産オーナーへのアプローチが得意 詳細はお問い合わせください
株式会社リンクル 金融関係のリスティング広告に強い 詳細はお問い合わせください
宣研ロジエ株式会社 ネット広告導入のサポートが得意 Web広告3ヶ月トライアル
最低出稿金額 1ヶ月あたり30万円~×3ヶ月分(税別・手数料20%別・1商品)
株式会社マーケティングワン ソーシャルプロモーションにも対応 詳細はお問い合わせください

【アドライフ】金融関連のオフライン広告で豊富な実績

株式会社アドライフは、オンライン広告に加えて、雑誌広告や交通広告などの、オフライン広告も得意とする会社です。

最近では、ネットを利用した広告戦略が注目されがちですが、中にはインターネットをあまり利用しない人や、情報収集は雑誌などで行っているという人もいます。

特に、高齢者層にアプローチしたい場合には、オフライン広告を検討することも大切でしょう。

アドライフは、証券ジャパンの交通広告や、マネックスFXの雑誌広告、eワラント証券の電車窓上広告などの取り扱い実績を豊富に持っています。

オフライン広告について相談できる会社を探している方におすすめです。

#1.費用感

詳細はお問い合わせください

#2.アドライフはこんな方におすすめ

  • 雑誌広告や交通広告を検討している方
  • 金融系雑誌に広告を出したい方
  • オフラインでの広告掲載やPRをしたい方

一覧に戻る

【ぱむ】投資初心者向けのPR実績が豊富

株式会社ぱむは、銀行・保険・証券・投資信託といった、金融機関のPRに特化した会社です。

投資などの初心者に向けたPR実績が多いため、これから新しい顧客を増やしていきたい方におすすめです。

特に、ターゲットの年齢層や背景、どんな生活をしていてどんな悩みを抱えているのか、といったペルソナ(ユーザー像)を作り上げてから具体的な施策に移ることを重視しています。

大手会社からの依頼実績も多く、一般社団法人投資信託協会の投資初心者向け動画や、SBI損害保険株式会社のがん保険販売促進動画などを制作した実績も信頼の証といえるでしょう。

#1.費用感

詳細はお問い合わせください

#2.ぱむはこんな方におすすめ

  • 外部に広告を出したい金融機関の方
  • 新しい顧客層を開拓したい方
  • 投資などになじみのない人向けにPRしたい方

一覧に戻る

【金財エージエンシー】金融系専門雑誌の広告掲載に強み

株式会社金財エージエンシーは、「週刊金融財政事情」などの、金融系専門雑誌の広告に強い会社です。

会社設立は1981年(昭和56年)、一般社団法人金融財政事情研究会や株式会社きんざいの関連会社として設立されました。

株式会社きんざいでは様々な金融専門雑誌を発行しているため、金財エージエンシーを通して各雑誌の広告掲載を依頼することが可能です。

金財エージエンシーや関連グループ全体では60年以上金融業界や財界に関わってきており、経験豊富な広告代理店を探している方におすすめしたい会社です。

#1.費用感

詳細はお問い合わせください

#2.金財エージエンシーはこんな方におすすめ

  • 金融系専門雑誌に広告を出したい方
  • 金融業界での実績豊富な代理店を探している方
  • 財務などの分野にも強い会社を探している方

一覧に戻る

【博士.com】不動産オーナー向けの広告に強い

株式会社博士.comは、不動産所有者向けの広告に強い会社です。

博士.comが運営する「お悩み大家さん」などの不動産系ポータルサイトや、総合不動産情報誌「大家倶楽部」への広告掲載を依頼することができます。

「大家倶楽部」の購読者のうち、80%は家主・投資家であり、60%以上が年収700万円以上となっているため、金融商品のアピールも行いやすいでしょう。

博士.comは大手企業からの依頼実績も豊富で、金融系では、東京スター銀行、住信SBIネット銀行、岡三オンライン証券といった会社のプロモーションも担当しています。

#1.費用感

詳細はお問い合わせください

#2.博士.comはこんな方におすすめ

  • 不動産オーナーを対象にしたプロモーションを行いたい方
  • 金融だけでなく不動産にも強い広告代理店を探している方
  • 雑誌やポータルサイトへの広告掲載を検討している方

一覧に戻る

【リンクル】金融関係のリスティング広告に強い

株式会社リンクルは、金融関係のリスティング広告を始め各種インターネット広告に強い会社です。

FXのリスティング広告でCVR(転換率)が0.73%から1.32%へアップ、オンライン証券のリスティング広告ではCVRが0.62%から1.60%に大幅アップと、大きな成果を上げています。

Google 広告(旧称はGoogle AdWords)やYahoo!広告(旧称 Yahoo!プロモーション広告)の認定代理店であり、特にGoogle 広告検索広告部門では、国内に約7000社あるリスティング広告代理店の中から、3期連続でトップ10に選ばれています。

業種別に専門の運用チームを設け、それぞれの業界に専門的な知識を持つ担当者が広告運用を行っているので的確な提案も期待できるでしょう。

費用対効果の高い広告を求めている方には特におすすめの会社です。

#1.費用感

詳細はお問い合わせください

#2.リンクルはこんな方におすすめ

  • リスティング広告を利用してみたい方
  • 経験豊富なネット広告の代理店を探している方<
  • ネット広告をより効率よく運用したい方

一覧に戻る

【宣研ロジエ】金融機関のネット広告導入をサポート

宣研ロジエ株式会社は、金融機関のトータルマーケティングに特化しており、特にネット広告導入を考えている方におすすめの会社です。

ニューノーマルで非対面施策の重要性が高まる中、初めてWeb広告を利用する金融機関のための「Web広告3ヶ月トライアル」というプランも用意されています。

「インターネットを利用したマーケティングや集客を行いたいがうまくいくのか不安」という方は、一度相談してみると良いでしょう。

会社設立は昭和39年で、50年以上に渡りノベルティ・販促用商品の製造販売から金融機関のマーケティングに至るまで幅広く進展を続けている会社です。

#1.費用感

  • Web広告3ヶ月トライアル
    最低出稿金額 1ヶ月あたり30万円~×3ヶ月分(税別・手数料20%別・1商品)
  • BtoC集客のためのWeb広告・SNS広告提案
    予算は30万円~(税別・手数料別)

#2.宣研ロジエはこんな方におすすめ

  • 初めてネット広告を利用する予定の方
  • インターネットを利用した集客に力を入れたい方
  • 金融機関の広告出稿について相談できる会社を探している方

一覧に戻る

【マーケティングワン】SNSでのプロモーションも得意な金融専門広告代理店

株式会社マーケティングワンは金融案件を専門に扱う広告代理店で、SNSを利用したソーシャルプロモーションにも対応しています。

TwitterFacebookInstagramといった今人気のSNSを利用したプロモーションを行うことができるため、特に若年層にアプローチしたい方におすすめです。

マーケティングワンでは他にも、DSP広告金融系Webメディアとのタイアップなど、インターネットを利用した様々なプロモーションに対応しています。

「ネットで広告を出してみたい」と考えている方は、一度相談してみることをおすすめします。

#1.費用感

詳細はお問い合わせください

#2.マーケティングワンはこんな方におすすめ

  • ネット広告を効果的に利用したい方
  • SNSを利用したソーシャルプロモーションを検討している方
  • DSPなどの新しいタイプのネット広告に興味がある方

一覧に戻る

2.金融業界に強い広告代理店の特徴と選び方

今回の記事では、全国各地にある金融業界に強い広告代理店をご紹介してきました。

金融業界に強い広告代理店には、他の代理店にはない、2つの大きな特徴があります。

まず1つ目は、金融や投資、資産運用といった専門分野に詳しい担当者が在籍し、広告運用を行っています。

2つ目は、金融やビジネス関係のメディアとのつながりが強く、実際に金融商品の広告を手がけた実績が多いという点です。

多彩な特徴を持つ各社の中から、自社に合いそうな業者を見つけて、早速問い合わせや比較、相見積もりを取ることをおすすめします。

Google広告運用ガイド