クラウドソーシングサービスとは?初心者におすすめの6サイトを紹介!

「クラウドソーシングサービスってどんなサービス?」
「副業をサポートしてくれるって本当?」

このように、クラウドソーシングサービスについて知りたいという方は多いでしょう。

実は、このサービスは副業をより良いものにするためのサポートを行ってくれるため、副業を始める際にはぜひ活用してほしいサービスとなっています。

今回はクラウドソーシングサービスとはそもそも何か、そしておすすめの代表的なクラウドソーシングサービスサイトを紹介します。

この記事を読んでクラウドソーシングサービスについて理解を深め、副業でも収入を得られるようになりましょう。

1.クラウドソーシングサービスとは?

クラウドソーシングサービスとは、仕事を発注したい企業などがインターネットを通して不特定多数の人々に仕事を依頼する「クラウドソーシング」をより簡単に行えるよう、発注側と受注側が出会う場を提供するサービスのことです。

クラウドソーシングという新たな働き方が日本でも広まっていることで、クラウドソーシングサービスを提供する企業も増えてきました。

こういったサイトを活用することで、個人でも仕事を受注し、収入を得ることができるので、副業やフリーランスとして働く人々から大きな支持を得ています。

クラウドソーシングで受注できる仕事内容は幅広く、ライティング業務や、翻訳、プログラミングやデザインなど、特殊なスキルを活かしてできる仕事が多く発注されているのが特徴です。

合致するニーズを持った両者を引き合わせるクラウドソーシングサービスの需要は、インターネットの進化、そして働き方の変容が進む間は常に増えていくでしょう。

(1)クラウドソーシングサービスサイトには2種類存在する

クラウドソーシングサービスサイトには大きく分けて2種類存在します。

1つは「統合型クラウドソーシングサービス」です。

こちらは名前の通り、発注されている仕事のジャンル内容が幅広く、多くの人たちが自分に合った案件を見つけられるサイトとなっています。

もう1つは「ジャンル特化型クラウドソーシングサービス」です。

こちらも名前の通り、発注される案件が特定のジャンルに絞られています。

よりスキルを活かし、自分の希望に沿った案件を見つけたい場合は、ジャンル特化型のクラウドソーシングサービスも併用すると良いでしょう。

以下の記事では、クラウドソーシングについてより詳しく紹介しています。

クラウドソーシングとは?受注できる仕事の形式とメリットを3つ紹介

2.初心者におすすめな6つのクラウドソーシングサービスサイト

初心者におすすめな6つのクラウドソーシングサービスサイトを紹介します。

クラウドソーシングや副業初心者におすすめしたいクラウドソーシングサイトを6つ紹介するので、スタートの際にはぜひ参考にしてください。

  1. クラウドソーシングサイトの代表格!ランサーズ
  2. クライアントの質の高さなら!クラウドワークス
  3. 自分のスキルを売れる!ココナラ
  4. 自信がなくても安心!クラウド
  5. 求めている仕事とマッチング!スキルクラウド
  6. スキルがなくても!Shinobiライティング

順に紹介します。

(1)クラウドソーシングサイトの代表格!ランサーズ

代表的な1つ目のクラウドソーシングサービスサイトは、ランサーズです。

ランサーズ株式会社が運営するランサーズは日本で最初にできたクラウドソーシングサービスサイトで、多くのフリーランスや様々な企業から絶大な支持を得ています。

利用満足度が一番高いクラウドソーシングサービスサイトで、これまでの依頼で動いたお金は2000億円を超えるほどの実績を残しているのです。

「働き方の変革」を実現したいと謳っており、実際に利用することで新たな働き方、新たな生き方を見つけることができるサービスを提供しています。

ランサーズのおすすめポイントは複数ありますが、何よりも発注されている案件数が非常に多いことが一番のポイントと言えるでしょう。

常に新たな案件が追加されるほど更新率が高いため、仕事を受注する「ランサー」が案件とマッチングできる確率もとても高くなっています。

また、登録されるジャンルも様々なので、自分に合った案件を見つけられる可能性も高いでしょう。

他にも管理画面が使いやすく現在の受注案件を管理しやすかったり、過去の受注履歴から自分に合った案件を推奨してくれる機能などもあります。

クラウドソーシングサービスを使いたいと思ったら、まずはランサーズに登録しておくことが必須と言えるほど優秀なクラウドソーシングサービスサイトです。

(2)クライアントの質の高さなら!クラウドワークス

代表的な2つ目のクラウドソーシングサービスサイトは、クラウドワークスです。

クラウドワークスは、ランサーズに引けを取らない人気を誇るクラウドソーシングサービスサイトです。

東証マザーズに上場している「株式会社クラウドワークス」が運営しており、こちらも利用していて安心感を感じるサービスと言えるでしょう。

専門スタッフのサポートも受けられるため、クラウドソーシングに慣れていない方でもサイトの使い方を一から学ぶことも可能です。

また、クラウドワークスには質の高いクライアントが多いのもポイントとして挙げることができます。

他のクラウドソーシングサービスサイトにも質の高いクライアントは多く存在しますが、クラウドワークスは特にクライアントの質が高く、初心者でも仕事がしやすい環境です。

東証マザーズに上場していることもあり、タイミングが合えば大手企業や官公庁などが発注した案件を受けることもできます。

そのため、クラウドソーシングを活用して仕事を行うクラウドワーカー」としてステップアップできるサービスサイトとも言えるでしょう。

(3)自分のスキルを売れる!ココナラ

代表的な3つ目のクラウドソーシングサービスサイトは、ココナラです。

ココナラは、仕事を受注するだけでなく、自分が持っているスキルや知識を売ることもできるクラウドソーシングサービスサイトです。

他のサイトでは、発注されている案件に対して提案を行い、雇用してもらう形ですが、ココナラは自らどのような案件をこなせるかアピールできるため、より自分の求めている仕事にたどり着きやすいという特徴を持っています。

売れるスキルのジャンルも幅広く、ライティング業やデザイン、写真撮影といった基本的な案件から、占い師やカウンセラーといった業種まで幅広く対応しているのもおすすめのポイントです。

スキルの販売額は500円から50000円の間なので、本業の合間に行う副業として行える仕事としてちょうどよい価格設定にもなっています。

他のクラウドソーシングサービスサイトでも一回の報酬額が5万円を超える案件というのは少ないので、ココナラでも十分な収益を得られる可能性は多いにあるでしょう。

(4)自信がなくても安心!クラウド

代表的な4つ目のクラウドソーシングサービスサイトは、クラウドです。

クラウドは有名ポイントサイトの「げん玉」の姉妹サイトで、お小遣い稼ぎに適したクラウドソーシングサービスサイトです。

案件はデータ入力やライティングなどが中心で、空いた時間を有効活用して収入を得られるようになっています。

男性よりも女性に多く利用されているのも特徴で、上記のクラウドソーシングサービスサイトと比べると気軽に案件を受けることができるでしょう。

クラウドソーシング初心者でも、簡単に利用することができるので、とりあえず本業以外の収入も得てみたいという方はクラウドを利用して仕事を進めてみることをおすすめします。

(5)求めている仕事とマッチング!スキルクラウド

代表的な5つ目のクラウドソーシングサービスサイトは、スキルクラウドです。

数あるクラウドソーシングサービスサイトの中でも比較的新しく、2018年からサービスを開始したサイトです。

こちらのサイトも上記のクラウドのように自分のスキルや知識に値段を設定して売ることができるため、自分がやりたい仕事にマッチしやすい確率が高くなっています。

ジャンルも幅広く、ユニークな案件も随所に見られるので、楽しく仕事を行いながら収入を得ることができるでしょう。

また、スキルクラウドは新たに参入したクラウドソーシングサービスサイトということもあり、競合が少ない状態にあります。

クラウドソーシングが注目されているとはいえ、ランサーズやクラウドワークスではすぐに募集が終了してしまう良案件が隠れていることもあり得るので、まめに案件の確認を行うと良いでしょう。

(6)スキルがなくても!Shinobiライティング

代表的な6つ目のクラウドソーシングサービスサイトは、Shinobiライティングです。

このサイトは、案件がライティングに限られているため、他のクラウドソーシングサービスのように様々な案件を探すことはできません。

しかし、クラウドソーシングサービスで副業を始めたいと思っている方の中には、スキルがなく自分にできる仕事はないだろうと感じている方もいらっしゃいます。

そんな方におすすめなのがライティング業で、特殊なスキルがなくても始めることができ、実際に収入を得ることが可能です。

文章を書くルールを覚えることができれば、ブログ運営などを行ってアフィリエイト業などにも役立てることができますし、副業を続けていくのであれば、習得しておいて損はしないスキルと言えます。

Shinobiライティングでは口コミや体験談の募集などもされているので、まずは実際の体験を元に書けるような案件に応募し、文章を書くことに慣れていくと良いでしょう。

獲得した収益を銀行に振り込む際の手数料がタダなのもありがたい制度です。

3.クラウドソーシングサービスを始めるときの3つの注意点

クラウドソーシングサービスを始めるときの注意点を3つ紹介します。

トラブルを避けるためにも、案件に応募する時は以下の3点を注意しましょう。

  1. クライアントが悪質ではないか確認する
  2. 副業禁止であれば始めない
  3. スケジュール管理には気を付ける

順に紹介します。

(1)クライアントが悪質ではないか確認する

クラウドソーシングサービスを始めるときの1つ目の注意点は、クライアントが悪質ではないか確認することです。

クラウドソーシングサービスサイトで仕事を発注しているクライアントの中には残念ながら悪質な業者も存在します。

異常に安い報酬で案件を募集したり、個人情報を抜き取ろうとしている業者もいるため、注意して案件を探さなければなりません。

自分に合った案件を見つけた際は、まずクライアントのページを表示して、過去に受注者からどのような評価を受けているか、本人確認は済んでいるかなど、複数の点に注視し、安全なクライアントか確認するようにしてください。

トラブルを避けるためにも、悪質な業者を見抜く力を養っていきましょう。

(2)副業禁止であれば始めない

クラウドソーシングサービスを始めるときの2つ目の注意点は、副業禁止であれば始めないことです。

副業が推進され始めたとはいえ、まだまだ副業が禁止されている企業も多くあります。

副業としてクラウドソーシングサービスサイトを利用する際は、現在勤めている会社の就業規則に則るようにしましょう。

場合によっては会社による罰則を受けることもあり得ますし、公務員などは副業禁止が法律で決まっているので注意してください。

(3)スケジュール管理には気を付ける

クラウドソーシングサービスを始めるときの3つ目の注意点は、スケジュール管理には気を付けることです。

クラウドソーシングを使って受注した仕事は自分の好きなタイミングで作業できるというメリットを持っていますが、その反面余裕を持ちすぎると締め切りなどを過ぎてしまう可能性があります。

良くも悪くも一人で仕事を行うので、案件に応募する際は日程を逆算し、期日通りに納品できるスケジュール管理を行うようにしましょう。

以下の記事では在宅勤務のメリットやデメリットについて紹介しています。

在宅勤務のメリット・デメリットとは?成功させるための3つの注意点

まとめ

今回は、クラウドソーシングサービスについて紹介しました。

副業を行うには欠かせない存在であるクラウドソーシングサービスを利用することで、普段であれば繋がることにできない相手と一緒に仕事をすることができます。

複数の案件の中から自分に合った仕事を見つけ、ぜひ自由な働き方の実現を目指してみてください。

まずは、クラウドソーシングで行う仕事がどのようなものか一度体験してみることをおすすめします。

Google広告運用ガイド