効率重視のマーケティングへ!マルケト3つの魅力と導入方法

「ビジネスを円滑に前進させるために、優れた評価の高いマーケティングツールを取り入れたい」

このような人はいませんか?

実際に、マーケティングは会社の損益に直結する重要な役割を担うため、数あるツールの中から慎重に選ぶことが大切です。

今回は、マーケティングオートメーションツールのMaketo(マルケト)について、メリットや契約方法、実際のマルケト導入事例まで徹底解説します。

現在大企業をはじめ多くの会社から選ばれるマルケトを取り入れて、効率良く的を得たマーケティングを目指しましょう。

1.  Marketo(マルケト)とは

マルケトとは、ビジネスにおいてマーケティング効率をアップするためのプラットフォームを提供する会社です。

リサーチや分析に時間がかかるマーケティングの負担を減らしたいと考える企業は多く、世界36ヶ国6000社以上で採用されるマルケト。

MAツールとしてビジネス業界で知名度の高いマルケトですが、数多くの企業で導入されるのには理由があります。

さらにここでは、マーケティングオートメーション(MA)ツールのマルケトの基礎知識やおすすめアプリ、4ステップの導入方法を紹介。

  1. MAとは?
  2. マルケトで利用できるアプリケーション4選
  3. マルケト導入の4つのステップ

まずはマルケトの魅力や基本情報を元に、マルケトが会社のビジネスプランに適したマーケティングオートメーションツールかどうか検討しましょう。

(1)MA(マーケティングオートメーション)とは


MAとは、マーケティングオートメーションの略で、マーケティングの自動化を意味します。

本来マーケティングでは、顧客の抱える問題や意見を集めてデータ化して分析し、最適なアプローチ方法を考察しなければなりません。

さらに、アプローチ後の成果を分析しマーケティングが機能しているか調べたり、商品やサービスが変わるごとに違ったリサーチをすると莫大な時間がかかってしまいます。

しかし、MAでは一度設定するだけで、自動で最適なアプローチ方法を選出してくれるだけでなく、成果をデータで知ることが可能です。

例えば、顧客の商品購入歴や時期を元に、再購入してもらうためにベストなメールの内容やタイミング知ることもできますよ。

MAツールは、マーケティングを自動化することで、顧客のデータ収集や分析にかかってしまう手間や時間を短縮できるのでおすすめですよ。

(2)マルケトで運用できるアプリケーション4選


MAツールのマルケトは、幅広いビジネスプランに適したマーケティングをサポートしてくれるツールです。

ここでは、マルケトが提供する4つのおすすめアプリケーションを紹介します。

  1. 顧客データから自動メールを作成する機能
  2. 利用者に適切な情報を通知するモバイル機能
  3. SNS利用し効率よく宣伝するソーシャル機能
  4. 顧客の求める情報を探るWEBサイト機能

商品やサービスに応じて、アプローチ方法が異なるので適切なアプリケーションを選びましょう!

#1:顧客データから自動メールを作成する機能

1つ目に紹介するマルケトのアプリケーションは、需要やニーズに合わせた自動メールを作成する機能です。

ビジネスにおいて顧客の購入履歴等から、必要とされる情報を適した日時にメールで送信しなければなりません。

マルケトのメールアプリケーションでは、ワープロソフトを使用し、多様な画面サイズに合った見やすいメールを作成することができます。

さらに、顧客情報を分析し、的確にニーズの高いメールを自動送信することで、マーケティングの成果をアップさせましょう。

#2:利用者に適切な情報を通知するモバイル機能

2つ目に紹介するマルケトのアプリケーションは、モバイルの通知機能を利用したモバイル機能です。

マルケトのモバイル機能では、利用者のローケーションに基づき、適切な内容と時間でプッシュ通知を表示することができます。

プッシュ通知機能を使うことで、ユーザの興味を引くことができるので、キャンペーンと同時にアプローチすることも可能。

何人がどの通知へ興味を示したかデータ分析をし、効果的なマーケティングプランを練りましょう!

#3:SNS利用し効率よく宣伝するソーシャル機能

3つ目に紹介するマルケトのアプリケーションは、SNSを駆使したソーシャル機能です。

ビジネスでは、効果的なソーシャルメディアやターゲット、宣伝方法が異なるので、随時リサーチしなけれなりません。

そこでマルケトのソーシャル機能では、顧客に合ったソーシャルメディアを探り、効率の良い方法でアイテムやサービスをシェアして広めることが可能です。

マルケトを活用し、最も効果が得られたメディアを知ることで、より効率よくニーズに合った広告活動ができますよ!

#4: 顧客の求める情報を探るWEBサイト機能

4つ目に紹介するマルケトのアプリケーションは、WEBサイト訪問者と信頼関係を築くWEB機能です。

WEBサイトの訪問者が、ページで何をチェックしたかクリック率を探ることで、必要とされる表示されるべき情報がわかります。

マルケトのWEB機能を使えば、顧客がWEBサイトをチェックした際、個人のニーズに合ったアプローチをすることが可能。

例えば、訪問者の化粧品の購入履歴を元に、相性の良い他の商品を宣伝したり、使い切る時期を予測して再購入を促すことができますよ。

顧客の情報や好みを分析し、適した情報やキャンペーンを発信する事で、貴重なWEB訪問者を逃さないようにしましょう!

(3)マルケト導入の4つのステップ


マルケトを導入するにあたり、どのように契約を進めれば良いのか具体的な契約方法が気になりますよね。

まず、マルケトとパートナーになりサービスを利用するためには、4つのステップがあります。

ここでは、4つに分かれたマルケト導入のステップを順を追って徹底解説。

  1. ステップ1 マルケトを知ろう
  2. ステップ2 ビジネスプランをシェア
  3. ステップ3 マルケトの資格MCEを取る
  4. ステップ4 契約とプログラム使用開始

世界で利用されるマルケトの豊富なサービスを利用するために、必要事項や登録方法をマスターしましょう。

ステップ1:説明会に参加しよう

まず、マルケトやサービスの詳細を知るために、定期的に開催されているマルケトの説明会に参加しましょう。

説明会は事前予約が必要ですが、東京や大阪の主要都市に加え、WEBから参加することも可能です。

ホームページから資料をダウンロードすることができるので、基本情報はセミナー前にチェックして予習しておくことをおすすめします。

また、こちらの記事でマルケトをについて詳しい概要をチェックしてくださいね。

ステップ2: ビジネスに合ったマルケトの機能を選ぶ

マルケトの基本知識を得たら、理想のビジネスやマーケティングプランを共有して、利用するマルケトの機能を選びましょう。

マーケティングでは、商品やサービスごとに顧客やターゲットの年齢が異なるため、細かく調整しながら適したプランを練らなければなりません。

そこで、マルケトとビジネスプランをシェアし、数あるアプリケーションの中から、どの機能を組み合わせるべきか最適な導入方法を探ることが大切です。

さらに、実際にマルケトを使用してどのような効果を得たいと考えているのか、事前にプランニングしましょう。

ステップ3:マルケトの資格MCEを取る

マルケトを利用するためには、Marketo Certified Expert (MCE)を取得しなければなりません。

MCEでは、MAの知識などマルケトを運営するために必要な基礎知識を問われる、所要時間90分のテストです。

マルケトのMCE試験に合格すると、バッジや公式認証を取得することができますよ。

MA(マーケティングオートメーション)について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

マーケティング オートメーション(MA)とは?おすすめツール3選

2019.09.29

ステップ4:契約とプログラム使用開始

MCEを取得しMAツールの基礎知識を身につけたら、正式に契約しプログラムを使用しましょう。

契約までの過程で、しっかりとマーケティングオートメーションやマルケトの仕組みを理解することで、正しく使いこなすことができますよ。

顧客のニーズを探ることは時間やスキルを要するので、出来るだけ早く良いツールを導入することがポイントです。

2. マルケト利用の3つのメリット


機能面だけでなく、マルケトが具体的にビジネスへどのような変化をもたらすのか、気になりますよね。

実際、ツールの効果やメリットを知ることで、会社のビジネスプランに適したアイテムか見極めることが可能です。

ここでは、マルケトを利用する前に知っておきたいメリットを3つ紹介します。

  1. マーケティング効率UPすることができる
  2. マーケティングの理解が深まる
  3. データで成果を知ることができる

マルケトを利用し、無駄のない的確なマーケティングでビジネスゴールへ導く結果を残しましょう!

(1)マーケティング効率UPすることができる


1つ目のメリットは、マルケトを導入することでビジネスにおけるマーケティング成果を効率良く上げることができることです。

まず、マーケティングで重要な広告面において、ベストな内容や時間を探るためには、顧客のデータをできるだけ多く集めなければなりません。

また、顧客の抱える問題を把握したり、情報取集するには時間がかり、集めたデータを的確に分析する技術も求められます。

マルケトを利用すると、ビジネスに合った自動メールやSNS利用方法を短い時間で見つけることが可能ですよ。

(2)マーケティングの理解が深まる


2つ目のメリットは、マルケトを利用しながら具体的なMAスキルやマーケティングプランへ理解を深めることができることです。

マルケトのパートナーになるためには、MAツール運用の基礎知識が問われる認定試験を受けなければなりません。

マルケトを使いこなすためには、マーケティングやMAの知識を身に付けることが大切なので、自然と知識が増えますよ。

(3)データで成果を知ることができる


3つ目のメリットは、マルケトを利用することで、具体的なデータとして結果を分析することができることです。

マーケティング戦略を練るためにも、顧客のニーズ分析が必要ですが、実際にどの程度の利益を生じたのか調べたいですよね。

例えばマルケトでは、宣伝したソーシャルメディアで顧客がどの位興味を抱いたか調べることが可能です。

さらに、サービスや商品に応じて顧客層も異なるため、広告すべきメディアを知ることが大切。

最も効果的なマーケティングを試し、ビジネスチャンスを逃さないようにしましょう。

3.  マルケト導入事例2選


地名度が高いだけでなく、安全に利用可能で評価の高いMAツールを利用したいですよね。

現在、マルケトを導入する会社は、世界に6000社以上存在します。

ここでは、マルケトを導入した2社の事例を具体的なプロセスと合わせて徹底紹介。

  1. LINE Pay株式会社
  2. 株式会社日立製作所

実際にマルケトが採用されたプロセスを分析し、ツールの魅力や影響力を知りましょう!

(1)LINE Pay株式会社


LINE Pay公式ページより引用

1つ目に紹介するのは、LINEアプリを利用したキャッシュレス決済を提供するLINE Pay株式会社の導入例です。

LINE Pay株式会社では、モバイル決済の加盟店を増やすためのマーケティングを目的として、マルケトが導入されました。

実際に、日々の業務に追われる取引先では、個々の状況をしっかり把握しメリットを伝えることが要求されます。

マルケトを利用し、資料請求の仕組み作りや顧客情報を分析した電話対応により、問題視されていた複雑な申し込み方法の課題をクリア。

結果的に、サービスの質が向上し業務効率が高まったことで、前年同期比約140%を達成しました。

(2)株式会社日立製作所


日立製作所公式ページより引用

2つ目に紹介するのは、電化製品をはじめ社会イノベーション事業に注力する株式会社日立製作所の導入例です。

株式会社日立製作所では、顧客の抱える問題を的確に解決するシステム作りを目的として、マルケトが導入されました。

導入前までは、メールでの問い合わせとWEBからのアクセス情報が連携されていなかっため、顧客の持つ疑問や問題を把握することが困難でした。

マルケトを利用し半年間、WEBサイト訪問者から必要とする情報やメールの反応を元に顧客のニーズを徹底分析。

そして、得た顧客情報やニーズに合わせたWEBサイトを構築することで、課題を解決し需要のある情報を提供することが可能になりました。

まとめ

マーケティングオートメーションツールのマルケトは、ビジネスにおける情報収取や分析時間を短縮し、効率をUPしてくれるツールです。

マルケトを利用し、顧客情報をしっかりデータとして収集し分析することで、必要な情報を必要とする顧客へ無駄なく提供することができます。

また、マルケトホームページでは細かくサービスの詳細が解説されているので、事前にリサーチし説明会を予約しましょう。

営業やマーケティングでは、顧客のニーズに合わせて適切なアプローチを探り続けなければならず、リサーチに手間や時間を要しますよね。

効率や生産性を重視して顧客情報を集め、ビジネスプランに沿った適切なマーケティングを理想とする方は、マルケトの導入を検討してみてくださいね。

デジマチェーンメルマガ

関連記事

  1. 【初心者必見】Instagram広告とは?4種類のインスタ広告

  2. Facebook広告マネージャとは?3つのメリットと運用の6ステップ

  3. Facebook広告の費用相場と広告効果を上げる5つのコツ

  4. 初心者必見!イベントで集客するための3つのコツと役立つツール3選

  5. スマホ1つで集客ができる?おすすめ7つの集客アプリを徹底紹介!

  6. 売り上げUPに効果大!インスタ広告の4つの成功事例とポイント